CookBook

【ViewCreator】LogicDesignerと連携してデータ参照の一覧を表示するデータ参照を作成する方法

投稿日:2018-12-04 更新日:

ViewCreator において、標準の「データ参照一覧」画面では以下のような変更ができません。

  • 「説明」を一覧に表示する。
  • 「データ参照名」の(初期表示時の)列幅を変更する。
  • 各データ参照の表示画面に遷移するとき、データ取得を行わないようにする(遷移時のURLにgetDataOnInit=false を付与する)。

このCookBookでは、カスタマイズ無しで上記のような変更を実現する方法として、データ参照の一覧を表示するデータ参照の作り方についてご紹介します。

完成イメージ

「説明」列があるデータ参照一覧の例。

注意点

下記の不具合が修正されている Accel Platform 2018 Summer(Tiffany) 以降を利用して下さい。

外部データ連携時に、連携プログラムパスを指定しても正しく遷移しません。
https://issue.intra-mart.jp/issues/27759

レシピ

  1. データ参照一覧を取得するロジックフローを作成します。

※ロジックフローの作成方法の詳細は、下記ドキュメントを参照してください。
IM-LogicDesigner ユーザ操作ガイド - 4.1.1. ロジックフローを新規作成する

1.1. 「JavaScript定義」を追加します。

開始タスクと終了タスクの間に「JavaScript定義」を追加して、線で結びます。

スクリプト開発向けim-BizAPI - DataViewManagerオブジェクト を利用して、データ参照一覧を取得するスクリプトを記述します。

返却値の定義

  • views<Object[]>
    • code<String> :データ参照コード
    • name<String> :データ参照名
    • info<String> :説明
    • pattern<Integer> :データ参照の種類 1:リスト集計 2:サマリ集計 3:クロス集計 4:グラフ集計

1.2. 「出力」にマッピングします。
「JavaScript定義」から取得した結果をそのままフローの出力としてマッピングします。

2.作成したロジックフローを、ViewCreator のクエリで利用できるようにします。

参考:ViewCreator 管理者操作ガイド - 4.9.3. ロジックフローの利用

作成したロジックフローをチェックしてViewCreatorで利用できるようにします。

3.ロジックフローを利用したクエリを作成します。

ロジックフローのリソースを追加して、定義されているカラムをすべて追加します。
参考:ViewCreator 管理者操作ガイド - 3.2. クエリの作成

追加したカラムにキャプションを設定します。

  • code:データ参照コード
  • name:データ参照名
  • info:説明
  • pattern:パターン

「登録」ボタンを押下して、作成したクエリを保存します。

4.データ参照を作成します。

クエリ一覧からデータ参照作成(リスト集計作成)を押下します。

「データ参照名」列を、リンクにします。
参考:ViewCreator 管理者操作ガイド - 4.2. 外部ページへの連携(リスト/サマリ集計のみ)

「連携プログラムパス」の設定を以下のようにします。

viewcreator/dataview/{パターンID}/{データ参照コード}?getDataOnInit=false

{パターンID} は以下の計算式カラムを追加して、数値を変換した結果を埋め込みます。

キャプション: パターンID
式: SWITCH(パターン, 1, "list", 2, "list", 3, "cross", 4, "graph", "list")

「登録して一覧へ戻る」ボタンを押下します。

レシピの例では最低限の設定のみですが、列幅の変更や色の設定等も通常のデータ参照(リスト集計)と同様に行うことができます。


下記のサンプルをダウンロードしてご利用ください。
im_cookbook_146062_.zip

zip には以下のファイルが含まれています。

  • im_logicdesigner-vc_data.zip (データ参照一覧を取得するロジックフロー定義)
  • dataviews-query.xml (ロジックフローを利用したクエリの定義)
  • dataviews-view.xml (データ参照一覧の定義)

以下の手順でインポートしてください。

  1. テナント管理者でログイン
  2. サイトマップ>LogicDesigner>インポート を選択
  3. 「インポートファイル」で im_logicdesigner-vc_data.zip を選択して「インポート実行」を押下
  4. サイトマップ>ViewCreator>外部データソース連携>ロジックフロー管理 を選択
  5. フロー定義名:「データ参照一覧」の「ViewCreatorで使用する」をチェックする
  6. サイトマップ>ViewCreator>クエリ一覧 を選択
  7. 画面下部の「ファイル追加」で dataviews-query.xml を選択して「インポート」を押下
  8. サイトマップ>ViewCreator>データ参照一覧 を選択
  9. 画面下部の「ファイル追加」で dataviews-view.xml を選択して「インポート」を押下

レシピの手順で作成した結果を確認できます。

-CookBook
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

IM-BISで複数のセレクトボックスを連動させて利用する方法

このCookBookでは、セレクトボックスの選択結果によって、他のセレクトボックスの選択肢を絞り込む方法を説明します。 この方法は、IM-BIS導入環境で利用することができます。IM-FormaDes …

no image

OAuth2.0 の アクセストークンを Box から取得する方法

このクックブックでは、OAuth2.0 の アクセストークンを Box から取得する方法を説明します。 intra-mart Accel Platformでは、OAuth2.0 の アクセストークンを …

no image

後処理プログラムで画面アイテム「ファイルアップロード」にバリデーションを実行する方法

このCookbookでは、画面アイテム「ファイルアップロード」に添付されたファイルをバリデーションする方法を紹介します。 後処理プログラムを使用してバリデーションを実行することで、画面に表示するエラー …

no image

未完了案件・完了案件を全て削除する方法

このCookBookでは、LogicDesignerを利用してワークフローの未完了案件・完了案件を一括削除する方法を紹介します。 開発環境のお掃除に役立つTipsです。 削除した案件は復元することがで …

no image

スクリプト開発で利用できる close 関数のご紹介

この CookBook では、スクリプト開発で利用できる close 関数について紹介します。 スクリプト開発では作成した js ファイルの中に init と言う名前の関数を定義すると思いますが、この …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS