CookBook

FormaDesignerのユーザプログラム入力チェックをロジックフローで作成する方法

投稿日:

このCookBookでは、FormaDesignerのユーザプログラム入力チェックをロジックフローで作成する方法をご紹介します。

サンプルでは、スプレッドシート・グリッドテーブル・明細テーブルを使用しています。
※スプレッドシートの利用は、下記を参考にして設定してください。
[IM-Spreadsheet 利用ガイド] - [セットアップ方法]

完成イメージ

  1. 適切な入力をします。
    (ここでは、必須入力チェック・電話番号チェック・メールアドレスチェックを設定しています。)
  2. 登録ボタンを押下したタイミングで、入力チェックを行います。
  3. 入力ミスがあると、エラーが発生します。

・実行画面

完成サンプル

下記の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。

レシピ

  1. Formaアプリケーションを作成し、ユーザ登録申請書を表現したフォームにスプレッドシート、グリッドテーブル、明細テーブルを配置します。
  2. ロジックフローを作成し、アイテムに対して入力チェック機能を実装します。
  3. ユーザプログラムで入力チェックロジックフローを連携します。
  4. 実行画面で実行できるか確認します。

1. Formaアプリケーションを作成し、ユーザ登録申請書を表現したフォームにスプレッドシート、グリッドテーブル、明細テーブルを配置します。

IM-BISにて、ユーザ登録申請書アプリケーション画面を作成していきます。

  • Formaアプリケーション
  • スプレッドシート・グリッドテーブル・明細テーブルを含むアプリケーション画面を作成してください。

    ※スプレッドシートの詳細設定
    下記の項目をシート上のフィールドとして定義してください。
    ・Name
    ・Street address
    ・Phone number
    ・Mail address

    下記の項目をテーブルに表示する列として設定してください。
    ・Application category
    ・Reason for application
    ・Application date(DD-MM-YYYY)

    ※グリッドテーブルの詳細設定
    下記の項目をシート上のテーブルとして定義してください。
    ・Confirmation

    下記の項目をテーブルに表示する列として設定してください。
    ・Reception day(DD-MM-YYYY)
    ・Receptionist
    ・Completion date(DD-MM-YYYY)
    ・Manager confirmation mark

    ※明細テーブルの詳細設定
    下記の項目をシート上のテーブルとして定義してください。
    ・Confirmation

    下記の項目をテーブルに表示する列として設定してください。
    ・User registration
    ・Mail directory creation
    ・Add to mail group

2. ロジックフローを作成し、アイテムに対して入力チェック機能を実装します。

IM-LogicDesignerでロジックフローを作成し、アイテムに対して入力チェック機能を実装します。
ここでは下記のように、入力チェックを実装しています。

黒い星マーク(★) 必須入力チェック
Phone number 電話番号入力チェック(ハイフンを含む。例:000-0000-0000)
Mail address メールアドレスチェック(例:aaa@com)

チェックフォーマットの表現形式に関しては、下記を参考にしてください。
「IM-FormaDesigner デザイナヘルプ」-「チェックフォーマットの記述例」

  • ロジックフローにおいて、入力チェックプログラムを実装します。
    • 「ユーザ定義追加」-「JavaScript定義新規作成」にて実装します。
  • 「ユーザスクリプト」に下記を設定します。
    • 詳しい処理内容はインラインでコメントを入れています。

  • 次に、入出力設定をします。

    • 「Input and Output Settings(入出力設定)」をクリックします。
      入力・出力値に渡されるパラメータ情報を設定してください。

・入力:上記のドキュメント通り
(入力値の"sendParam"の配下には、アイテムのフィールド識別ID・テーブル識別IDを配置してください。)

・出力:上記のドキュメント通り

  • “im_cookbook_162292_user”タスクのマッピングをします。
    • 下記の表の左右欄をマッピングさせてください。
入力<object> im_cookbook_162292_user1<object>
  • 最後に、“End”タスクのマッピングをします。
    • 下記の通りにマッピングをしてください。
im_cookbook_162292_user1/error<boolean> error<boolean>
im_cookbook_162292_user1/errorMessage<string> errorMessage<string>
im_cookbook_162292_user1/errorItems<object[]> errorItems<object[]>
im_cookbook_162292_user1/errorItems/inputId<string[]> inputId<string[]>
im_cookbook_162292_user1/errorItems/errorMessage<string> errorMessage<string>
im_cookbook_162292_user1/errorItems/localizedErrorMessages<object> localizedErrorMessages<object>
im_cookbook_162292_user1/errorItems/index<double> index<double>

4. ユーザプログラムで入力チェックロジックフローを連携します。

IM-BIS /「一覧」/該当の「アプリ」/「フォーム設定」/「ユーザプログラム一覧」/「入力チェックプログラム」から、ロジックフローを設定していきます。

プログラム種別は「ロジックフロー」で、フロー定義は作成したものを使用してください。

5. 実行画面で実行できるか確認します。

実行画面で、適切なフォーマットで入力し、申請できるか確認してください。
また誤ったフォーマットや未入力を行い、エラー表示が発生するかも合わせて確認してください。

-CookBook
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Formaのスクリプトから処理対象者を制御するには

このCookBookでは、スクリプトを利用してIM-Workflowの動的ノード(動的承認、縦配置、横配置)の処理対象者を制御する方法をご紹介します。 スクリプトから動的処理対象者設定機能を利用するこ …

no image

intra-mart WebPlatform をサイレントインストールする方法

この CookBook では、intra-mart WebPlatform をサイレントインストールする方法について紹介しています。 インストーラのサイレント・モードについては以下のセットアップに記載 …

no image

前回のログイン時刻を表示するポートレットの作成方法

このクックブックでは、前回のログイン時刻を表示するポートレットの作成方法をご紹介します。 具体的には、以下の3つの情報を表示するポートレットを作成します。 前回のログイン時刻 前回ログイン時のIPアド …

no image

imuiListTableで行の背景色を動的に変更する方法

このCookBookでは、imuiListTableで行の背景色を動的に変更する方法について紹介しています。 imuiListTableについての詳細はAPIドキュメントを参照してください。 [imu …

Formaでスクリプトアイテムを使い、ボタン・見出し等の色やサイズを変更する方法

このCookBookでは、Formaでスクリプトアイテムを使い、デザインを変更する方法をご紹介します。 サンプルでは、「ボタンアイテム」の背景色の変更・「見出し」の背景色の変更・「ラジオボタン」のボタ …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS