CookBook

intra-mart WebPlatform 7.2 の Docker を作成する

投稿日:2018-10-03 更新日:

この CookBook では、intra-mart WebPlatform 7.2 の Docker の作成手順について紹介しています。

レシピ

  1. ベースイメージの作成
  2. intra-mart WebPlatform 7.2 の Docker イメージを作成します
  3. 実行します

1. ベースイメージの作成

CentOS 5.11 を使用します。

Dockerfile

CentOS-Base.repo

ロケールを ja_JP, タイムゾーンを Asia/Tokyo に変更し、root/password で ssh 接続ができるように設定します。
また、そのままでは yum が利用できないため、リポジトリの参照先を http://vault.centos.org に変更しています(CentOS-Base.repo)。
参考:Yum update error on CentOS 5.6

mycentos:5.11 というタグでビルドします。

2. intra-mart WebPlatform の Docker イメージを作成します

先ほど作成したベースイメージを利用します。
jdk-6u45-linux-x64.bin を事前にダウンロードしておきます。
entrykit_0.4.0_Linux_x86_64.tgz を事前にダウンロードしておきます。
iWP 7.2 の setup.jar も事前に準備しておきます。
また、事前に java -jar setup.jar -s iwp7.2.0.install を実行して保存したサイレントインストール用のファイル(iwp7.2.0.install)を準備しておきます。
サイレントインストールについては intra-mart WebPlatform をサイレントインストールする方法を参照してください。
さらに、以下のように data-source.xml, http.xml を事前に用意しておきます。

Dockerfile

細かいセットアップはシェルスクリプトに逃がし、Dockerfile からはそれを実行するようにします。
これにより、Dockerfile をシンプルにでき、かつイメージ容量の削減にもつながります。

http.xml ファイルに PostgreSQL への接続情報を環境変数で受け取れるようにします。
そのための処理を entrykit の render 機能で実現しています。
http.xml の元となるファイルを /usr/local/imart/conf/http.xml.tmpl に COPY コマンドでコピーし、ENTRYPOINT にて render しています。
こうすることで、docker run 時に entrykit の render を動かし、/usr/local/imart/conf/http.xml.tmpl を元に /usr/local/imart/conf/http.xml を生成します。

setup_jdk.sh

Java 1.6.0_45 のセットアップスクリプトです。

setup_iwp.sh

iWP 7.2.0 のセットアップスクリプトです。
サイレントインストールファイル(iwp7.2.0.install)を利用してサイレントインストールを行います。
また、Java のリモートデバッグをポート 9009 で開放するためのオプションを追加で設定しています。

iwp7.2.0.install

事前に java -jar setup.jar -s iwp7.2.0.install にてサイレントインストール用のファイルを作成します。
IP アドレスは docker run 時に決まるため、サイレントインストール時には 127.0.0.1 を指定します。
docker run 時に実行する run.sh ファイルにて、設定ファイル中の 127.0.0.1 を実際のコンテナの IP アドレスに置き換える処理を入れています。

run.sh

docker run 時に実行するスクリプトです。
sshd と iWP を起動しています。
また、http.xml と imart.xml にインストール時に指定した IP アドレス 127.0.0.1 を、Docker コンテナ実行時の IP アドレスに置換しています。

myiwp というタグでビルドします。

http.xml.tmpl

事前に iWP 7.2.0 をインストールしそのインストール先のフォルダから http.xml を http.xml.tmpl としてコピーします。
さらに、199行~210行目に PostgreSQL で接続するためのデータベース接続先を定義します(この CookBook の Docker では PostgreSQL のみ対応することとします)。

行数 環境変数 説明
203 PG_URL PostgreSQL データベースへの接続先 URL の情報を、PG_URL 環境変数として受け取るようにしています。
204 PG_USER PostgreSQL データベースへの接続先ユーザの情報を、PG_USER 環境変数として受け取るようにしています。
205 PG_PASSWORD PostgreSQL データベースへの接続先ユーザのパスワードの情報を、PG_PASSWORD 環境変数として受け取るようにしています。

docker run 時に -e オプションにて PG_URL, PG_USER, PG_PASSWORD 環境変数を指定してもらう作りとしています。
そのため、http.xml ファイルの199行~210行目を追加し、環境変数に応じて設定値を変更する処理を行っています。
設定ファイル中にこのように記載することで entrykit の render 実行時に環境変数の値に置き換えることができます。

data-source.xml

java:comp/env/jdbc/postgres を設定済みの data-source.xml を用意します。

3. 実行します

この CookBook のコンテナは、PostgreSQL のみ対応しています。
PostgreSQL を別途用意し、docker run 時の PG_URL, PG_USER, PG_PASSWORD 環境変数にその接続情報を渡します。
上記の例では、mypostgresql.example.com:5432 の DB=iwp, user=imart, password=imart を利用します。

また、コンテナは root/password で ssh 接続ができるようになっています。
あくまで検証用の Docker としてこのように設定しているため、セキュリティにはご注意ください。

このように、Docker イメージ化するだけで、検証用の iWP をすぐに準備できます。
是非ご活用ください。

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

グリッドテーブルのイメージからワークフローの案件内容を表示するには

このCookbookでは、グリッドテーブルの「イメージ」から申請済みの案件の詳細画面を呼び出す方法を紹介します。 この方法を利用すると別の案件を参照しながら新しく申請を行うことができます。 BISで作 …

no image

スクリプト開発した画面にバリデーション(入力チェック)を実装する

このCookBookでは、作成した画面項目に対してバリデーション(入力チェック)を設定する方法をご紹介します。 今回はスクリプト開発で登録フォームを作成するで作成した画面項目に対して、クライアントサイ …

no image

IM-LogicDesigner「繰り返し」「分岐」EL式の定義例

このCookBookでは、IM-LogicDesignerの「条件分岐」「繰り返し」制御要素の条件で利用するEL式について定義例を紹介しています。 ここでは主に「 IM-LogicDesigner上で …

no image

imuiListTableで行の背景色を動的に変更する方法

このCookBookでは、imuiListTableで行の背景色を動的に変更する方法について紹介しています。 imuiListTableについての詳細はAPIドキュメントを参照してください。 [imu …

no image

ViewCreatorでIM-Workflowのフロー毎の取止め・差戻し案件件数を表示する。

このCookBookでは、ViewCreatorでIM-Workflowのフロー毎の取止め/差戻し案件件数を表示する方法を説明します。 検索条件を変更することで、IM-Workflowの特定の状況をモ …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS