CookBook

スクリプト開発でのストアドプロシージャの実行方法

投稿日:

intra-mart Accel Platform 2017 Winter(8.0.18) より SharedDatabase, TenantDatabaseexecuteCallable API が追加されました。

IM-Juggling のモジュール構成より、モジュール「データベースアクセスモジュール(スクリプト開発向け)」のバージョン「8.0.13」を含む以降のバージョンを選択することで利用できます。

以下の API リストにサンプルコードを掲載していますのでご確認ください。
TenantDatabaseオブジェクト executeCallable

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

IM-LogicDesignerを利用して、IM-Workflowの到達処理で任意の参照者を追加する方法

このCookBookでは、LogicDesignerを利用して、IM-Workflowの到達処理で任意の参照者を追加する方法について紹介しています。 承認ノードの到達処理で、申請者を参照者として登録し …

no image

ワークスペースとToDo機能との連携

このCookBookでは、「intra-mart Accel Collaboration」の機能の1つであるワークスペースと「intra-mart Accel Collaboration」のToDo機 …

no image

ライブラリのバージョン監視に応用可能なロジックフローの作り方

このCookBookでは、IM-LogicDesignerを利用して、指定したURLのHTMLから正規表現を利用して任意の文字列を取得する方法を紹介します。 JavaScript定義とREST定義を作 …

no image

申請時の注意事項を添付ファイルとして配置する方法

このCookBookでは、申請時の注意事項を記載したファイルを、申請画面の添付ファイルとして配置する方法について紹介しています。 FormaDesignerの前処理プログラムで任意の添付ファイルを設定 …

no image

ViewCreatorでカレントの組織コードや会社コードを取得する動的パラメータの作り方

このCookBookでは、カレントの組織コードや会社コードを取得するViewCreatorの動的パラメータの作成方法についてご紹介します。 動的パラメータについての詳細は下記のドキュメントを参照してく …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS