CookBook

FormaDesignerで作成したフォーム内でカーソル遷移を制御する方法

投稿日:

このCookbookでは、FormaDesignerで作成したフォーム内でカーソル遷移を制御する方法を紹介します。
Tabキーを使ったカーソル遷移を考慮し、ユーザビリティが高いフォームを作成しましょう。

完成イメージ


1. 「Add」をクリックしてください。画面遷移後、「Text1」にカーソルが当たります。
2. Tabキーを押してください。以下の順序でカーソルが遷移します。
 「Text1」→「Text2」→「Text3」→「Text4」→「Register」

完成サンプル

以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。

ローカル環境で表示させる場合は、以下のURLにアクセスしてください。
http://localhost:8080/imart/forma/normal/view/list_view/im_cookbook_125152_forma
なおベースURLである以下の部分は、環境に合わせて適宜変更してください。
http://localhost:8080/imart

レシピ

  1. 入力アイテムを配置する
  2. 画面アイテム「スクリプト」を配置する
  3. タブインデックスを設定する

1. 画面アイテムを配置する

FormaDesignerでフォームを作成し、入力アイテムやボタンアイテムを配置してください。

2. 画面アイテム「スクリプト」を配置する

画面アイテム「スクリプト」を使用することで、実行画面を開いた際に特定のフィールドにカーソルを当てることができます。

フォームに画面アイテム「スクリプト」を配置し、以下のスクリプトコードを設定してください。
%フィールド識別ID%には、実行画面表示時にカーソルを当てたいフィールドのフィールド識別IDを記述しましょう。

3. タブインデックスを設定する

レシピ1で配置した画面アイテムのフィールドにタブインデックスを設定しましょう。

「フィールド一覧」をクリックしてください。
「タブインデックス」の列に数値を入力することで、フィールドやボタンに対してタブインデックスを設定することができます。

詳細は以下のドキュメントを参照してください。
IM-FormaDesigner for Accel Platform IM-FormaDesigner デザイナヘルプ - 「フォーム・デザイナ」画面の各部の名称と機能

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

BISやFormaのテーブルにCSVファイルからのインポート・エクスポートを行うには

このCookbookでは、明細テーブルやグリッドテーブルとCSVファイルを連携する方法を紹介します。 この方法を活用することにより、明細テーブルやグリッドテーブルへの入力の手間を軽減できます。 完成イ …

結合処理で「多数決」承認機能を実現する

このCookBookでは、「多数決」承認機能を実現する方法について紹介しています。 完成イメージ 以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。 im_logicdesigner-data-14 …

no image

No.8 Excel からの一括ユーザ一括登録

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。 こちらの例では、LogicDesignerを利用して、入社や組織変更等の発生時に有用なExcelファイルの …

no image

差戻し先ノードの処理対象者を再展開するフローを作成する方法

このCookBookでは、差戻し先ノードの処理対象者を再展開するフローを作成する方法について紹介しています。 IM-Workflowの仕様として、差戻し先ノードではそのノードを以前に処理した人のみが再 …

no image

外部連携を利用して簡単な相関チェックを行う方法

このCookbookでは、外部連携を利用して簡単な相関チェックを行う方法を紹介します。 この方法を活用することにより、簡単な入力チェックであれば、Formaユーザプログラムの入力チェックを作成せずに外 …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS