CookBook

申請時の注意事項を添付ファイルとして配置する方法

投稿日:

このCookBookでは、申請時の注意事項を記載したファイルを、申請画面の添付ファイルとして配置する方法について紹介しています。

FormaDesignerの前処理プログラムで任意の添付ファイルを設定することができます。
後処理プログラムの中でファイルアップロードAPIを使用することで、注意事項として添付されたファイルを登録せずに申請を行う事ができます。

完成イメージ


1. 申請画面を表示し、「The attached file」にファイルが表示されていることを確認します。
・HowToWriteApplicationForm.txt
・NotificationOfApplication.txt
2. 「Apply」をクリックし、申請を行います。
3. 申請情報を参照し、ファイルが登録されていないことを確認します。

完成サンプル

以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。

前記のサンプルの利用条件は以下の通りです。

  • intra-mart Accel Platform(Advanced) 2017 Spring(8.0.16), IM-FormaDesigner 2017 Spring(8.0.15)以降のバージョンであること
  • サンプルデータのインポートが行われていること

サンプルは、intra-mart Accel Platform(Advanced) 2017 Spring(8.0.16), IM-FormaDesigner 2017 Spring(8.0.15)で動作確認を行っています。

レシピ

  1. フォームを作成する。
  2. 前処理プログラムを作成する。
  3. 後処理プログラムを作成する。
  4. フォームにユーザプログラムを設定する。
  5. ルート定義、フロー定義を作成する。

1. フォームを作成する。

FormaDesignerで、アプリケーション種別「IM-Workflow」フォームを作成し、画面アイテム「ファイルアップロード」を配置してください。

2. 前処理プログラムを作成する。

サンプルでは以下の場所にファイルを作成しています。
src/main/jssp/src/im_cookbook_119859/preprocess.js

  • 前処理プログラムの返却値「更新ファイルアップロードデータオブジェクト」を指定してください。
    • filePath パブリックストレージのファイルパスを指定してください。
    • uploadItemId 画面アイテム「ファイルアップロード」のアイテム識別IDを指定してください。
    • notes 備考

スクリプト開発モデルで前処理プログラムを作成しています。
前処理プログラムの詳細は以下のドキュメントを参照してください。
IM-FormaDesigner for Accel Platform プログラミングガイド - 前処理

3. 後処理プログラムを作成する。

サンプルでは以下の場所にファイルを作成しています。
src/main/jssp/src/im_cookbook_119859/postprocess.js

  • FormaFileUploadItemManager を使用し、添付ファイル情報の取得、削除を行ってください。
    • FormaFileUploadItemManager#getFilesInfo(insertId, processKey)
      案件に紐付くファイル情報を取得するメソッドです。
      引数にプロセスキーを指定することで、セッションに保存された一時保存状態のファイル情報を取得対象に含めることができます。
    • FormaFileUploadItemManager#deleteFile(insertId, uploadItemId, fileId, processKey)
      ファイル情報を削除するメソッドです。

FormaFileUploadItemManager の詳細は以下のドキュメントを参照してください。
IM-FormaDesigner スクリプト開発API - FormaFileUploadItemManagerオブジェクト

後処理プログラムの詳細は以下のドキュメントを参照してください。
IM-FormaDesigner for Accel Platform プログラミングガイド - 後処理

4. フォームにユーザプログラムを設定する。

レシピ1で作成したフォームにユーザプログラムを設定してください。

  • 「Preprocessing program - Apply」にレシピ2で作成した前処理プログラムを設定してください。

    User program type Program type Program path
    Preprocessing program - Apply Script development model im_cookbook_119859/preprocess
  • 「Post-processing program - Add」「Post-processing program - Temporary Save」にレシピ3で作成した後処理プログラムを設定してください。

    User program type Program type Program path
    Post-processing program - Add Script development model im_cookbook_119859/postprocess
    Post-processing program - Temporary Save Script development model im_cookbook_119859/postprocess

ユーザプログラムの設定方法は以下のドキュメントを参照してください。
IM-FormaDesigner for Accel Platform 作成者 操作ガイド - アプリケーションでユーザプログラムを利用する

5. ルート定義、フロー定義を作成する。

  • フロー定義を作成してください。
    • コンテンツ定義については、レシピ1で作成したフォームのWF連携設定により登録したものを利用してください。
    • ルート定義については任意に作成したものを利用してください。

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ViewCreatorのヘッダやフッタに配置するリンクのURLに計算結果を埋め込む方法

本記事では、ViewCreatorのヘッダやフッタにリンクを埋め込む際に、関数を利用する方法をご紹介します。 この方法を利用すると、パラメータ文字列に「今日日付」を受け渡すといったことが実現できます。 …

画面アイテム「グリッドテーブル」で全行クリアする方法

このCookBookでは、IM-BISの画面アイテムであるグリッドテーブルで、入力データを全行クリアする方法について紹介します。 「グリッドテーブル」は、jqGridを利用しており、入力されたデータを …

no image

未完了案件・完了案件を全て削除する方法

このCookBookでは、LogicDesignerを利用してワークフローの未完了案件・完了案件を一括削除する方法を紹介します。 開発環境のお掃除に役立つTipsです。 削除した案件は復元することがで …

no image

画面操作方法によって画面アイテムの入力チェックを切り替える方法

このCookBookでは、IM-FormaDesignerの入力チェックプログラムで、画面の操作方法に応じた入力チェックを設定する方法を紹介します。 この方法は、以下の製品で作成したアプリケーションや …

no image

外部連携の後処理で任意のエラーメッセージを表示する

このCookbookでは、外部連携の後処理で任意のエラーメッセージを表示する方法を紹介します。 この方法を活用することにより、外部連携の後処理ででエラーが発生した場合、利用者に内容を通知することができ …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS