CookBook

完了したワークフロー案件の登録データをメンテナンスする方法

投稿日:2016-07-04 更新日:

このCookBookでは、IM-BISとIM-FormaDesignerで作成したワークフロー案件の登録データを編集する方法を紹介します。

一部制限はありますが、IM-FormaDesignerのアプリケーション種別「IM-Workflow」、または BIS作成種類「BISフロー」「ワークフロー」で作成された案件の登録データを、Formaアプリケーションのアプリケーション管理画面の設定を変更することによって更新することができます。

完了案件の登録データに対し、修正を行いたい場合等に活用することができます。

レシピ

  1. forma-config.xmlの設定を変更する
  2. Formaアプリケーションの設定を変更する

1. forma-config.xmlの設定を変更する

下記ページを参考に、forma-config.xmlの設定を変更します。

IM-Workflow連携設定アプリケーションで設定しない項目を有効化する

2. Formaアプリの設定を変更する

アプリケーション種別が「IM-Workflow」のアプリケーション、または、IM-BISで作成したフローに対しても「Privilege setting(権限設定)」「Menu setting(メニュー設定)」「Displaying list item setting(一覧表示項目設定)」の設定タブが表示されます。
各設定タブが表示されるので、IM-FormaDesignerのアプリケーション種別「標準」の場合と同じように、各設定を登録することができます。

im_cookbook_113701_1

注意事項

  1. メニュー設定機能を利用して登録したメニュー経由で表示される画面は、アプリケーション種別が「標準」として扱われ動作しますので、ワークフロー用アイテム、ワークフロー用関数は正しく動作しません。
  2. ワークフロー上で実行されることを前提としているため、ワークフロー実行時においての権限管理は IM-Workflow 側に委ねられているのに対し、一覧設定により表示される一覧画面は「Privilege setting」で設定した権限に基づき動作します。
  3. 「Privilege setting」で登録・削除権限を付与した場合、データを登録することはできますが、ワークフローとして申請することはできません。また、データを削除しても申請した案件は削除されません。

-CookBook
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

スクリプト開発で登録フォームを作成する

このCookBookでは、スクリプト開発で登録フォームを作成する際に役立つ Tips を紹介します。 第1回:スクリプト開発で登録フォームを作成する 第2回:フォームに入力した内容をデータベースに登録 …

特定フローの特定ノードで、処理中の案件に対し、任意の処理対象者を追加する方法

このCookBookでは、LogicDesignerを利用して、特定フローの特定ノードで、処理中の案件に対し、任意の処理対象者を追加する方法について紹介しています。 人事異動で担当者が追加となり、複数 …

no image

前回のログイン時刻を表示するポートレットの作成方法

このクックブックでは、前回のログイン時刻を表示するポートレットの作成方法をご紹介します。 具体的には、以下の3つの情報を表示するポートレットを作成します。 前回のログイン時刻 前回ログイン時のIPアド …

no image

テナント環境セットアップ時にテーブルが作成されるよう設定する

e Builderを利用して作成したアプリケーションにおいて、テナント環境セットアップ時に自動でテーブルが作成されるように設定する手順を紹介します。 今回は例として、CookBook:フォームに入力し …

ワークフローの案件削除時にBIS/Formaの関連データも削除する方法

このCookBookでは、ワークフローの案件削除時にBIS/Formaの関連データも併せて削除する方法について紹介しています。 BIS/Formaで作成したワークフローには、機能ごとに個別で管理するト …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS