CookBook

ワークスペースカレンダーアイテムでスケジュール機能と連携したスケジュールを登録する方法

投稿日:

このCookBookでは、intra-mart Accel Collaboration ワークスペースのワークスペースカレンダーについて紹介しています。

intra-mart Accel Collaboration 2017 Winter (2017-12-01リリース)ではワークスペース機能のアイテムの一つである「イベントカレンダー」を「ワークスペースカレンダー」に名称を変更しました。
2017 Summer以前は終日の予定である「イベント」のみが登録可能でしたが、2017 Winterでは時間を指定可能な「スケジュール」を登録可能となり、以前よりもスケジュール機能との連携が行いやすくなりました。

完成イメージ

ワークスペースカレンダーアイテムでスケジュール機能と連携したスケジュールを登録します。

スケジュール機能連携なしのスケジュールをスケジュール機能で表示する場合は、「ワークスペースとスケジュール機能との連携」を参照してください。
※説明はイベントですが、同様の手順でスケジュールも表示できます。

レシピ

  1. ワークスペースに「ワークスペースカレンダー」アイテムを追加します。
  2. ワークスペースカレンダーにスケジュールを登録します。
  3. スケジュール画面から登録されたスケジュールを参照・編集します。

※画像は「intra-mart Accel Collaboration 2017 Winter」時点のものです。

1. ワークスペースに「ワークスペースカレンダー」アイテムを追加します。

ワークスペースに「ワークスペースカレンダー」アイテムを追加します。
アイテム設定ダイアログの連携で「スケジュール機能と連携する」を選択してください。
アイテム追加後に設定を変更することも可能です。

2. ワークスペースカレンダーにスケジュールを登録します。

「スケジュール機能と連携する」チェックボックスを選択してスケジュールを登録します。

3. スケジュール画面から登録されたスケジュールを参照・編集します。

スケジュールの参照権限があるユーザであれば、ワークスペースカレンダーで登録したスケジュールをスケジュール機能から参照することが出来ます。

また、スケジュールの登録を行ったユーザはスケジュール機能からも編集・削除が行えます。
以下の項目はスケジュール機能のみで設定が可能です。

  • 場所
  • 属性
  • 通知
  • 編集許可
  • 公開/非公開
  • リマインダ
  • 添付ファイル

このCookBookでは、ワークスペースカレンダーの機能を簡単にご紹介しました。
ワークスペースカレンダーの詳細は「intra-mart Accel Collaboration ワークスペース ユーザ操作ガイド - ワークスペースカレンダーアイテム」を参照してください。

-CookBook
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

差戻し先ノードの処理対象者を再展開するフローを作成する方法

このCookBookでは、差戻し先ノードの処理対象者を再展開するフローを作成する方法について紹介しています。 IM-Workflowの仕様として、差戻し先ノードではそのノードを以前に処理した人のみが再 …

【ViewCreator】LogicDesignerと連携してデータ参照の一覧を表示するデータ参照を作成する方法

ViewCreator において、標準の「データ参照一覧」画面では以下のような変更ができません。 「説明」を一覧に表示する。 「データ参照名」の(初期表示時の)列幅を変更する。 各データ参照の表示画面 …

no image

グリッドテーブルのイメージからワークフローの案件内容を表示するには

このCookbookでは、グリッドテーブルの「イメージ」から申請済みの案件の詳細画面を呼び出す方法を紹介します。 この方法を利用すると別の案件を参照しながら新しく申請を行うことができます。 BISで作 …

no image

IMBox に投稿種別を追加する方法(Markdown)

このCookBookでは、IMBoxに投稿種別を追加する方法について紹介しています。 以下のドキュメントを参照することで、IMBox に投稿種別を追加することができます。 IMBox プログラミングガ …

no image

IM-BloomMaker カスタムスクリプトの使い方と$variableからの取得・代入の方法

このCookBookでは、IM-BloomMakerのアクションの一つであるカスタムスクリプトの使い方と$variable(変数)からの取得および代入の方法について紹介しています。 実際にサンプル画面 …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS