CookBook

IM-FormaDesignerで作成したフォーム内でIME入力モードを制御する方法【IE・EDGE】

投稿日:

このCookbookでは、IM-FormaDesignerで作成したフォーム内の
画面アイテム「文字列」と画面アイテム「グリッドテーブル」のIME入力モードを制御する方法を紹介します。

入力モードを制御することにより誤入力と手間を減らし、ユーザビリティの高いフォームを作ることができます。

完成イメージ

各入力アイテムをクリックし、IME入力モードが制御されることを確認できます。

完成サンプル

以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。
なお、以下のサンプルはintra-mart Accel Platform 2017 Winterの環境を利用して作成したものです。
2017 Winterより前のバージョンでは正常に動作しない可能性があります。

IM-FormaDesigner インポート資材 : im_cookbook_115988_forma.zip

ローカル環境で表示させる場合は、以下のURLにアクセスしてください。
http://localhost:8080/imart/forma/normal/view/regist_application_view/im_cookbook_115988_ime_control
なおベースURLである以下の部分は、環境に合わせて適宜変更してください。
http://localhost:8080/imart

レシピ

  1. 各アイテムを配置する。
  2. 画面アイテム「文字列」のIME入力モードを制御するためのスクリプトを設定する。
  3. 画面アイテム「グリッドテーブル」のIME入力モードを制御するためのスクリプトを設定する。

1. 各アイテムを配置する。

IM-FormaDesignerでフォームを作成し、画面アイテム「文字列」、画面アイテム「スクリプト」、画面アイテム「グリッドテーブル」を配置してください。

2. 画面アイテム「文字列」のIME入力モードを制御するためのスクリプトを設定する。

画面アイテム「スクリプト」を使用することで、実行画面を開いた際にスクリプトを実行させることができます。

今回は一つの画面アイテム「スクリプト」に対し、まとめて複数の画面アイテム「文字列」のスクリプトコードを設定します。

以下のスクリプトコードを設定してください。
%フィールド識別ID%には、画面アイテム「文字列」のフィールド識別IDを記述します。

3. 画面アイテム「グリッドテーブル」のIME入力モードを制御するためのスクリプトを設定する。

画面アイテム「グリッドテーブル」は他の画面アイテムとは動作仕様が異るため、
列ごとのフォーカスインイベントで個別にスクリプトを登録する必要があります。

設定を行うには、アクション設定からテーブルイベントタブに移動します。
フォーカスインイベントを選択し、カスタムスクリプトを設定する画面を開きます。

以下のスクリプトコードを設定してください。
%フィールド識別ID%には、画面アイテム「グリッドテーブル」の列のフィールド識別IDを記述します。
ime-modeの指定は2.を参照してください。

いかがでしたでしょうか。IEまたはEdgeをご利用でしたら是非試してみてください。

-CookBook
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

imuiListTableで行の背景色を動的に変更する方法

このCookBookでは、imuiListTableで行の背景色を動的に変更する方法について紹介しています。 imuiListTableについての詳細はAPIドキュメントを参照してください。 [imu …

no image

差戻し先ノードの処理対象者を再展開するフローを作成する方法

このCookBookでは、差戻し先ノードの処理対象者を再展開するフローを作成する方法について紹介しています。 IM-Workflowの仕様として、差戻し先ノードではそのノードを以前に処理した人のみが再 …

no image

テナント環境セットアップ時にテーブルが作成されるよう設定する

e Builderを利用して作成したアプリケーションにおいて、テナント環境セットアップ時に自動でテーブルが作成されるように設定する手順を紹介します。 今回は例として、CookBook:フォームに入力し …

no image

Forma標準アプリとIM-LogicDesignerを利用してBISワークフローの一括承認画面を作成する

このCookBookでは、Forma標準アプリとLogicDesignerを利用して、BISワークフローの一括承認画面を作成する方法を紹介します。 完成イメージ ① 承認を実施するフローとノードを設定 …

no image

IM-LogicDesignerで、Redmineカスタムクエリのチケット一覧を取得する方法

このCookBookでは、IM-LogicDesignerを使用してRedmineのチケット (issues) 一覧を取得する方法を紹介します。 Redmineは、外部からチケット一覧を取得するための …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS