CookBook

ページ遷移後にグローバルナビを非表示にする方法

投稿日:2016-04-25 更新日:

このCookBookでは、ページ遷移後にグローバルナビを非表示にする方法について説明していきます。

特別な理由でページ遷移後にグローバルナビを非表示にしたい場合に利用してください。
また、iframeを利用する際にグローバルナビが不要な場合にも利用できます。

完成イメージ


1. はじめはグローバルナビが表示されています。
2. HeadWithContainerThemeBuilder のリンクをクリックする。
3. ページ遷移後はグローバルナビが表示されません。

完成サンプル

以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。

e builder プロジェクト : im_cookbook_111393_pagebuilder.zip
imm ファイル : im_cookbook_111393_pagebuilder-1.0.0.imm

ローカル環境で表示させる場合は、以下のURLにアクセスしてください。
http://localhost:8080/imart/im_cookbook/111393/page
なおベースURLである以下の部分は、環境に合わせて適宜変更してください。
http://localhost:8080/imart

レシピ

  1. ページ遷移するリンクを作成する
  2. 適用したいPageBuilderを、リクエストへのパラメータに指定する

1. ページ遷移するリンクを作成する

ページ遷移するリンクを作成します。

2. 適用したいPageBuilderを、リクエストへのパラメータに指定する

PageBuilderは、テーマモジュールのJSSPとコンテンツを組み合わせたHTMLを生成します。
PageBuilderは6つの実装があり、目的によってPageBuilderを使い分けてください。
詳しくは、以下のドキュメントをご覧ください。

適用したいPageBuilderを、リクエストへのパラメータとして指定してください。
今回は、PageBuilderの実装の1つであるHeadWithContainerThemeBuilderを利用しましょう。
HeadWithContainerThemeBuilderは、以下の特徴があります。

  • header(メニューやユーティリティ)が表示されない。
  • footer が表示されない。
  • HTMLの head タグが読み込まれるため、CSSやクライアントサイドJavaScriptが利用できる。

HeadWithContainerThemeBuilderを利用するためには、imui-theme-builder-moduleというキーに、headwithcontainerという値をリクエストパラメータとして指定してください。

作成したリンクをクリックしてページ遷移すると、グローバルナビは表示されません。

終わりに

このCookBookで利用したPageBuilderであるHeadWithContainerThemeBuilder以外にも、PageBuiderの実装があります。
また、設定ファイルを利用してPageBuilderを指定することも可能です。
詳しくは以下のドキュメントをご覧ください。

-CookBook
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

特定フローの特定ノードで、処理中の案件に対し、任意の処理対象者を追加する方法

このCookBookでは、LogicDesignerを利用して、特定フローの特定ノードで、処理中の案件に対し、任意の処理対象者を追加する方法について紹介しています。 人事異動で担当者が追加となり、複数 …

no image

FormaDesignerで作成したフォーム内でカーソル遷移を制御する方法

このCookbookでは、FormaDesignerで作成したフォーム内でカーソル遷移を制御する方法を紹介します。 Tabキーを使ったカーソル遷移を考慮し、ユーザビリティが高いフォームを作成しましょう …

no image

Docker Swarm を利用して Resin のクラスタリングを構築する。

この CookBook では、Docker Swarm を利用して Resin のクラスタリングを構築する手順について紹介しています。 Docker Swarm を利用することで、複数マシンにまたがっ …

no image

OAuth2.0 の アクセストークンを Box から取得する方法

このクックブックでは、OAuth2.0 の アクセストークンを Box から取得する方法を説明します。 intra-mart Accel Platformでは、OAuth2.0 の アクセストークンを …

no image

申請者の役職から処理対象者を設定する

このCookbookでは、IM-Workflow 2018 Springから新たに追加された 処理対象者プラグイン「ロジックフロー(ユーザ)」 の設定方法を紹介いたします。 この機能を利用すると、申請 …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS