CookBook

Azure 上に iAP を構築する方法

投稿日:

 

この CookBook では、Azure の Virtual Machines 機能を用いて、スタンドアローンで intra-mart Accel Platform を構築する方法について紹介しています。

レシピ

  1. Azure 上に仮想マシンを作成します。
  2. Azure 上で DNS ラベル名を設定します。
  3. Azure 上でポートの開放を設定します。
  4. Azure 上に作成した仮想マシンのポートを開放します。
  5. Azure 上に作成した仮想マシンに iAP をインストールします。
  6. Azure 上の iAP にアクセスします。

1. Azure 上に仮想マシンを作成します。

以下を参考に仮想マシンをAzure上に作成します。
Azure ポータルで Windows 仮想マシンを作成する

仮想マシン名、OSユーザ名、パスワード、リソース等はすべて任意に設定してください。
OS はこの CookBook ではWindows Server 2012 R2 Datacenter を利用します。

2. Azure 上で DNS ラベル名を設定します。

本手順は必須ではありませんが、作成した仮想マシンに DNS ラベル名を登録しておくと、IPアドレスではなく名前にてサーバーにアクセスできるようになるため便利です。

以下を参考に仮想マシンに DNS ラベル名を設定します。
Azure ポータルでの完全修飾ドメイン名の作成

3. Azure 上でポートの開放を設定します。

  1. Network security groups を開きます。
    cookbook113651_nsg_1_en
  2. ステップ 1 で作成したセキュリティ グループを選択します。
    cookbook113651_nsg_2_en
  3. Inbound security rules を選択します。
    cookbook113651_nsg_3_en
  4. 添付のように設定します。
    cookbook113651_nsg_4_en

ここで重要なのは、「TCP」の「8080」ポートを「許可」することです。
他は任意で構いません。

4. Azure 上に作成した仮想マシンのポートを開放します。

ここからは Azure ポータル上の操作ではなく、作成した仮想マシンにリモートデスクトップでログインしてからの作業となります。

  1. Control Panel を開きます。
  2. Windows Firewall を開きます。
  3. Advanced Settings を開きます。
  4. Inbound Rules を右クリックし、New Rule を選択します。
    cookbook113651_wfw_1
  5. Rule Type を Port に設定します。
  6. Protocol and Ports を TCP の 8080 に設定します。
  7. Action を Allow the connection に設定します。
  8. Profile の設定では、Domain, Private, Public をチェックします。
  9. Name は任意に設定してください。

5. Azure 上に作成した仮想マシンに iAP をインストールします。

以下のセットアップガイドに従ってインストールを行ってください。

intra-mart Accel Platform セットアップガイド

6. Azure 上の iAP にアクセスします。

画像の赤枠部分に表示されている DNS 名を確認します。

cookbook113651_dns_1_en

DNS 名が例えば my_dns_label.japaneast.cloudapp.azure.com であった場合、http://my_dns_label.japaneast.cloudapp.azure.com:8080 でサーバーにアクセスすることができます。

-CookBook
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

IM-FormaDesignerで作成したフォーム画面からIMBoxに投稿する方法

このCookBookでは、IM-BISを含む環境において、IM-FormaDesignerで作成したアプリからIMBoxに投稿する方法について紹介しています。 IM-LogicDesignerとの外部 …

no image

テナント環境セットアップ時にテーブルが作成されるよう設定する

e Builderを利用して作成したアプリケーションにおいて、テナント環境セットアップ時に自動でテーブルが作成されるように設定する手順を紹介します。 今回は例として、CookBook:フォームに入力し …

no image

ワークフローの一覧を使い分けるには(改訂版)

このCookbookでは、以前に公開した「IM-Workflowの一覧を業務別に使い分けるには」に関して、お問い合わせいただいた内容を追加してワークフローの一覧の検索条件を付与する方法をご紹介いたしま …

no image

Formaのスクリプトから処理対象者を制御するには

このCookBookでは、スクリプトを利用してIM-Workflowの動的ノード(動的承認、縦配置、横配置)の処理対象者を制御する方法をご紹介します。 スクリプトから動的処理対象者設定機能を利用するこ …

no image

ジョブを作成して定期実行する

このCookBookでは、以下の開発モデルでジョブを作成する方法と、作成したジョブを指定した時刻に定期実行する方法を紹介します。 ・スクリプト開発モデル ・JavaEE開発モデル いずれのモデルでもジ …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS