CookBook

スクリプト開発で登録フォームを作成する

投稿日:2015-12-10 更新日:

このCookBookでは、スクリプト開発で登録フォームを作成する際に役立つ Tips を紹介します。

完成イメージ

<操作方法>


1. フォームに任意の内容を入力し「登録」ボタンをクリックしてください。
2. 入力形式が不適切な場合はエラーメッセージが表示されます。
3. データの送信に成功した場合は登録処理の結果が表示されます。

完成サンプル

以下のサンプルをダウンロードしてご活用ください。

e builder プロジェクト : im_cookbook_109004.zip
imm ファイル : im_cookbook_109004-1.0.0.imm

ローカル環境で表示させる場合は、以下のURLにアクセスしてください。
http://localhost:8080/imart/im_cookbook/109004/edit
なおベースURLである以下の部分は、環境に合わせて適宜変更してください。
http://localhost:8080/imart

レシピ

  1. 入力項目を作成する。
  2. 登録ボタンを作成する。
  3. form タグを記述する。
  4. Ajax でデータを送信する。

1. 入力項目を作成する。

プレゼンテーションページに入力項目を配置してください。
今回は、入力フォームを表示するために 入力フォーム用テーブル「table.imui-form」 を使用してください。
必須入力の項目には 必須入力記号「label.imui-required」 を使用して、必須入力であることが視覚的にわかるようにしましょう。

cb_109004_imui-form

2. 登録ボタンを作成する。

入力フォームの下に登録ボタンを配置してください。
ボタン配置エリア「.imui-operation-parts」 の中にボタンを配置すると、ボタンの表示位置が自動調整されます。

3. form タグを記述する。

「1. 入力項目を作成する。」で作成したテーブルを form タグで括ります。

action属性にデータ送信先のURLを指定してください。
以下のようにマッピングされていますので、action 属性に「/im_cookbook/109004/ajax」と指定することで「im_cookbook_109004/ajax/ajax.js」が呼び出されます。

4. Ajax でデータを送信する。

imuiAjaxSend を使用し、フォームに入力されている値を Ajax で送信してください。

Ajax通信後に画面遷移させる場合は imuiAjaxSubmit を使用してください。

-CookBook
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

IM-LogicDesigner「繰り返し」「分岐」EL式の定義例

このCookBookでは、IM-LogicDesignerの「条件分岐」「繰り返し」制御要素の条件で利用するEL式について定義例を紹介しています。 ここでは主に「 IM-LogicDesigner上で …

no image

外部連携を利用して簡単な相関チェックを行う方法

このCookbookでは、外部連携を利用して簡単な相関チェックを行う方法を紹介します。 この方法を活用することにより、簡単な入力チェックであれば、Formaユーザプログラムの入力チェックを作成せずに外 …

「イベント」ボタン・「一覧へ戻る」ボタンを使用し任意の遷移先を設定する

このCookBookでは、IM-FormaDesignerの画面アイテム・ボタンを使用し、任意の画面に遷移する方法について紹介しています。 設定方法は下記の2パターンです。 「イベント」ボタンを使用す …

REST API 経由でジョブネットを起動する方法

この CookBook では、REST API とを経由してジョブネットを実行する方法について紹介しています。 完成サンプル 以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。 LogicDesig …

no image

ViewCreatorでIM-Workflowのフロー毎の取止め・差戻し案件件数を表示する。

このCookBookでは、ViewCreatorでIM-Workflowのフロー毎の取止め/差戻し案件件数を表示する方法を説明します。 検索条件を変更することで、IM-Workflowの特定の状況をモ …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS