CookBook

intra-martを初めて使う開発者が、まずは e Builder で「Hello world!」する方法

投稿日:2015-12-10 更新日:

e Builder は、intra-mart Accel Platform で動作するアプリケーションを開発するための開発支援ツールです。
このレッスンでは、intra-martを初めて使う開発者が e Builder を使って、簡単な「Hello world!」を作成する方法を紹介します。
e Builder 動作に必要なシステム要件は、以下のドキュメントを参照してください。

このレッスンで使用するプログラムは、以下の環境で動作しています。

  • Windows7
  • Oracle JDK 8
  • PostgreSQL 9.4

完成イメージ

<操作方法>

試しに Name フィールドに「world!」と入力して 「Submit」をクリックしてみましょう。入力した情報が次の画面に表示されるはずです。

完成サンプル

以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。

e builder プロジェクト : im_cookbook_109000.zip
imm ファイル : im_cookbook_109000-1.0.0.imm

ローカル環境で表示させる場合は、以下のURLにアクセスしてください。
http://localhost:8080/imart/im_cookbook/109000/input
なおベースURLである以下の部分は、環境に合わせて適宜変更してください。
http://localhost:8080/imart

レシピ

  1. Oracle JDK 8 のインストール
  2. PostgreSQL 9.4 のインストール
  3. e Builder のインストール
  4. デバッグサーバの構築
  5. モジュールプロジェクトの作成
  6. 「Hello world!」の作成
  7. モジュールへの依存関係の設定
  8. 作成したページの確認
  9. ユーザモジュールの出力

1. Oracle JDK 8 のインストール

以下のリンクから最新版をダウンロードして、インストールしてください。

JDKのインストール後、Windowsの環境変数に JAVA_HOME を設定してください。
(例:C:\Java\jdk1.8.0_xx)

2. PostgreSQL 9.4 のインストール

以下のリンクから最新版をダウンロードして、インストールしてください。

インストール完了後、pgAdminで以下のようにログインロールとデータベースを作成してください。

  • Role name: imart
  • Password: imart
  • Database name: iap_db
    [注] データベースのオーナーを imart に設定してください。

PostgreSQL 9.4 のセットアップについての詳細は、以下のドキュメントを参照してください。

3. e Builder のインストール

以下よりご自身のOSの環境に即した e Builder をダウンロードしてください。ダウンロード完了後、任意のフォルダに展開してください。
展開したフォルダ内の eBuilder8.exe を実行し起動ができたら完了です。

  • http://www.intra-mart.jp/download/try/eBuilder8-win32.win32.x86.zip (32bit)
  • http://www.intra-mart.jp/download/try/eBuilder8-win32.win32.x86_64.zip (64bit)

e Builder のセットアップの詳細は、以下のドキュメントを参照してください。

4. デバッグサーバの構築

デバッグサーバとは、e Builder から起動可能な「intra-mart Accel Platform」専用の開発環境用サーバです。
以下のページを参考にデバッグサーバのテナント環境の構築まで行ってください。

この手順が終われば開発の準備は完了です。

5. モジュールプロジェクトの作成

以下のページを参考に e Builder で新規プロジェクトを作成します。

今回は以下のように作成します。

31

続いて、以下のページを参考に作成したユーザモジュールプロジェクトをデバッグサーバと紐付けます。

以下のようにデバッグサーバにプロジェクトが表示されれば完成です。

32

6. 「Hello world!」の作成

ここからは実際に e Builder で「Hello world!」の作成を行っていきます。
今回は intra-mart が提供しているスクリプト開発モデルを利用します。
スクリプト開発についての詳細は、以下のページを参照してください。

下記のファイルをプロジェクト内に新規作成してください。

入力ページの作成(html)

im_cookbook_109000/src/main/jssp/src/im_cookbook_109000/hello/input.html

表示画面の作成(html)

im_cookbook_109000/src/main/jssp/src/im_cookbook_109000/hello/output.html

入力画面のロジック作成(js)

im_cookbook_109000/src/main/jssp/src/im_cookbook_109000/hello/input.js

出力画面のロジック作成(js)

im_cookbook_109000/src/main/jssp/src/im_cookbook_109000/hello/output.js

ルーティング設定ファイルの作成

スクリプト開発にはURLを決定するルーティングファイルの作成が必要です。

im_cookbook_109000/src/main/conf/routing-jssp-config/im_cookbook_109000.xml

完成後の配置は、以下の通りです。

33

7. モジュールへの依存関係の設定

プロジェクト内の module.xml を開き、「依存関係」タブから以下のように依存関係を追加してください。
今回は、 jp.co.intra_mart.im_jssp に依存する設定とします。

35

8. 作成したページの確認

ルーティング設定ファイルを編集した場合は、デバッグサーバの再始動が必要です。
今回の場合、ルーティング設定ファイルとは im_cookbook_109000/src/main/conf/routing-jssp-config/im_cookbook_109000.xml を指します。
サーバービューから「サーバーを再始動」ボタンをクリックし、デバッグサーバを再起動します。

36

http://localhost:8080/imart/im_cookbook/109000/input にアクセスすることで作成した「Hello world!」を確認することができます。

37

9. ユーザモジュールの出力

作成したプログラムをユーザモジュールとして出力します。

e Builder でプロジェクトを右クリックしてください。
「e Builder/imm file」を選択することで immファイル を作成することができます。

38

39

40

これで全てのステップが完了です。

-CookBook
-, ,

執筆者:


  1. […] intra-martを初めて使う開発者が、まずは e Builder で「Hello world!」する方法 […]

IMBox の「Like!」を別のキャプションにする方法 | intra-mart Developer Site にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

REST API 経由でジョブネットを起動する方法

この CookBook では、REST API とを経由してジョブネットを実行する方法について紹介しています。 完成サンプル 以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。 LogicDesig …

no image

IM-LogicDesignerのIM-ContentsSearch コンテンツ登録タスク利用例

このCookBookでは、IM-LogicDesignerのIM-ContentsSearch コンテンツ登録タスクの利用例を紹介します。 IM-BISで作成したワークフローの案件終了処理で、画面項目 …

no image

IM-FormaDesignerでアップロードしたExcelファイルの内容を画面上に出力する方法

このCookBookでは、IM-FormaDesignerでBISフローの申請画面にてアップロードしたExcelファイルの内容を承認画面にて出力する方法を紹介します。 完成イメージ 完成サンプル 以下 …

no image

IM-FormaDesignerで作成したフォーム内で、外部連携を利用して最も簡単に値を渡す方法(単一アイテム編)

このCookBookでは、IM-FormaDesignerで作成したフォーム画面の中で、アイテムからアイテムへ値を渡す方法について紹介します。 今回は例として、文字列と数値の値を同時にアイテムからアイ …

no image

No.7 Excel 出力 → 他システム(別サーバ)連携

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。 こちらの例では、ファイルサーバ等他のサーバと連携し、別サーバ上のファイルを更新できます。 ロジックフローの …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS