CookBook

AWS 上に Accel Platform を構築する方法

投稿日:

 

この CookBook では、AWS の仮想マシン機能(Amazon EC2)を用いて、スタンドアローンで intra-mart Accel Platform を構築する方法について紹介しています。

レシピ

  1. AWS 上に仮想マシンを作成します。
  2. AWS 上で仮想マシンに IP を割り当てます。
  3. AWS 上の仮想マシンにリモートデスクトップで接続します。
  4. AWS 上に作成した仮想マシンのポートを開放します。
  5. AWS 上に作成した仮想マシンに iAP をインストールします。
  6. AWS 上の iAP にアクセスします。

1. AWS 上に仮想マシンを作成します。

  1. リージョンを選択します。
    im_cookbook113650_01
    リージョンはどこでも構いません。
  2. EC2 を選択します。
    im_cookbook113650_02
  3. Launch Instance を選択します。
    im_cookbook113650_03
  4. OS を選択します。
    im_cookbook113650_04
    この CookBook では Microsoft Windows Server 2012 R2 Base を利用します。
  5. インスタンスの種別を選択します。
    im_cookbook113650_05

※ここでは、「t2.large」を選択します。

 動作目的や利用するアプリケーションによって異なりますが、安定稼働するための最低限必要となるスペックです。

  1. インスタンスの詳細を設定します。
    im_cookbook113650_06
    デフォルトで問題ありませんが、必要に応じて適宜変更してください。
  2. ストレージを設定します。
    im_cookbook113650_07
    デフォルトで問題ありませんが、必要に応じて適宜変更してください。
  3. タグを設定します。
    im_cookbook113650_08
    デフォルトで問題ありませんが、必要に応じて適宜変更してください。
  4. セキュリティグループを設定します。
    im_cookbook113650_09
    この CookBook では RDP 接続と TCP 8080 ポートへの通信を行うため、RDP, 8080(TCP) ポートを許可したセキュリティグループを作成します。
  5. 設定内容を確認し、Launch をクリックします。
    im_cookbook113650_10
  6. キーの選択画面で「Create a new key pair」を選択し、キーを作成後、「Launch Instances」をクリックします。
    im_cookbook113650_11

2. AWS 上で仮想マシンに IP を割り当てます。

  1. 「Elastic IPs」をクリックし、「Allocate New Address」をクリックします。
    im_cookbook113650_12
  2. 「VPC」を選択し、「Yes, Allocate」をクリックします。
    im_cookbook113650_13
  3. 取得したIPアドレスをチェックし、「Associate Address」をクリックします。
    im_cookbook113650_14
  4. 割当先のインスタンスを前のステップで作成したインスタンスに設定し、「Associate」をクリックします。
    im_cookbook113650_15

3. AWS 上の仮想マシンにリモートデスクトップで接続します。

  1. ステップ1で作成した仮想マシンを選択し、「Get Windows Password」をクリックします。
    im_cookbook113650_16
  2. 「KeyPair Path」にステップ1で作成した pem ファイルを選択し、「Decrypt Password」をクリックします。
    im_cookbook113650_17
  3. 表示されたパスワードをメモし、「Close」をクリックします。
    im_cookbook113650_18
  4. ステップ1で作成した仮想マシンを選択し、「Connect」をクリックします。
    im_cookbook113650_19
  5. 「Download Remote Desktop File」をクリックし、rdp ファイルをダウンロードします。
    im_cookbook113650_20
  6. ダウンロードした rdp ファイルを開き、取得したパスワードを用いて、Administrator ユーザでログインします。

4. AWS 上に作成した仮想マシンのポートを開放します。

ここからは AWS ポータル上の操作ではなく、作成した仮想マシンにリモートデスクトップでログインしてからの作業となります。

  1. Control Panel を開きます。
  2. Windows Firewall を開きます。
  3. Advanced Settings を開きます。
  4. Inbound Rules を右クリックし、New Rule を選択します。
    cookbook113650_wfw_1
  5. Rule Type を Port に設定します。
  6. Protocol and Ports を TCP の 8080 に設定します。
  7. Action を Allow the connection に設定します。
  8. Profile の設定では、Domain, Private, Public をチェックします。
  9. Name は任意に設定してください。

5. AWS 上に作成した仮想マシンに iAP をインストールします。

以下のセットアップガイドに従ってインストールを行ってください。

intra-mart Accel Platform セットアップガイド

6. AWS 上の iAP にアクセスします。

取得した Elastic IP を用いて intra-mart Accel Platform にアクセスします。
Elastic IPが例えば xxx.yyy.zzz.www であった場合、http://xxx.yyy.zzz.www:8080 でサーバーにアクセスすることができます。

-CookBook
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Resin の Docker を作成する。

この CookBook では、Resin の Docker の作成手順について紹介しています。 レシピ ベースイメージの作成 Resin の Docker イメージを作成します 実行します 1. ベー …

no image

Forma標準アプリとIM-LogicDesignerを利用してBISワークフローの一括承認画面を作成する

このCookBookでは、Forma標準アプリとLogicDesignerを利用して、BISワークフローの一括承認画面を作成する方法を紹介します。 完成イメージ ① 承認を実施するフローとノードを設定 …

IM-LogicDesignerを利用して、IM-Workflowの未処理案件の処理対象者を再展開する

このCookBookでは、IM-LogicDesignerを利用して、IM-Workflowの未処理案件の処理対象者を再展開する方法について紹介しています。 人事異動を重ねることで、未処理案件の中には …

no image

申請者の役職から処理対象者を設定する

このCookbookでは、IM-Workflow 2018 Springから新たに追加された 処理対象者プラグイン「ロジックフロー(ユーザ)」 の設定方法を紹介いたします。 この機能を利用すると、申請 …

no image

eBuilderの起動時処理のパフォーマンス改善

このCookBookでは、ローカル環境でe Builderの起動を速くするための設定を行います。 そのために、特定の機能を外して速く起動させる設定の方法について説明します。 ただし本設定を行うことによ …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS