CookBook

Docker Compose で Accel Platform 環境を構築する。

投稿日:2018-07-05 更新日:

この CookBook では、Docker Compose を利用して Accel Platform 環境を構築する手順について紹介しています。
この CookBook では、以下の記事で作成した Docker イメージを利用します。

レシピ

  1. docker-compose.yml ファイルを作成する
  2. docker compose を実行する。
  3. war ファイルを作成する
  4. war ファイルをデプロイする

1. docker-compose.yml ファイルを作成する

以下のような docker-compose.yml ファイルを作成します。

docker-compose.yml

上記 CookBook で作成した以下のイメージを利用しています。

  • DB
    • mypostgresql:9.6
  • Cassandra
    • mycassandra:1.1.12
  • Solr
    • mysolr
  • Resin
    • myresin:4.0.56

Resin の Docker コンテナのみ、ssh(2222 ポート)、HTTP(8080 ポート)、HTTPS(8443 ポート)をポートフォワードしています。
HTTPS は resin-admin から war ファイルをデプロイするために開放しています。

2. docker compose を実行する。

以下のコマンドで実行します。

上記の docker-compose.yml ファイルがあるディレクトリから実行してください。

docker-compose.yml ファイル内の Services に指定した名称で DNS が利用可能です。
例えば、Resin の Docker コンテナ内からは「db」、「cassandra」、「solr」という名称で対応するコンテナのプライベート IP が解決できます。

3. war ファイルを作成する

IM-Juggling プロジェクト配下の各ファイルを以下のように変更します。

Cassandra, Solr, PostgreSQL への接続先をそれぞれ「cassandra」、「solr」、「db」に変更します。
Resin コンテナ内からは「db」、「cassandra」、「solr」という名称で対応するコンテナのプライベート IP が解決できるため、このように設定します。

conf/cassandra-config.xml

conf/solr-config.xml

resin-web.xml

4. war ファイルをデプロイする

https://localhost:8443/resin-admin より、作成した war ファイルをデプロイし、テナントセットアップを行います。
localhost は docker-compose を実行しているマシンの IP アドレスに置き換えてください。

このように、Docker Compose を利用することで瞬時に Accel Platform 環境を構築することができます。
是非ご活用ください。

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Forma標準アプリとIM-LogicDesignerを利用してBISワークフローを一括申請する方法

このCookBookでは、Forma標準アプリとLogicDesignerを利用して、BISワークフローを一括申請する方法を説明します。 完成イメージ ① グリッドテーブルの各行を、それぞれ案件として …

スプレッドシートでSpreadJSライブラリを利用してFormaの画面に対して入力チェックを実行する方法

このCookBookでは、スプレッドシートでSpreadJSライブラリを利用して入力チェックを実行する方法について紹介しています。 SpreadJSライブラリはクライアントサイドで動作するため、サーバ …

no image

FormaのスクリプトからAjax処理を呼び出す

このCookBookでは、Formaのスクリプトからサーバサイドロジックを呼び出し、Ajax処理を実現する方法をご紹介します。 IM-LogicDesignerを利用し、サーバサイドロジックとその呼び …

スプレッドシートでForma入力チェックユーザプログラムを利用して入力チェックを実行する方法

このCookBookでは、スプレッドシートでForma入力チェックユーザプログラムを利用して入力チェックを実行する方法について紹介しています。 Formaの入力チェックプログラムでは以下の2つのチェッ …

no image

ノード毎に入力モード(表示モード)変換を切り替える方法

このCookBookでは、BISワークフローにおいて、ノード毎に各アイテムの入力(表示)モードを切り替える方法を紹介します。 ノード毎に別画面を作成する方法もありますが、本稿ではアクション設定を利用し …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS