CookBook

スクリプト開発でのストアドプロシージャの実行方法

投稿日:

intra-mart Accel Platform 2017 Winter(8.0.18) より SharedDatabase, TenantDatabaseexecuteCallable API が追加されました。

IM-Juggling のモジュール構成より、モジュール「データベースアクセスモジュール(スクリプト開発向け)」のバージョン「8.0.13」を含む以降のバージョンを選択することで利用できます。

以下の API リストにサンプルコードを掲載していますのでご確認ください。
TenantDatabaseオブジェクト executeCallable

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

テナント環境セットアップでテナント固有の属性を登録する。

この CookBook では以下の方法を紹介します。 テナント環境セットアップでテナント固有の属性を登録する方法。 システム管理者のテナント管理画面で、テナント固有の属性を編集する方法。 今回は「外部 …

no image

ワークスペースとスケジュール機能との連携

このCookBookでは、「intra-mart Accel Collaboration」の機能の1つであるワークスペースと「intra-mart Accel Collaboration」のスケジュー …

no image

ワークスペースとファイルライブラリ機能との連携

このCookBookでは、「intra-mart Accel Collaboration」の機能の1つであるワークスペースと「intra-mart Accel Collaboration」のファイルラ …

no image

承認ノードの画面アイテムに任意の初期値を設定する方法

このCookBookでは、BISワークフローにおいて、承認ノードの画面アイテムに任意の初期値を設定する方法を紹介します。 画面アイテムに任意の初期値を設定する方法としては、画面アイテムプロパティである …

no image

intra-martを初めて使う開発者が、まずは e Builder で「Hello world!」する方法

e Builder は、intra-mart Accel Platform で動作するアプリケーションを開発するための開発支援ツールです。 このレッスンでは、intra-martを初めて使う開発者が …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS