CookBook

PostgreSQL の Docker を作成する。

投稿日:2018-07-11 更新日:

この CookBook では、PostgreSQL 検証用の Docker の作成手順について紹介しています。

レシピ

  1. ベースイメージの作成
  2. PostgreSQL の Docker イメージを作成します
  3. 実行します

1. ベースイメージの作成

CentOS 6.9 を使用します。

Dockerfile

ロケールを ja_JP, タイムゾーンを Asia/Tokyo に変更し、root/password で ssh 接続ができるように設定します。

mycentos:6.9 というタグでビルドします。

2. PostgreSQL の Docker イメージを作成します

先ほど作成したベースイメージを利用します。

Dockerfile

細かいセットアップはシェルスクリプトに逃がし、Dockerfile からはそれを実行するようにします。
これにより、Dockerfile をシンプルにでき、かつイメージ容量の削減にもつながります。

setup_postgresql.sh

以下のユーザを作成しています。

  • postgres/postgres
  • imart/imart

以下の名前の DB を作成しています。

  • imart
  • iap_db
  • default

以下の名前のスキーマを作成しています。

  • acceldocuments

以下の設定は小さすぎるためある程度拡張します。

  • max_connections
    • 100 -> 200
  • shared_buffers
    • 128MB -> 512MB

docker run 時に実行するスクリプトです。

run.sh

sshd と PostgreSQL を起動しています。

mypostgresql:9.6 というタグでビルドします。

3. 実行します

resin-web.xml

Resin で接続する場合次のように設定します。
localhost の部分は、docker run しているマシンの IP アドレスに置き換えてください。

root/password, postgres/postgres というユーザで ssh 接続が、postgres/postgres, imart/imart というユーザで pgAdmin で接続できるようになっています。
あくまで検証用の Docker としてこのように設定しているため、セキュリティにはご注意ください。

このように、Docker イメージ化するだけで、検証用の PostgreSQL をすぐに準備できます。
是非ご活用ください。

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

申請者の役職から処理対象者を設定する

このCookbookでは、IM-Workflow 2018 Springから新たに追加された 処理対象者プラグイン「ロジックフロー(ユーザ)」 の設定方法を紹介いたします。 この機能を利用すると、申請 …

no image

Formaの実行画面でセッションを維持するには

このCookbookでは、IM-FormaDesignerの実行画面でセッションを維持する方法を記載します。 この方法を利用すると、通常は時間制限によりタイムアウトしてしまうログインセッションを、自動 …

no image

Formaの実行画面でアクセスログを収集する

このCookBookでは、Formaの実行画面で、アクセスログを収集する方法を紹介します。 サンプルでは、登録画面を開いた時点とデータ登録を実行した時点で、ログを収集します。 ログを収集することで、登 …

no image

Azure 上に iAP を構築する方法

  この CookBook では、Azure の Virtual Machines 機能を用いて、スタンドアローンで intra-mart Accel Platform を構築する方法につい …

no image

ワークスペースとファイルライブラリ機能との連携

このCookBookでは、「intra-mart Accel Collaboration」の機能の1つであるワークスペースと「intra-mart Accel Collaboration」のファイルラ …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS