CookBook

スクリプト開発で利用できる close 関数のご紹介

投稿日:

この CookBook では、スクリプト開発で利用できる close 関数について紹介します。

スクリプト開発では作成した js ファイルの中に init と言う名前の関数を定義すると思いますが、この init と対になるのが close 関数になります。
init と名前を付けた関数が画面表示前に自動的に呼ばれるのに対して、close と名前を付けた関数は init 関数を実行し html を返却した後に自動的に実行されます。

完成サンプル

以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。

e builder プロジェクト : im_cookbook_113531.zip
imm ファイル : im_cookbook_113531-1.0.0.imm

ローカル環境で close 関数を動かしたい場合は、以下の URL にアクセスしてください。
http://localhost:8080/imart/im_cookbook/113531/close_test
なおベース URL である以下の部分は、環境に合わせて適宜変更してください。
http://localhost:8080/imart

レシピ

  1. close 関数を実装してください
  2. close 関数を確認するための画面を実装してください
  3. close 関数を確認するためのルーティングを設定してください

1. close 関数を実装してください

src/main/jssp/src/im_cookbook/113531/close_test.js

init 関数と close 関数を実装します。
それぞれの関数が呼ばれた事が分かるようにログを標準出力します。

2. close 関数を確認するための画面を実装してください

close_test.js と対になる close_test.html ファイルを作成します。
src/main/jssp/src/im_cookbook/113531/close_test.html

HTML はこの Cookbook では重要ではないため空のファイルで OK です。

3. close 関数を確認するためのルーティングを設定してください

作成した close_test.js ファイルを実行するためのルーティングを設定します。

src/main/conf/routing-jssp-config/im_cookbook_113531.xml

この設定により、http://localhost:8080/imart/im_cookbook/113531/close_test にアクセスする事で close_test.js を実行できます。

im_cookbook_113531_console

コンソールに init 関数と close 関数が実行されたログが出力されていることが確認できます。

以上です。
close 関数の詳しい説明については以下を参照してください。
スクリプト開発モデルの実行処理シーケンスについて

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スプレッドシートにフロー毎の未処理件数を表示するポートレットの作成方法

このクックブックでは、スプレッドシートにフロー毎の未処理件数を表示するポートレットの作成方法をご紹介します。 ポートレットは、スプレッドシートとIM-Workflow REST APIを利用して作成し …

no image

外部連携の後処理で任意のエラーメッセージを表示する

このCookbookでは、外部連携の後処理で任意のエラーメッセージを表示する方法を紹介します。 この方法を活用することにより、外部連携の後処理ででエラーが発生した場合、利用者に内容を通知することができ …

IM-LogicDesignerを利用して、IM-Workflowの未処理案件の処理対象者を再展開する

このCookBookでは、IM-LogicDesignerを利用して、IM-Workflowの未処理案件の処理対象者を再展開する方法について紹介しています。 人事異動を重ねることで、未処理案件の中には …

ワークフローの案件削除時にBIS/Formaの関連データも削除する方法

このCookBookでは、ワークフローの案件削除時にBIS/Formaの関連データも併せて削除する方法について紹介しています。 BIS/Formaで作成したワークフローには、機能ごとに個別で管理するト …

IM-LogicDesignerを利用して、IM-Workflow完了案件の確認対象者を削除する

このCookBookでは、IM-LogicDesignerを利用して、IM-Workflow完了案件の確認対象者を削除する方法について紹介しています。 完了案件でも、確認対象者が確認することはできます …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS