開発Blog

ApplicationRuntimeのライセンス数制限の仕様について

投稿日:

 


※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。
最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。


 

intra-martベースモジュール/フレームワークのApplicationRuntimeのライセンス数制限の仕 様について、改めて仕様をお伝えします。

ライセンスIDで Appliction Runtime の台数を制限できます。
制限は、IPアドレスをチェックする事によって行っています。
したがって、1つのハードウェアに複数のプロセスを立ち上げていた場合でも、それは1台とカウントします。

制限数は、「システム全体で何台あるか?」というカウントになります。
1度起動して ServerManager に接続してしまうと、それはシステムに参加したことになるので、カウントの対象となります。

制限いっぱいいっぱいの状態で、新しいハードウェアで Application Runtime を動かそうと思い、現在稼動中のいずれかの Application Runtime を停止させたとしても、新しい Application Runtime は動作しません。
それは、停止した Application Runtime がシステムへの参加権を持っているからです。

システムに参加しているIPアドレスのリストは、各サーバのメモリ中に保存されています。
したがって、すべてのサーバを停止する事で、現在の状態をクリアする事ができます。
逆に言うと、構成を変更する場合、全てのサーバを一度停止した後、改めて起動することになります。

#例:
#  Application Runtime を稼動していたハードAを廃棄して、
#  新たに Application Runtime を稼動するハードXを
#  新設する場合・・・など。

以上

-開発Blog
-

執筆者:

関連記事

no image

iWPの小ネタ

開発本部の久我です。 今回は、iWPの小ネタを1つ2つ、ご紹介します。 1.スタッフロール v7.2から開発に携わった人のスタッフロールが入っています。 再生方法は、 ①システム管理者でログイン ②シ …

no image

intra-martの提供するセッション管理機能と他のアプリケーションサーバのセッション管理機能との違い

※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。 intra-martの提供するセッシ …

no image

intra-mart Advent Calendar 2013 第6日:実は、認可設定状況確認(/tenant/authz/view) というかあるんですよ!

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第6日の記事です。 あまり知られていないであろう機能を紹介する今年のAdvent Calendar、今回は、あまり知られてい …

no image

「im-J2EE Framework + Struts」連携ガイド(β版)

※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。 im-J2EE Frameworkは …

no image

Formaパッチ2リリース!さらに楽しく、使いやすく改良♪

IM-FormaDesigner Ver.7.2のパッチ2を本日、リリースいたしました。 パッチ2では、IM-共通マスタとIM-Workflowの画面アイテムの追加や、後処理機能の追加等々を行っていま …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS