CookBook

グリッドテーブルの列タイプ「カスタム」を利用した場合にマルチセレクトがトグルされないようにする方法

投稿日:

このCookBookでは、グリッドテーブルの列タイプ「カスタム」を利用した場合に、マルチセレクトがトグルされないようにする方法を説明します。

グリッドテーブルでは、行内で参照表示となっている部分をクリックすると、マルチセレクトがトグルされる仕様となっています。
その場合、列タイプ「カスタム」は参照表示となるため、ボタン等を配置した場合に、クリックするとマルチセレクトがトグルします。

ここでは、マルチセレクトがトグルされないようにする方法を説明します。

レシピ

  1. 画面アイテム「グリッドテーブル」を配置する
  2. 列タイプ「カスタム」のプロパティを設定する

1. 画面アイテム「グリッドテーブル」を配置する

フォーム編集画面で画面アイテム「グリッドテーブル」を配置します。

2. 列タイプ「カスタム」のプロパティを設定する

event.stopPropagation()で、イベントの伝播をとめることで、トグルを回避することができます。

以下は、画像を表示し、その画像をクリックした場合に、トグルしないようにするサンプルとなります。

-CookBook
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

申請者の役職から処理対象者を設定する

このCookbookでは、IM-Workflow 2018 Springから新たに追加された 処理対象者プラグイン「ロジックフロー(ユーザ)」 の設定方法を紹介いたします。 この機能を利用すると、申請 …

no image

ノード毎に入力モード(表示モード)変換を切り替える方法

このCookBookでは、BISワークフローにおいて、ノード毎に各アイテムの入力(表示)モードを切り替える方法を紹介します。 ノード毎に別画面を作成する方法もありますが、本稿ではアクション設定を利用し …

no image

グリッドテーブルのイメージからワークフローの案件内容を表示するには

このCookbookでは、グリッドテーブルの「イメージ」から申請済みの案件の詳細画面を呼び出す方法を紹介します。 この方法を利用すると別の案件を参照しながら新しく申請を行うことができます。 BISで作 …

no image

No.8 Excel からの一括ユーザ一括登録

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。 こちらの例では、LogicDesignerを利用して、入社や組織変更等の発生時に有用なExcelファイルの …

no image

完了したワークフロー案件の登録データをメンテナンスする方法

このCookBookでは、IM-BISとIM-FormaDesignerで作成したワークフロー案件の登録データを編集する方法を紹介します。 一部制限はありますが、IM-FormaDesignerのアプ …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS