CookBook

REST API 経由でジョブネットを起動する方法

投稿日:

この CookBook では、REST API とを経由してジョブネットを実行する方法について紹介しています。

完成サンプル

以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。

LogicDesigner インポートファイル : im_cookbook_113647_logicdesigner-data.zip

レシピ

  1. LogicDesigner フローを作成する。
  2. LogicDesigner ルーティングを作成する。
  3. REST API からジョブネットを実行する。

1. LogicDesigner フローを作成する。

「/logic/flow」より「Logic Flow Definition List」を開きます。
「Create new」をクリックします。

「Input and Output Settings」をクリックします。

以下のように入力し「OK」をクリックします。

名前
jobnet-id string

「Job Net Immediate Execution」タスクを追加し、「Start」と「End」を線でつなげます。

「Job Net Immediate Execution」タスクをダブルクリックし、以下のようにパラメータをマッピングし「OK」をクリックします。

「Save Newly」をクリックします。

以下のように入力し「OK」をクリックします。

2. LogicDesigner ルーティングを作成する。

「/logic/flow_route」より「Logic Flow Routing Definition List」を開きます。
「Create new」をクリックします。

下図のように入力し「Register」をクリックします。

「im_cookbook_113647」の「Authorization」アイコンをクリックします。

「Start the authorization setting」をクリックし、「POST im_cookbook_113647」と「Authenticated User」の交点をクリックし、チェックマーク(緑色のレ)を設定します。
「End the authorization setting」をクリックし、認可設定を終了します。

3. REST API からジョブネットを実行する。

以下の curl コマンドを実行します。
ここでは以下のように「tenant」ユーザで「IM-FileExchange 期限切れファイル削除」ジョブ(ジョブネットID = imexc-jobnet-delete-expired-file)を実行します。

名前
ジョブネットを実行するユーザ tenant
ジョブネットを実行するユーザのパスワード tenant_user_password
実行するジョブネットID imexc-jobnet-delete-expired-file

「Tenant Management」 - 「Job maintenance」 - 「Jobnet monitor」より「Jobnet monitor list」画面を開きます。
ジョブネットが実行出来ていることが確認できます。

このように、LogicDesigner を利用することで外部システムから REST API を利用してジョブネットを実行する事ができるようになります。
是非ご活用ください。

-CookBook
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Lombok のご紹介

この CookBook では、Lombok について紹介しています。 intra-mart 開発本部では Lombok を利用しています。 Lombok を簡単に説明すると、「アノテーションを書くだけ …

no image

IM-FormaDesignerで作成したフォーム内でIME入力モードを制御する方法【IE・EDGE】

このCookbookでは、IM-FormaDesignerで作成したフォーム内の 画面アイテム「文字列」と画面アイテム「グリッドテーブル」のIME入力モードを制御する方法を紹介します。 入力モードを制 …

no image

PostgreSQL の Docker を作成する。

この CookBook では、PostgreSQL 検証用の Docker の作成手順について紹介しています。 レシピ ベースイメージの作成 PostgreSQL の Docker イメージを作成しま …

no image

グリッドテーブルの列タイプ「カスタム」を利用した場合にマルチセレクトがトグルされないようにする方法

このCookBookでは、グリッドテーブルの列タイプ「カスタム」を利用した場合に、マルチセレクトがトグルされないようにする方法を説明します。 グリッドテーブルでは、行内で参照表示となっている部分をクリ …

no image

Formaの実行画面でアクセスログを収集する

このCookBookでは、Formaの実行画面で、アクセスログを収集する方法を紹介します。 サンプルでは、登録画面を開いた時点とデータ登録を実行した時点で、ログを収集します。 ログを収集することで、登 …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS