開発Blog

最近のトラブル事例から - Oracle11でDATE型が正しく表示できない –

投稿日:2010-05-06 更新日:

毎年、4月になると、年度末で開発を終えたシステムが運用を開始して、さまざまなお問い合わせがくる季節で、今年も、例年と同じく、さまざまなご相談を弊社サポートサイトを中心に対応させていただきました。そこで、いくつかご紹介します。

■トラブル事象:
Oracle11.1を利用していて、ViewCreaterでDATE型のデータを表示すると正しく表示できない。

本件は、以下の原因で発生した問題です。

Oracle Database10gまでは、JDBCドライバがoracle.sql.DATEをjava.sql.Dateにマッピングしていましたが、Oracle Database 11.1では、新しいフラグmapDateToTimestampが導入され、デフォルトで、JDBCドライバがoracle.sql.DATEをjava.sql.Timestampにマッピングするようになった結果、DBからデータを取得した後、文字列型として値を返却しているため発生した問題です。

「参考資料」
http://otndnld.oracle.co.jp/document/products/oracle11g/111/doc_dvd/java.111/E05720-02/apxref.htm
のOracleオブジェクト型からSQL DATEデータ型へのマッピングを参考してください。

対策1:設定で、Oracle10g以前と同じ動きにする。

.JVMの起動パラメタとして次の値を設定する必要があります。

-Doracle.jdbc.mapDateToTimestamp=false
⇒oracle.sql.DATEをjava.sql.Dateにマッピングして10gと同じ動きをさせる。

対策2:intra-mart側でjava.sql.Timestamp型を日付型として認識させる。

imart.xmlのtimestamp-is-dateの設定値をtrueに変更する。
→java.sql.Timestamp型を文字列ではなく日付型として認識させる。

※Service Platform 設定ガイドの4.1.2.15 intra-mart/platform/service/application/database/data/timestamp-is-dateを参考してください。

※対策2はお客様の運用方針によってアプリケーションに影響を及ぼす可能性があるため、対策1の方法を推奨します。

既存のシステムでは、起きないトラブルですが、今後の新規導入時やVerUp時などで、以外とはまりやすい点だと思いますので、ご注意ください。

-開発Blog
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

intra-mart Advent Calendar 2013 第17日:Warファイル作成時の実行環境の違いについて

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第17日の記事です。 IM-JugglingでWarファイルを作成する際、以下の画面で、実行環境という項目があり、選択するよ …

「高松商店」IoT化事例のご紹介

こんにちは、デジタルビジネス事業推進室の高松です。 「デジタルビジネス事業推進室」では、IoTやAI、RPAといった新しい要素技術を活用したビジネス化の検証をしています。 今回は、弊社のちょっと変わっ …

no image

intra-mart Advent Calendar 2013 第19日:iAPでキャッシュしている所は何処だ!?

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第19日の記事です。 AdventCalendarの新機軸!?=我がチーム担当機能の宣伝の一環「認可機構(im-authz) …

no image

IM-Workflow パラメータチューニング

IM-Workflowは、パッチにより様々なパラメータが追加されています。 特にパッチ4と先日リリースしたパッチ5での効果が大きいので、以下にご紹介致します。 XMLキャッシュ パッチ4からの機能です …

no image

intra-mart WebPlatform/AppFramework Ver7.2について その1

こんにちは、開発本部の大西です。 ご存知の方が多いかと思いますが、現在、intra-mart WebPlatform/AppFramework の最新リビジョンである、Ver7.2のリリースを3月31 …

RSSRSSRSSRSS