CookBook

ワークスペース機能におけるイベントカレンダーの利用例

投稿日:2017-06-19 更新日:

このCookBookでは「intra-mart Accel Collaboration」ワークスペース機能におけるイベントカレンダーの利用例について紹介しています。

intra-mart Accel Collaboration 2017 Winter (2017-12-01リリース)において、「イベントカレンダー」は「ワークスペースカレンダー」にアイテム名を変更しました。
ワークスペースカレンダーアイテムについては「intra-mart Accel Collaboration ワークスペース ユーザ操作ガイド - ワークスペースカレンダーアイテム」を参照してください。

ワークスペースのイベントカレンダーアイテムを利用して弊社開発本部では年休予定(帰社予定)を管理しています。
イベントカレンダーにデータを登録することにより、以下の利点が挙げられます。

  • ワークスペースのイベントカレンダーを参照することにより、現時点の年休予定をカレンダー一覧で参照できる
  • スケジュールでイベントカレンダーの表示をすることで、自分のスケジュールを表示しながら他のメンバーの休暇状況を確認できる

完成イメージ

ワークスペースでの表示

スケジュール個人(月)画面での表示

その運用方法を下記にて説明します。

レシピ

<準備編>
○管理者
1. 所属する部のメンバー全員を参加メンバーとしたワークスペースを作成します。
2. イベントカレンダーアイテムを追加し、全員が編集できる権限に設定します。

○各ユーザ
3. スケジュール表示設定を開き、イベントカレンダー項目にチェックを入れます。

<運用編>
4. 有給休暇を取得するユーザはイベントカレンダーにアクセスしてデータを登録します。
5. スケジュール一覧画面を表示します。

<準備編>

1. 所属する部のメンバー全員を参加メンバーとしたワークスペースを作成します。

ワークスペース作成時に所属する部のメンバーをすべてワークスペースメンバーへ登録します。
その他の設定は任意となります。

2. イベントカレンダーアイテムを追加し、全員が編集できる権限に設定します。

ワークスペース画面のアイテム追加から「イベントカレンダー」を選択します。
その際、編集モードは「ワークスペースのメンバー全員が編集可能」に設定します。

3. スケジュール表示設定を開き、イベントカレンダー項目にチェックを入れます。

スケジュール一覧画面 - 「操作」 - 「表示するスケジュールの種類を選択する」をクリックし、イベントカレンダー欄にチェックを入れます。

<運用編>

4. 有給休暇を取得するユーザはイベントカレンダーにアクセスしてデータを登録します。

2で登録されたイベントカレンダーに年休予定等を登録します。

5. スケジュール一覧画面を表示します。

スケジュール一覧画面を参照すると、その部内のメンバーの年休予定が表示されます。

このようにワークスペースとスケジュールを組み合わせることによって、予定を共有することができました。

この記事を参考にお客様の用途にあわせてご活用してみてはいかがでしょうか。

-CookBook
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

前回のログイン時刻を表示するポートレットの作成方法

このクックブックでは、前回のログイン時刻を表示するポートレットの作成方法をご紹介します。 具体的には、以下の3つの情報を表示するポートレットを作成します。 前回のログイン時刻 前回ログイン時のIPアド …

no image

Milkode のご紹介

この CookBook では、Milkode について紹介しています。 intra-mart 開発本部ではソースコード検索エンジンとして Milkode を利用しています。 導入 導入は Instal …

no image

申請時の注意事項を添付ファイルとして配置する方法

このCookBookでは、申請時の注意事項を記載したファイルを、申請画面の添付ファイルとして配置する方法について紹介しています。 FormaDesignerの前処理プログラムで任意の添付ファイルを設定 …

no image

No.1 メールに添付されているExcelファイル読み込み → ワークフロー申請

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。 こちらの例では、メールサーバと連携し、メールの添付ファイルの内容から自動的にワークフローを申請できます。 …

no image

【ViewCreator】検索にヒットした件数を取得する関数の作り方。

このCookBookでは、ViewCreatorで検索にヒットした件数を取得する関数の作り方についてご紹介します。 ユーザ定義関数についての詳細は下記のドキュメントを参照してください。 ViewCre …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS