CookBook

【ViewCreator】検索にヒットした件数を取得する関数の作り方。

投稿日:2017-10-02 更新日:

このCookBookでは、ViewCreatorで検索にヒットした件数を取得する関数の作り方についてご紹介します。

ユーザ定義関数についての詳細は下記のドキュメントを参照してください。
ViewCreator 管理者操作ガイド - ユーザ定義関数

完成イメージ

新しい関数(CURRENTCOUNT)が追加され、利用可能になります。
以下は、リスト集計のヘッダに「検索にヒットした件数 / 総件数」を表示する例です。

リスト集計のデータ参照編集画面。

実行結果

完成サンプル

以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。

e builder プロジェクト : im_cookbook_114393.zip
imm ファイル : im_cookbook_114393-8.0.0.imm

注意
im_cookbook_114393-8.0.0.immには、viewcreator-function-config.xmlは含まれません。
レシピの手順を参考にして、追加設定してください。

レシピ

  1. jp.co.intra_mart.foundation.viewcreator.formula.FunctionImplementationインタフェースを実装したクラスを作成する。
  2. WEB-INF/conf/viewcreator-function-config.xml に上記のクラスを登録する。
  3. アプリケーションサーバを再起動する。
1. jp.co.intra_mart.foundation.viewcreator.formula.FunctionImplementationインタフェースを実装したクラスを作成する。

次の3つのメソッドを実装します。

  1. init
    関数の初期化処理

  2. getName
    関数名の取得

  3. execute
    関数実行時に呼び出される処理

 

2. WEB-INF/conf/viewcreator-function-config.xml に上記のクラスを登録する。

関数の実装クラスを設定ファイルに登録します。

3. アプリケーションサーバを再起動する。

サーバ再起動後、追加した新しい関数の利用が可能になります。

-CookBook
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

eBuilderの起動時処理のパフォーマンス改善

このCookBookでは、ローカル環境でe Builderの起動を速くするための設定を行います。 そのために、特定の機能を外して速く起動させる設定の方法について説明します。 ただし本設定を行うことによ …

no image

IM-LogicDesigner「繰り返し」「分岐」EL式の定義例

このCookBookでは、IM-LogicDesignerの「条件分岐」「繰り返し」制御要素の条件で利用するEL式について定義例を紹介しています。 ここでは主に「 IM-LogicDesigner上で …

no image

申請画面の入力データをExcelファイルにダウンロードする

このCookbookでは、IM-BIS 2017 Winterから新たに追加された「 外部連携のレスポンスとして、ファイルデータを受け取る 」機能を利用する方法を紹介いたします。 BISで作成した申請 …

画面アイテム「グリッドテーブル」で全行クリアする方法

このCookBookでは、IM-BISの画面アイテムであるグリッドテーブルで、入力データを全行クリアする方法について紹介します。 「グリッドテーブル」は、jqGridを利用しており、入力されたデータを …

no image

No.5 外部サイトの定期監視

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。 こちらの例では、LogicDesignerからIM-FormaDesigner / IM-BIS / IM …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS