開発Blog

最近のトラブル事例から - Oracle11でDATE型が正しく表示できない –

投稿日:2010-05-06 更新日:

毎年、4月になると、年度末で開発を終えたシステムが運用を開始して、さまざまなお問い合わせがくる季節で、今年も、例年と同じく、さまざまなご相談を弊社サポートサイトを中心に対応させていただきました。そこで、いくつかご紹介します。

■トラブル事象:
Oracle11.1を利用していて、ViewCreaterでDATE型のデータを表示すると正しく表示できない。

本件は、以下の原因で発生した問題です。

Oracle Database10gまでは、JDBCドライバがoracle.sql.DATEをjava.sql.Dateにマッピングしていましたが、Oracle Database 11.1では、新しいフラグmapDateToTimestampが導入され、デフォルトで、JDBCドライバがoracle.sql.DATEをjava.sql.Timestampにマッピングするようになった結果、DBからデータを取得した後、文字列型として値を返却しているため発生した問題です。

「参考資料」
http://otndnld.oracle.co.jp/document/products/oracle11g/111/doc_dvd/java.111/E05720-02/apxref.htm
のOracleオブジェクト型からSQL DATEデータ型へのマッピングを参考してください。

対策1:設定で、Oracle10g以前と同じ動きにする。

.JVMの起動パラメタとして次の値を設定する必要があります。

-Doracle.jdbc.mapDateToTimestamp=false
⇒oracle.sql.DATEをjava.sql.Dateにマッピングして10gと同じ動きをさせる。

対策2:intra-mart側でjava.sql.Timestamp型を日付型として認識させる。

imart.xmlのtimestamp-is-dateの設定値をtrueに変更する。
→java.sql.Timestamp型を文字列ではなく日付型として認識させる。

※Service Platform 設定ガイドの4.1.2.15 intra-mart/platform/service/application/database/data/timestamp-is-dateを参考してください。

※対策2はお客様の運用方針によってアプリケーションに影響を及ぼす可能性があるため、対策1の方法を推奨します。

既存のシステムでは、起きないトラブルですが、今後の新規導入時やVerUp時などで、以外とはまりやすい点だと思いますので、ご注意ください。

-開発Blog
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

SQL Serverの利用時に遅いクエリを特定する方法

SQL Serverの利用中にレスポンス遅延が発生した場合、どのクエリがボトルネックになっているか簡単に確認する方法をご紹介します。レスポンス遅延発生時の切り分けなどにご利用ください。 概要 SQL …

no image

log4jdbcを使ったSQL(JDBC)のトレース

こんにちは、開発本部の榎本です。 開発中にデータベースに対してどのようなクエリが流れているのか確認してみたいことありませんか? 以前、山寺さんが紹介していたResinのログで取得するなど、いろいろな方 …

no image

iAPへアクセスするURLが複数ある場合のベースURLの設定方法

ここでは、ベースURL をリクエスト情報を基に切り替えるための手順を BaseUrlProvider のサンプル実装、Webサーバとの連携例と共に紹介します。 製品標準の設定では、テナント一つにつき、 …

no image

FormaDesigner「正方形/長方形」を使って帳票っぽい画面を作る♪

FormaDesignerのパッチ1が1/27にリリースされました。 そのパッチ1で追加された画面アイテム「正方形/長方形」を使って、帳票っぽい画面を作ってみました。     上記 …

no image

第4回Solr勉強会 資料公開しました

開発本部の清(せい)です。 11/19に開催された、第4回Solr勉強会の資料です。 Solrを利用したIM-ContentsSearchの製品紹介と、コンサルティンググループ所属時に導入したお客様の …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS