CookBook

画面アイテム「グリッドテーブル」で全行クリアする方法

投稿日:

このCookBookでは、IM-BISの画面アイテムであるグリッドテーブルで、入力データを全行クリアする方法について紹介します。
「グリッドテーブル」は、jqGridを利用しており、入力されたデータをすべてクリアする場合、jqGridのスクリプトclearGridData()を使うことで実現可能です。

前提条件

  • バージョン2018Summer以降の環境
  • IM-BISが環境に含まれています

完成イメージ

レシピ

  1. 「グリッドテーブル」を配置する
  2. スクリプトを記述した汎用アイテム「ボタン(イベント)」を配置する

「グリッドテーブル」を配置する

ツールキットの入力アイテムよりグリッドテーブルを選択、配置します。
プロパティ画面を開き、テーブル識別IDを設定してください。
この記事では、デフォルトのgt1というテーブル識別IDの利用を前提としてご紹介します。

スクリプトを記述した汎用アイテム「ボタン(イベント)」を配置する

ツールキットの汎用アイテムよりボタン(イベント)を選択、配置します。
プロパティ画面を開き、スクリプトタブを選択し以下を記述します。

フォームを更新したら完成です。
完成イメージのように値を入力し、ボタン(イベント)を押下することでグリッドテーブル全行がクリアされます。

-CookBook
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

IM-LogicDesigner「繰り返し」「分岐」EL式の定義例

このCookBookでは、IM-LogicDesignerの「条件分岐」「繰り返し」制御要素の条件で利用するEL式について定義例を紹介しています。 ここでは主に「 IM-LogicDesigner上で …

no image

IM-FormaDesignerで作成したフォーム内で、外部連携を利用して最も簡単に値を渡す方法(単一アイテム編)

このCookBookでは、IM-FormaDesignerで作成したフォーム画面の中で、アイテムからアイテムへ値を渡す方法について紹介します。 今回は例として、文字列と数値の値を同時にアイテムからアイ …

no image

CookBookからダウンロードしてきたプロジェクトのインポート方法

このCookBookでは、他のCookBookからダウンロードしてきたe Builderのモジュール・プロジェクトのインポートについて紹介しています。 プロジェクトをインポートし、プロジェクトの設定を …

no image

入力画面の後に入力内容の確認画面を設定する方法

このCookbookでは、入力画面からの登録時に入力内容の確認画面を設定する方法を説明します。 この方法は、以下の製品で作成したアプリケーションやフローで利用できます。 IM-FormaDesigne …

スケジュールにログインしている本人しか表示されない場合の対応方法

このCookBookでは「intra-mart Accel Collaboration」スケジュール機能を利用する前の注意点について紹介しています。 お客様で「intra-mart Accel Col …

RSSRSSRSSRSS