CookBook

ViewCreatorでIM-Workflowのフロー毎の取止め・差戻し案件件数を表示する。

投稿日:2016-05-18 更新日:

このCookBookでは、ViewCreatorでIM-Workflowのフロー毎の取止め/差戻し案件件数を表示する方法を説明します。
検索条件を変更することで、IM-Workflowの特定の状況をモニタリングすることができます。

完成イメージ


ViewCreatorでIM-Workflowの完了案件の状況を確認する。

完成サンプル

以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。

サンプルは以下の環境で動作を確認できます。

  • テナント環境セットアップで、サンプルデータがインポート済みであること

レシピ

  1. ViewCreatorのクエリを作成する。
  2. ViewCreatorのデータ参照を作成する。

設定項目の詳細は、添付のサンプルを参照してください。

1. ViewCreatorのクエリを作成する。

以下のテーブルを結合し、クエリを作成します。

  • 完了案件テーブル(imw_t_cpl_matter)
  • 完了案件ロケールテーブル(imw_t_cpl_matter_locale)
  • 完了案件タスクテーブル(imw_t_cpl_matter_task)

完了案件タスクテーブルは、ワークフローのタスクが格納されるテーブルです。
各ノードでの処理の結果が格納されています。ステータス(status)カラムで処理の結果を判定します。
今回の場合は、差戻し件数を取得するために、ステータスが差戻し(sendback)のレコードを抽出条件とします。

差戻しは1案件で複数回実施することがあります。本稿のクエリでは1案件で複数回差戻しを実施した場合もカウントします。

取止めの場合は取止め(discontinue)になります。
ステータス(status)に登録されるコード値については、以下のIM-Workflowのテーブル定義書を参照してください。

2. ViewCreatorのデータ参照を作成する。

差戻し件数を表示するために、集計パターンを「サマリ」にします。
ノード毎の差戻し件数を表示するために、フロー名/ノード名のタイプをグループ化とし、タスクIDをカウントにします。

ViewCreatorを利用することで、IM-Workflowの様々な状況をモニタリングすることができます。
本稿で記載の内容以外にも、以下のドキュメントで紹介していますので参照してください。

-CookBook
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ViewCreatorのヘッダやフッタに配置するリンクのURLに計算結果を埋め込む方法

本記事では、ViewCreatorのヘッダやフッタにリンクを埋め込む際に、関数を利用する方法をご紹介します。 この方法を利用すると、パラメータ文字列に「今日日付」を受け渡すといったことが実現できます。 …

no image

ウォッチ機能のご紹介

このCookBookでは「intra-mart Accel Collaboration」に備わっているウォッチ機能のご紹介です。 各会社様でグループで仕事をする機会が多いと思います。 仕事を行う上で、 …

スプレッドシートでForma入力チェックユーザプログラムを利用して入力チェックを実行する方法

このCookBookでは、スプレッドシートでForma入力チェックユーザプログラムを利用して入力チェックを実行する方法について紹介しています。 Formaの入力チェックプログラムでは以下の2つのチェッ …

no image

スクリプト開発でのストアドプロシージャの実行方法

intra-mart Accel Platform 2017 Winter(8.0.18) より SharedDatabase, TenantDatabase に executeCallable AP …

no image

外部連携を利用して簡単な相関チェックを行う方法

このCookbookでは、外部連携を利用して簡単な相関チェックを行う方法を紹介します。 この方法を活用することにより、簡単な入力チェックであれば、Formaユーザプログラムの入力チェックを作成せずに外 …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS