CookBook

request.log を Kibana で可視化する方法

投稿日:2017-08-16 更新日:

この CookBook では、request.log を Kibana で可視化する方法について紹介しています。
方法は色々ありますが、この CookBook では Logstashlogstash-logback-encoder を組み合わせて Elasticsearch へのログの投入を行います。

レシピ

  1. De_dot filter plugin | Logstash のインストール
  2. logstash.conf を作成
  3. WEB-INF/conf/log/im_logger_request_logstash.xml を配置
  4. logstash-logback-encoder-x.xx.jar を配置

1. De_dot filter plugin | Logstash のインストール

MDC のキー名に含まれるドット(.)をエスケープするための De_dot filter plugin をインストールします。
下記コマンドでインストールします。

2. logstash.conf を作成

行数 説明
1-6 LogstashTcpSocketAppender の出力を受け取ります。
7-10 Elasticsearchでは「.」が特別な意味を持つため、MDC のキーに含まれる「.」を「_」に変更します。
11-16 受け取った JSON を Elasticsearch に取り込みます。
13 送信先となる Elasticsearch のアドレスを指定します。

logstash の設定の詳細については Configuring Logstash を参照してください。
De_dot filter plugin の設定の詳細については De_dot filter plugin を参照してください。

下記コマンドで Logstash を起動します。

3. WEB-INF/conf/log/im_logger_request_logstash.xml を配置

行数 説明
4-7 TCP を用いてログを JSON 出力します。
5 送信先となる Logstash のアドレスを指定します。ポート番号は logstash.conf の input の tcp port に設定した値を指定します。
9-12 リクエストログに上記の設定を適用します。

指定可能なオプションの詳細についてはLogback JSON encoderを参照してください。

4. logstash-logback-encoder-x.xx.jar を配置

Logstash Logback Encoder より logstash-logback-encoder-x.xx.jar をダウンロードします。
ダウンロードした jar ファイルを、WEB-INF/lib に配置します。

Accel Platform を起動し、アクセスすることで、ログが Elasticsearch に投入されます。
Kibana からインデックス名「request-*」で登録することで、データを表示することができます。

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

No.5 外部サイトの定期監視

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。 こちらの例では、LogicDesignerからIM-FormaDesigner / IM-BIS / IM …

no image

グリッドテーブルのイメージからワークフローの案件内容を表示するには

このCookbookでは、グリッドテーブルの「イメージ」から申請済みの案件の詳細画面を呼び出す方法を紹介します。 この方法を利用すると別の案件を参照しながら新しく申請を行うことができます。 BISで作 …

no image

設計書出力に任意のシートを追加する方法

このCookBookでは、BIS設計書出力機能で出力できるIM-Workflowフロー設計書およびBISフロー設計書に任意のシートを出力する方法について紹介しています。 完成イメージ 1. IM-BI …

no image

imuiTreeでドラッグ&ドロップのバリデーションを実装する方法

このCookBookでは、imuiTree (ツリービュー) のドラッグ&ドロップバリデーションについて紹介しています。 intra-mart Accel Platform では、画面上にツリーを表示 …

no image

No.9 音声認識からスケジュール登録

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。 こちらの例では、LogicDesignerと音声認識(Web Speech API)の仕組みを利用して、音 …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS