CookBook

スクリプト開発で登録フォームを作成する

投稿日:2015-12-10 更新日:

このCookBookでは、スクリプト開発で登録フォームを作成する際に役立つ Tips を紹介します。

完成イメージ

<操作方法>


1. フォームに任意の内容を入力し「登録」ボタンをクリックしてください。
2. 入力形式が不適切な場合はエラーメッセージが表示されます。
3. データの送信に成功した場合は登録処理の結果が表示されます。

完成サンプル

以下のサンプルをダウンロードしてご活用ください。

e builder プロジェクト : im_cookbook_109004.zip
imm ファイル : im_cookbook_109004-1.0.0.imm

ローカル環境で表示させる場合は、以下のURLにアクセスしてください。
http://localhost:8080/imart/im_cookbook/109004/edit
なおベースURLである以下の部分は、環境に合わせて適宜変更してください。
http://localhost:8080/imart

レシピ

  1. 入力項目を作成する。
  2. 登録ボタンを作成する。
  3. form タグを記述する。
  4. Ajax でデータを送信する。

1. 入力項目を作成する。

プレゼンテーションページに入力項目を配置してください。
今回は、入力フォームを表示するために 入力フォーム用テーブル「table.imui-form」 を使用してください。
必須入力の項目には 必須入力記号「label.imui-required」 を使用して、必須入力であることが視覚的にわかるようにしましょう。

cb_109004_imui-form

2. 登録ボタンを作成する。

入力フォームの下に登録ボタンを配置してください。
ボタン配置エリア「.imui-operation-parts」 の中にボタンを配置すると、ボタンの表示位置が自動調整されます。

3. form タグを記述する。

「1. 入力項目を作成する。」で作成したテーブルを form タグで括ります。

action属性にデータ送信先のURLを指定してください。
以下のようにマッピングされていますので、action 属性に「/im_cookbook/109004/ajax」と指定することで「im_cookbook_109004/ajax/ajax.js」が呼び出されます。

4. Ajax でデータを送信する。

imuiAjaxSend を使用し、フォームに入力されている値を Ajax で送信してください。

Ajax通信後に画面遷移させる場合は imuiAjaxSubmit を使用してください。

-CookBook
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ライブラリのバージョン監視に応用可能なロジックフローの作り方

このCookBookでは、IM-LogicDesignerを利用して、指定したURLのHTMLから正規表現を利用して任意の文字列を取得する方法を紹介します。 JavaScript定義とREST定義を作 …

no image

画面操作方法によって画面アイテムの入力チェックを切り替える方法

このCookBookでは、IM-FormaDesignerの入力チェックプログラムで、画面の操作方法に応じた入力チェックを設定する方法を紹介します。 この方法は、以下の製品で作成したアプリケーションや …

no image

Azure 上に iAP を構築する方法

  この CookBook では、Azure の Virtual Machines 機能を用いて、スタンドアローンで intra-mart Accel Platform を構築する方法につい …

no image

No.8 Excel からの一括ユーザ一括登録

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。 こちらの例では、LogicDesignerを利用して、入社や組織変更等の発生時に有用なExcelファイルの …

no image

スクリプト開発でのストアドプロシージャの実行方法

intra-mart Accel Platform 2017 Winter(8.0.18) より SharedDatabase, TenantDatabase に executeCallable AP …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS