CookBook

画面アイテム「グリッドテーブル」で全行クリアする方法

投稿日:

このCookBookでは、IM-BISの画面アイテムであるグリッドテーブルで、入力データを全行クリアする方法について紹介します。
「グリッドテーブル」は、jqGridを利用しており、入力されたデータをすべてクリアする場合、jqGridのスクリプトclearGridData()を使うことで実現可能です。

前提条件

  • バージョン2018Summer以降の環境
  • IM-BISが環境に含まれています

完成イメージ

レシピ

  1. 「グリッドテーブル」を配置する
  2. スクリプトを記述した汎用アイテム「ボタン(イベント)」を配置する

「グリッドテーブル」を配置する

ツールキットの入力アイテムよりグリッドテーブルを選択、配置します。
プロパティ画面を開き、テーブル識別IDを設定してください。
この記事では、デフォルトのgt1というテーブル識別IDの利用を前提としてご紹介します。

スクリプトを記述した汎用アイテム「ボタン(イベント)」を配置する

ツールキットの汎用アイテムよりボタン(イベント)を選択、配置します。
プロパティ画面を開き、スクリプトタブを選択し以下を記述します。

フォームを更新したら完成です。
完成イメージのように値を入力し、ボタン(イベント)を押下することでグリッドテーブル全行がクリアされます。

-CookBook
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Forma標準アプリとIM-LogicDesignerを利用してBISワークフローを一括申請する方法

このCookBookでは、Forma標準アプリとLogicDesignerを利用して、BISワークフローを一括申請する方法を説明します。 完成イメージ ① グリッドテーブルの各行を、それぞれ案件として …

no image

Docker Swarm を利用して Payara のクラスタリングを構築する。

この CookBook では、Docker Swarm を利用して Payara のクラスタリングを構築する手順について紹介しています。 intra-mart Accel Platform のクラスタ …

no image

IM-FormaDesignerで作成したフォーム画面からIMBoxに投稿する方法

このCookBookでは、IM-BISを含む環境において、IM-FormaDesignerで作成したアプリからIMBoxに投稿する方法について紹介しています。 IM-LogicDesignerとの外部 …

no image

スクリプト開発でのCSRF対策(formタグ編)

Cross Site Request Forgery(CSRF)とは、閲覧者に不正にHTTPリクエストを送信させ、攻撃者の意図した処理を実行させる攻撃手法です。 このCookBookでは、スクリプト開 …

no image

ノード毎に入力モード(表示モード)変換を切り替える方法

このCookBookでは、BISワークフローにおいて、ノード毎に各アイテムの入力(表示)モードを切り替える方法を紹介します。 ノード毎に別画面を作成する方法もありますが、本稿ではアクション設定を利用し …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS