開発Blog

ApplicationRuntimeのライセンス数制限の仕様について

投稿日:

 


※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。
最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。


 

intra-martベースモジュール/フレームワークのApplicationRuntimeのライセンス数制限の仕 様について、改めて仕様をお伝えします。

ライセンスIDで Appliction Runtime の台数を制限できます。
制限は、IPアドレスをチェックする事によって行っています。
したがって、1つのハードウェアに複数のプロセスを立ち上げていた場合でも、それは1台とカウントします。

制限数は、「システム全体で何台あるか?」というカウントになります。
1度起動して ServerManager に接続してしまうと、それはシステムに参加したことになるので、カウントの対象となります。

制限いっぱいいっぱいの状態で、新しいハードウェアで Application Runtime を動かそうと思い、現在稼動中のいずれかの Application Runtime を停止させたとしても、新しい Application Runtime は動作しません。
それは、停止した Application Runtime がシステムへの参加権を持っているからです。

システムに参加しているIPアドレスのリストは、各サーバのメモリ中に保存されています。
したがって、すべてのサーバを停止する事で、現在の状態をクリアする事ができます。
逆に言うと、構成を変更する場合、全てのサーバを一度停止した後、改めて起動することになります。

#例:
#  Application Runtime を稼動していたハードAを廃棄して、
#  新たに Application Runtime を稼動するハードXを
#  新設する場合・・・など。

以上

-開発Blog
-

執筆者:

関連記事

no image

intra-mart Advent Calendar 2013 第17日:Warファイル作成時の実行環境の違いについて

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第17日の記事です。 IM-JugglingでWarファイルを作成する際、以下の画面で、実行環境という項目があり、選択するよ …

no image

IM-JSDocとQuick Sequence Diagram Editorの連携

こんにちは。開発本部の齊藤悠です。 今回は、業務スケルトンのTipsということで、完全に隠し機能となってしまった機能を紹介します。 —IM-JSDocとQuick Sequence Diagram …

no image

IM-Workflow パラメータチューニング

IM-Workflowは、パッチにより様々なパラメータが追加されています。 特にパッチ4と先日リリースしたパッチ5での効果が大きいので、以下にご紹介致します。 XMLキャッシュ パッチ4からの機能です …

no image

「戻る」ボタン問題の解法

  ※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。   業務シス …

no image

セッション管理モジュールのご紹介

この記事では、2017 Springでリリースされたセッション管理モジュールをご紹介させていただきます。 また、2014 Spring から 2016 Winterまでのバージョンでセッション管理モジ …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS