CookBook

Docker Compose で Accel Platform 環境を構築する。

投稿日:2018-07-05 更新日:

この CookBook では、Docker Compose を利用して Accel Platform 環境を構築する手順について紹介しています。
この CookBook では、以下の記事で作成した Docker イメージを利用します。

レシピ

  1. docker-compose.yml ファイルを作成する
  2. docker compose を実行する。
  3. war ファイルを作成する
  4. war ファイルをデプロイする

1. docker-compose.yml ファイルを作成する

以下のような docker-compose.yml ファイルを作成します。

docker-compose.yml

上記 CookBook で作成した以下のイメージを利用しています。

  • DB
    • mypostgresql:9.6
  • Cassandra
    • mycassandra:1.1.12
  • Solr
    • mysolr
  • Resin
    • myresin:4.0.56

Resin の Docker コンテナのみ、ssh(2222 ポート)、HTTP(8080 ポート)、HTTPS(8443 ポート)をポートフォワードしています。
HTTPS は resin-admin から war ファイルをデプロイするために開放しています。

2. docker compose を実行する。

以下のコマンドで実行します。

上記の docker-compose.yml ファイルがあるディレクトリから実行してください。

docker-compose.yml ファイル内の Services に指定した名称で DNS が利用可能です。
例えば、Resin の Docker コンテナ内からは「db」、「cassandra」、「solr」という名称で対応するコンテナのプライベート IP が解決できます。

3. war ファイルを作成する

IM-Juggling プロジェクト配下の各ファイルを以下のように変更します。

Cassandra, Solr, PostgreSQL への接続先をそれぞれ「cassandra」、「solr」、「db」に変更します。
Resin コンテナ内からは「db」、「cassandra」、「solr」という名称で対応するコンテナのプライベート IP が解決できるため、このように設定します。

conf/cassandra-config.xml

conf/solr-config.xml

resin-web.xml

4. war ファイルをデプロイする

https://localhost:8443/resin-admin より、作成した war ファイルをデプロイし、テナントセットアップを行います。
localhost は docker-compose を実行しているマシンの IP アドレスに置き換えてください。

このように、Docker Compose を利用することで瞬時に Accel Platform 環境を構築することができます。
是非ご活用ください。

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

テナント環境セットアップ時にテーブルが作成されるよう設定する

e Builderを利用して作成したアプリケーションにおいて、テナント環境セットアップ時に自動でテーブルが作成されるように設定する手順を紹介します。 今回は例として、CookBook:フォームに入力し …

スプレッドシートにフロー毎の未処理件数を表示するポートレットの作成方法

このクックブックでは、スプレッドシートにフロー毎の未処理件数を表示するポートレットの作成方法をご紹介します。 ポートレットは、スプレッドシートとIM-Workflow REST APIを利用して作成し …

no image

imuiListTableで行の背景色を動的に変更する方法

このCookBookでは、imuiListTableで行の背景色を動的に変更する方法について紹介しています。 imuiListTableについての詳細はAPIドキュメントを参照してください。 [imu …

no image

Forma標準アプリとIM-LogicDesignerを利用してBISワークフローを一括申請する方法

このCookBookでは、Forma標準アプリとLogicDesignerを利用して、BISワークフローを一括申請する方法を説明します。 完成イメージ ① グリッドテーブルの各行を、それぞれ案件として …

no image

IM-FormaDesignerで複数のセレクトボックスを連動させて利用する方法

このCookbookでは、セレクトボックスの選択結果によって、他のセレクトボックスの選択肢を絞り込む方法を説明します。 この方法は、IM-FormaDesignerのみ導入環境での方法です。 IM-B …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS