CookBook

グリッドテーブルのイメージからワークフローの案件内容を表示するには

投稿日:

このCookbookでは、グリッドテーブルの「イメージ」から申請済みの案件の詳細画面を呼び出す方法を紹介します。

この方法を利用すると別の案件を参照しながら新しく申請を行うことができます。
BISで作成していないワークフローの案件を参照させることもできます。

完成イメージ

サンプルでは、出張の精算申請の入力時、事前に申請した出張申請を参照する設定を行います。


1. 精算申請のセレクトボックスから出張申請のフローを選択する。
2. 選択したフローの完了案件一覧がグリッドテーブルに表示される。
3. グリッドテーブルのイメージをクリックすると該当の案件詳細画面がポップアップで表示される。

完成サンプル

以下のサンプルをダウンロードしてご利用ください。

サンプルに含まれる定義情報は以下の表の通りです。

種類 定義名 補足説明
BIS定義 【サンプル】出張申請 関連するFormaアプリケーション定義やIM-Workflowのフロー定義等の情報も含まれます。
BIS定義 【サンプル】精算申請 関連するFormaアプリケーション定義やIM-Workflowのフロー定義等の情報も含まれます。
テナントDBクエリ フロー検索 -
テナントDBクエリ 未完了案件抽出 -
テナントDBクエリ 完了案件抽出 -

上記のサンプルの利用条件は以下の通りです。

  • intra-mart Accel Platform(Advanced) 2016 Summer(8.0.14), IM-BIS 2016 Summer(8.0.11)以降のバージョンであること
  • サンプルデータのインポートが行われていること

サンプルは、intra-mart Accel Platform(Advanced) 2016 Summer(8.0.14), IM-BIS 2016 Summer(8.0.11)で動作確認を行っています。

レシピ

  1. 申請画面のグリッドテーブルに案件を表示する。
  2. グリッドテーブルのイメージのリンク先に案件詳細の画面を設定する。
  3. 申請画面から完了案件を参照する。

1. 申請画面のグリッドテーブルに案件を表示する。

外部連携で取得した案件をグリッドテーブルに表示するための設定を行っていきましょう。

1.1. データベースから案件を取得するためのテナントDBクエリの作成

完了案件を対象とする場合、テナントDBクエリのSQLを以下の通りに設定してください。

WHERE句は必須ではありません。
WHERE句を設定することにより申請画面からフローや申請者を検索条件に指定できます。

未完了案件を対象とする場合、テーブル名を「imw_t_actv_matter」に変更してください。
以下が案件の呼び出しに必要なパラメータです。

  • system_matter_id(システム案件ID)
  • user_data_id(ユーザデータID)
1.2. アクション設定への外部連携の設定

テナントDBクエリの登録後、フォームのアクション設定で「初期表示イベント」や「アイテムイベント」を設定してください。
アクション設定から外部連携を実行させることによりグリッドテーブルに案件を表示することができます。

詳しくは以下のドキュメントをご覧ください。

2. グリッドテーブルのイメージのリンク先に案件詳細画面を設定する。

次に、グリッドテーブルから案件詳細画面へのリンクを設定しましょう。

2.1. グリッドテーブルの列の設定

グリッドテーブルには案件の呼び出しに必要なパラメータを含む列を設定します。
必要なパラメータに対応した列として以下の2つを設定してください。

113313_6

  • システム案件ID
    • 列名:システム案件ID
    • データ型:文字列
  • ユーザデータID
    • 列名:ユーザデータID
    • データ型:文字列

「表示」のチェックボックスをオフにすると上記の列が画面に表示されなくなります。
上記の列以外は一覧に表示したい項目を自由に設定してください。

2.2. イメージの列からのリンクの設定

グリッドテーブルの列タイプ「イメージ」にリンクを設定します。

113313_7

「列プロパティ」タブで以下の通りに設定してください。

  • イメージ選択
    アイコンとして表示したい画像を選択します。画像を追加するには「画像アップロード」から追加してください。
  • リンク
    チェックボックスをオンにしてください。リンクの設定項目が表示されます。
  • 設定方法
    「URL設定」を選択してください。
  • 利用方法
    「ポップアップ表示」を選択してください。
  • URL
    http://<HOST>:<PORT>/<CONTEXT_PATH>/im_workflow/common/switch/switch_content_detail

「列プロパティ」の「パラメータ設定」は以下の3つを設定してください。

  • imwSystemMatterId(システム案件ID)
    • パラメータキー
      「imwSystemMatterId」と設定してください。
    • パラメータ値
      「system_matter_id」と設定してください。
  • imwUserDataId(ユーザデータID)
    • パラメータキー
      「imwUserDataId」と設定してください。
    • パラメータ値
      「user_data_id」と設定してください。
  • imwPageType(ページ種別)
    • パラメータキー
      「imwPageType」と設定してください。
    • パラメータ値
      表示対象の案件に対する権限に合わせて適切な値を設定してください。
      今回の例では、申請者が自分の案件を参照しているため「6」と設定してください。

詳しくは以下のドキュメントをご覧ください。

3. 申請画面から完了案件を参照する。

  1. 事前に「【サンプル】出張申請」の案件を完了させておきます。
    113313_1
  2. 「サイトマップ」-「IM-BIS」-「ワークフロー」-「申請」をクリックしてください。
  3. 「【サンプル】精算申請」をクリックしてください。
    113313_2
  4. 「フロー選択」で「【サンプル】出張申請」を選択してください。
    113313_3
  5. グリッドテーブルに表示された案件の「イメージ」をクリックしてください。
    113313_4
  6. ポップアップで案件詳細画面が表示されることが確認できます。
    113313_5

-CookBook
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

後処理プログラムで画面アイテム「ファイルアップロード」にバリデーションを実行する方法

このCookbookでは、画面アイテム「ファイルアップロード」に添付されたファイルをバリデーションする方法を紹介します。 後処理プログラムを使用してバリデーションを実行することで、画面に表示するエラー …

no image

ライブラリのバージョン監視に応用可能なロジックフローの作り方

このCookBookでは、IM-LogicDesignerを利用して、指定したURLのHTMLから正規表現を利用して任意の文字列を取得する方法を紹介します。 JavaScript定義とREST定義を作 …

no image

IM-BloomMaker 繰り返しエレメントでの変数の使い方

このCookBookでは、IM-BloomMakerの繰り返しエレメントと変数の使い方について紹介しています。 サンプルでは、1・2・3次元配列の変数を使用して繰り返しエレメントを表示します。 完成イ …

no image

PostgreSQL の Docker を作成する。

この CookBook では、PostgreSQL 検証用の Docker の作成手順について紹介しています。 レシピ ベースイメージの作成 PostgreSQL の Docker イメージを作成しま …

no image

Formaの実行画面でセッションを維持するには

このCookbookでは、IM-FormaDesignerの実行画面でセッションを維持する方法を記載します。 この方法を利用すると、通常は時間制限によりタイムアウトしてしまうログインセッションを、自動 …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS