CookBook

「イベント」ボタン・「一覧へ戻る」ボタンを使用し任意の遷移先を設定する

投稿日:

このCookBookでは、IM-FormaDesignerの画面アイテム・ボタンを使用し、任意の画面に遷移する方法について紹介しています。
設定方法は下記の2パターンです。

「イベント」ボタンを使用する方法
「一覧に戻る」ボタン・「スクリプト」を使用する方法

レシピ(「イベント」ボタン使用)

  1. 「イベント」ボタンを配置する
  2. スクリプトを設定する

1. 「イベント」ボタンを配置する

ツールキットより「イベント」ボタンを選択、配置してください。
「フォーム編集画面」-「ツールキット」-「汎用アイテム」-「イベント」

2. スクリプトを設定する

「イベント」ボタンのスクリプトに以下のような設定を行うことで、任意の画面に遷移することができます。
ページ遷移のある画面の場合、1ページ目で行うことで期待される動作になります。

以下のコードは一例です。指定したい遷移先パスをdocument.imfr_back_form.actionの値に設定して下さい。

レシピ(「一覧に戻る」ボタン・「スクリプト」使用)

  1. 「一覧に戻る」ボタンと「スクリプト」を配置する
  2. スクリプトを設定する

1. 「一覧に戻る」ボタン・「スクリプト」を配置する

ツールキットより「一覧に戻る」ボタンと「スクリプト」を選択、配置してください。
「フォーム編集画面」-「ツールキット」-「ボタンアイテム」-「一覧に戻る」
「フォーム編集画面」-「ツールキット」-「汎用アイテム」-「イベント」

2. スクリプトを設定する

「一覧へ戻る」ボタンの遷移先は form内の要素であるimfr_callback_urlで保持しています。
その値をスクリプトアイテムを利用して書き換えます。

「スクリプト」に以下のような設定を行うことで、任意の画面に遷移することができます。

以上で、実行画面から「イベント」ボタンまたは「一覧へ戻る」ボタン押下で、任意の画面に遷移できるようになりました。

-CookBook
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

No.9 音声認識からスケジュール登録

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。 こちらの例では、LogicDesignerと音声認識(Web Speech API)の仕組みを利用して、音 …

スプレッドシートでシートの保護を利用して、ノード毎に入力セルを制御する

このCookBookでは、スプレッドシートでシートの保護を利用して、ノード毎に入力セルを制御する方法について紹介しています。 Excelでは、シートの保護を利用して、特定のセルのみ入力できるように制御 …

no image

IMBox の「Like!」を別のキャプションにする方法

この Cookbook では、IMBox の「Like!」を別のキャプションにする方法を紹介します。 具体的には、「Like!」を「確認」に変更する方法を紹介します。 この Cookbook では、日 …

no image

外部連携を利用して簡単な相関チェックを行う方法

このCookbookでは、外部連携を利用して簡単な相関チェックを行う方法を紹介します。 この方法を活用することにより、簡単な入力チェックであれば、Formaユーザプログラムの入力チェックを作成せずに外 …

no image

IM-LogicDesigner「繰り返し」「分岐」EL式の定義例

このCookBookでは、IM-LogicDesignerの「条件分岐」「繰り返し」制御要素の条件で利用するEL式について定義例を紹介しています。 ここでは主に「 IM-LogicDesigner上で …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS