CookBook

intra-mart WebPlatform をサイレントインストールする方法

投稿日:2018-10-03 更新日:

この CookBook では、intra-mart WebPlatform をサイレントインストールする方法について紹介しています。
インストーラのサイレント・モードについては以下のセットアップに記載されています。本 CookBook と併せて参照してください。
intra-mart WebPlatform Ver.7.2 - 3.2.5 インストーラのサイレント・モードについて

インストーラを起動する際に以下のように-s 設定ファイル名を指定することで、
java –jar ./setup.jar -s 設定ファイル名
セットアップ時に入力したオプションやインストール先などの情報を設定ファイルに出力することができます。
出力した設定ファイルを以下のように-f 設定ファイル名と指定することで、その設定を用いながらサイレントインストールを行うことができます。
java –jar ./setup.jar -f 設定ファイル名

インストーラのサイレント・モードは Ver.5.1 ~ Ver.7.2 で利用可能です。

レシピ

  1. -s オプションを指定して通常セットアップを行う
  2. -f オプションを指定してインストーラを起動する

1. -s オプションを指定して通常セットアップを行う

以下のコマンドを実行します。
java -jar ./setup.jar -s config.txt -con

実行すると、インストーラにいくつか設定を聞かれますので、環境に合わせてに設定します。

セットアップを行うと、config.txt というファイルが作成されます。
ファイルの中身は、以下のようになっており、セットアップ中に入力した設定内容が保存されています。

2. -f オプションを指定してインストーラを起動する

以下のように、作成した config.txt を読み込ませることでセットアップを実行します。
java -jar ./setup.jar -f config.txt

ここでは、以下のように入力し、セットアップを行います。

-f オプションを指定したことで、インストーラに設定項目を聞かれることなく、サイレントインストールを行うことができます。

このように、-s, -f オプションを利用することでサイレントインストールを行うことができます。
複数の環境へのセットアップを効率的に行いたい場合、Docker イメージを作成する場合等で効果を発揮します。

是非ご活用ください。

-CookBook

執筆者:


  1. […] サイレントインストールについては intra-mart WebPlatform をサイレントインストールする方法を参照してください。 さらに、以下のように data-source.xml, http.xml […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ViewCreator】LogicDesignerと連携してデータ参照の一覧を表示するデータ参照を作成する方法

ViewCreator において、標準の「データ参照一覧」画面では以下のような変更ができません。 「説明」を一覧に表示する。 「データ参照名」の(初期表示時の)列幅を変更する。 各データ参照の表示画面 …

no image

IM-LogicDesignerで、Redmineカスタムクエリのチケット一覧を取得する方法

このCookBookでは、IM-LogicDesignerを使用してRedmineのチケット (issues) 一覧を取得する方法を紹介します。 Redmineは、外部からチケット一覧を取得するための …

no image

intra-mart WebPlatform 7.2 の Docker を作成する

この CookBook では、intra-mart WebPlatform 7.2 の Docker の作成手順について紹介しています。 レシピ ベースイメージの作成 intra-mart WebPl …

no image

IM-LogicDesigner「繰り返し」「分岐」EL式の定義例

このCookBookでは、IM-LogicDesignerの「条件分岐」「繰り返し」制御要素の条件で利用するEL式について定義例を紹介しています。 ここでは主に「 IM-LogicDesigner上で …

no image

No.1 メールに添付されているExcelファイル読み込み → ワークフロー申請

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。 こちらの例では、メールサーバと連携し、メールの添付ファイルの内容から自動的にワークフローを申請できます。 …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS