CookBook

Formaの実行画面でセッションを維持するには

投稿日:2018-04-09 更新日:

このCookbookでは、IM-FormaDesignerの実行画面でセッションを維持する方法を記載します。
この方法を利用すると、通常は時間制限によりタイムアウトしてしまうログインセッションを、自動的に維持することができます。

レシピ

  1. テンプレートHTMLを編集する

1. テンプレートHTMLを編集する

テンプレートHTMLに、以下のSessionKeeperタグを記述します。
SessionKeeperについては、「スクリプト開発向けタグライブラリ」 をご参照ください。

また、 テンプレートHTMLの配置場所や共有範囲の限定方法については、「Formaでのスクリプト開発生産性向上」 をご参照ください。

-CookBook
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

FormaのスクリプトからAjax処理を呼び出す

このCookBookでは、Formaのスクリプトからサーバサイドロジックを呼び出し、Ajax処理を実現する方法をご紹介します。 IM-LogicDesignerを利用し、サーバサイドロジックとその呼び …

no image

CookBookからダウンロードしてきたプロジェクトのインポート方法

このCookBookでは、他のCookBookからダウンロードしてきたe Builderのモジュール・プロジェクトのインポートについて紹介しています。 プロジェクトをインポートし、プロジェクトの設定を …

no image

申請者の役職から処理対象者を設定する

このCookbookでは、IM-Workflow 2018 Springから新たに追加された 処理対象者プラグイン「ロジックフロー(ユーザ)」 の設定方法を紹介いたします。 この機能を利用すると、申請 …

no image

Forma標準アプリとIM-LogicDesignerを利用してBISワークフローを一括申請する方法

このCookBookでは、Forma標準アプリとLogicDesignerを利用して、BISワークフローを一括申請する方法を説明します。 完成イメージ ① グリッドテーブルの各行を、それぞれ案件として …

no image

IM-FormaDesignerで作成したフォーム画面からIMBoxに投稿する方法

このCookBookでは、IM-BISを含む環境において、IM-FormaDesignerで作成したアプリからIMBoxに投稿する方法について紹介しています。 IM-LogicDesignerとの外部 …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS