CookBook

ノード毎に入力モード(表示モード)変換を切り替える方法

投稿日:

このCookBookでは、BISワークフローにおいて、ノード毎に各アイテムの入力(表示)モードを切り替える方法を紹介します。
ノード毎に別画面を作成する方法もありますが、本稿ではアクション設定を利用して入力(表示)モードを切り替える方法を記載します。

完成イメージ


① ノード「node01」:入力可、ノード「node02」:入力不可
② ノード「node01」:入力不可、ノード「node02」:入力可

im_cookbook_115971_1

完成サンプル

以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。

サンプルは以下の環境で動作を確認できます。

  • テナント環境セットアップで、サンプルデータがインポート済みであること

レシピ

  1. BISワークフローを作成する。
  2. アクションを設定する。
  3. 作成したBISワークフローにて、フローを実行する。

設定項目の詳細は、添付のサンプルを参照してください。

1. BISワークフローを作成する。

BISワークフローを作成します。

2. アクションを設定する。

form Designer 画面の「Action settings」-「Initial display event」を設定します。
「Conditions」に特定のnodeidを指定することで、イベントの発火を限定することができます。

im_cookbook_115971_2

詳細はサンプルを参照してください。

3. 作成したBISワークフローにて、フローを実行する。

BISワークフローの承認/処理画面を表示します。
ノード毎に入力モードが変更されることが確認できました。

-CookBook
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

グリッドテーブルの列タイプ「カスタム」を利用した場合にマルチセレクトがトグルされないようにする方法

このCookBookでは、グリッドテーブルの列タイプ「カスタム」を利用した場合に、マルチセレクトがトグルされないようにする方法を説明します。 グリッドテーブルでは、行内で参照表示となっている部分をクリ …

no image

intra-mart WebPlatform 7.2 の Docker を作成する

この CookBook では、intra-mart WebPlatform 7.2 の Docker の作成手順について紹介しています。 レシピ ベースイメージの作成 intra-mart WebPl …

ワークフローの案件削除時にBIS/Formaの関連データも削除する方法

このCookBookでは、ワークフローの案件削除時にBIS/Formaの関連データも併せて削除する方法について紹介しています。 BIS/Formaで作成したワークフローには、機能ごとに個別で管理するト …

no image

Formaの実行画面でアクセスログを収集する

このCookBookでは、Formaの実行画面で、アクセスログを収集する方法を紹介します。 サンプルでは、登録画面を開いた時点とデータ登録を実行した時点で、ログを収集します。 ログを収集することで、登 …

no image

ジョブを作成して定期実行する

このCookBookでは、以下の開発モデルでジョブを作成する方法と、作成したジョブを指定した時刻に定期実行する方法を紹介します。 ・スクリプト開発モデル ・JavaEE開発モデル いずれのモデルでもジ …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS