CookBook

Cassandra の Docker を作成する。

投稿日:2018-07-11 更新日:

この CookBook では、Cassandra の Docker の作成手順について紹介しています。

レシピ

  1. ベースイメージの作成
  2. Cassandra の Docker イメージを作成します
  3. 実行します

1. ベースイメージの作成

CentOS 6.9 を使用します。

Dockerfile

ロケールを ja_JP, タイムゾーンを Asia/Tokyo に変更し、root/password で ssh 接続ができるように設定します。

mycentos:6.9 というタグでビルドします。

2. Cassandra の Docker イメージを作成します

先ほど作成したベースイメージを利用します。
jdk-8u172-linux-x64.tar.gz を事前にダウンロードしておきます。

Dockerfile

細かいセットアップはシェルスクリプトに逃がし、Dockerfile からはそれを実行するようにします。
これにより、Dockerfile をシンプルにでき、かつイメージ容量の削減にもつながります。

setup_jdk.sh

setup_cassandra.sh

以下の設定を変更しています。

  • Xss180k -> Xss228k
  • listen_address: localhost -> listen_address:
  • rpc_address: localhost -> rpc_address:

docker run 時に実行するスクリプトです。

run.sh

sshd と Cassandra を起動しています。

mycassandra:1.1.12 というタグでビルドします。

3. 実行します

root/password で ssh 接続ができるようになっています。
あくまで検証用の Docker としてこのように設定しているため、セキュリティにはご注意ください。

このように、Docker イメージ化するだけで、検証用の Cassandra をすぐに準備できます。
是非ご活用ください。

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

IM-FormaDesignerで作成したフォーム内で、外部連携を利用して最も簡単に値を渡す方法(単一アイテム編)

このCookBookでは、IM-FormaDesignerで作成したフォーム画面の中で、アイテムからアイテムへ値を渡す方法について紹介します。 今回は例として、文字列と数値の値を同時にアイテムからアイ …

申請者の役職から処理対象者を設定する

このCookbookでは、IM-Workflow 2018 Springから新たに追加された 処理対象者プラグイン「ロジックフロー(ユーザ)」 の設定方法を紹介いたします。 この機能を利用すると、申請 …

差戻し先ノードの処理対象者を再展開するフローを作成する方法

このCookBookでは、差戻し先ノードの処理対象者を再展開するフローを作成する方法について紹介しています。 IM-Workflowの仕様として、差戻し先ノードではそのノードを以前に処理した人のみが再 …

no image

e Builder から Payara を起動する方法

この CookBook では、e Builder から Payara を起動する方法について紹介しています。 レシピ External Tools を表示します。 Program を追加します。 Pr …

no image

ワークスペースとToDo機能との連携

このCookBookでは、「intra-mart Accel Collaboration」の機能の1つであるワークスペースと「intra-mart Accel Collaboration」のToDo機 …

RSSRSSRSSRSS