CookBook

外部連携の後処理で任意のエラーメッセージを表示する

投稿日:

このCookbookでは、外部連携の後処理で任意のエラーメッセージを表示する方法を紹介します。
この方法を活用することにより、外部連携の後処理ででエラーが発生した場合、利用者に内容を通知することができます。

完成イメージ

サンプルでは、現在申請中の案件数を確認し、3件以上同時に申請が実行されないようにする後処理を作成しています。

完成サンプル

以下はBIS定義、ロジックフロー定義のサンプルです。
ダウンロードして各インポート機能からご利用ください。

サンプルに含まれる定義情報は以下の表の通りです。

種類 定義名 補足説明
BIS定義 im_cookbook_123285 関連するFormaアプリケーション定義やIM-Workflowのフロー定義情報も含まれます。
データソース定義 im_cookbook_123285 -
ロジックデザイナー フロー定義 im_cookbook_123285 BIS後処理用
ロジックデザイナー ユーザ定義 im_cookbook_123285_outputlog フロー定義内で利用するログ出力
ロジックデザイナー ユーザ定義 im_cookbook_123285_query フロー定義内で利用するsql

上記のサンプルの利用条件は以下の通りです。

  • IM-BIS 2017 Spring(8.0.13)以降のバージョンであること
  • サンプルデータのインポートが行われていること

サンプルは、IM-BIS 2017 Spring(8.0.13)で動作確認を行っています。

レシピ

  1. BISワークフローを作成する。
  2. ロジックフローを作成する。
  3. データソース定義を作成する。
  4. BISワークフローの申請ノードで後処理を設定する。
  5. 作成したBISワークフローにて、「apply」ボタンをクリックする。

設定項目の詳細は、添付のサンプルを参照してください。

1. BISワークフローを作成する。

BISワークフローを作成します。

2. ロジックフローを作成する。

ロジックフローを作成します。

(1) 外部連携にてマッピングせずに連携できるシステムパラメータを入力とします。
(2) 出力としては、後処理のレスポンスに設定できるメッセージのデータ構造を設定します。

外部連携のレスポンスに設定できるメッセージについては、[暗黙的に連携するレスポンスパラメータの仕様]を、外部連携のリクエストに設定できるシステムパラメータについては、[暗黙的に連携するリクエストパラメータの仕様]を参照してください。

(3) imw_t_actv_matterテーブルをフローIDで検索し、処理中の案件数を取得します。
(4) EL式を利用して、チェックを実施します。
(5) チェックで正常と判定された場合、imfrErrorflagにfalseを設定します。
(6) チェックで正常と判定された場合、imfrErrorflagにtrueを設定し、エラーメッセージを出力値にマッピングします。

3. データソース定義を作成する。

2.で作成したロジックフローに対するデータソース定義を作成します。

4. BISワークフローの申請ノードで後処理を設定する。

BISワークフローの申請ノードに対し、外部連携の後処理で、3.で作成したデータソース定義を設定します。

5. 作成したBISワークフローにて、「apply」ボタンをクリックする。

処理中の案件が3件以上あった場合、エラーメッセージが表示されます。

-CookBook
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

画面アイテム「スプレッドシート」の特定セルをIM-ContentsSearchの検索対象にする方法

画面アイテム「スプレッドシート」の特定セルをIM-ContentsSearchの検索対象にする方法について紹介します。 本CookBookでは、スプレッドシート上の個人情報や、外部に公開したくない内容 …

no image

特定フローの特定ノードで、処理中の案件に対し、任意の処理対象者を追加する方法

このCookBookでは、LogicDesignerを利用して、特定フローの特定ノードで、処理中の案件に対し、任意の処理対象者を追加する方法について紹介しています。 人事異動で担当者が追加となり、複数 …

スプレッドシートを実行画面でExcelファイルとしてエクスポートする方法

このCookBookでは、スプレッドシートを実行画面でExcelファイルとしてエクスポートする方法について紹介しています。 IM-FormaDesignerの実行画面から直接、画面アイテム「スプレッド …

no image

差戻し先ノードの処理対象者を再展開するフローを作成する方法

このCookBookでは、差戻し先ノードの処理対象者を再展開するフローを作成する方法について紹介しています。 IM-Workflowの仕様として、差戻し先ノードではそのノードを以前に処理した人のみが再 …

no image

画面操作方法によって画面アイテムの入力チェックを切り替える方法

このCookBookでは、IM-FormaDesignerの入力チェックプログラムで、画面の操作方法に応じた入力チェックを設定する方法を紹介します。 この方法は、以下の製品で作成したアプリケーションや …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS