CookBook

IM-BloomMaker のアクション「URL ○ にリクエストを送信する」の使い方

投稿日:2019-07-31 更新日:


このCookBookでは、「URL ○ にリクエストを送信する」アクションを使ってサンプル画面を作成する方法を紹介します。

  • 2019 Summer では「URL ○ にアクセスする」でしたが、 2019 Winter からは「URL ○ にリクエストを送信する」にアクション名が変わりました。

完成サンプル

以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。

IM-BloomMakerのインポート機能を利用してインポートしてください。

IM-BloomMaker for Accel Platform ユーザ操作ガイド - 定義ファイルをインポートする

IM-LogicDesignerのインポート機能を利用してインポートしてください。

IM-LogicDesigner ユーザ操作ガイド - インポートを行う

ロジックフロー、フロールーティングをインポートした後には認可設定が必要です。

IM-LogicDesigner ユーザ動作ガイド - フロールーティングの「認可画面」を表示する

レシピ

画面サンプルインポートファイル、IM-LogicDesginer フロー定義インポートファイルをインポートすると、ユーザ検索画面を表示することが出来ます。
このレシピでは、ユーザ検索画面の作り方を紹介します。

  1. コンテンツカテゴリを登録する
  2. コンテンツを登録する
  3. デザイン編集を行う
  4. ルーティングカテゴリを登録する
  5. ルーティング設定を行う

1. コンテンツカテゴリを登録する

  • 「サイトマップ」から、BloomMaker - コンテンツ一覧をクリックします。

  • コンテンツ一覧画面の「カテゴリ新規作成」をクリックします。

  • 以下の値を入力し、「登録」ボタンをクリックします
  • 「カテゴリID」に「im_cookbook」を入力します
  • 「カテゴリ名」に「im_cookbook」を入力します

2. コンテンツを登録する

  • 「サイトマップ」から、BloomMaker - コンテンツ一覧をクリックします。

  • コンテンツツリーの「im_cookbook」を選択した状態でコンテンツ一覧画面の「コンテンツ新規作成」をクリックします。

  • 以下の値を入力し、「登録」ボタンをクリックします。
  • 「コンテンツID」に「im_cookbook_163288」を入力します
  • 「コンテンツ名」に「im_cookbook_163288」を入力します

3. デザイン編集を行う

  • 前項で登録したコンテンツを開き、「デザイン編集」をクリックしデザイナ画面を開きます。

  • 変数定義

画面で利用する変数を定義します。
今回使用する変数は以下の通りです。

変数名 カテゴリ 説明
response 変数 APIからの戻り値を格納する変数です
url 変数 LogicDesginerで定義したREST APIです
user_cd 変数 検索条件に使用するuser_cdです
requestData 入力 リクエストパラメータに利用するデータです
  • 「変数」を選択した状態で「JSON」アイコンをクリックし以下のJSONを貼り付けます。

JSONデータ

* 「入力」を選択した状態で「JSON」アイコンをクリックし以下のJSONを貼り付けます。

JSONデータ

 

アクション作成
  • リクエストパラメータ作成用アクション作成
  • 「カスタムスクリプトを実行する」をドラッグ&ドロップで配置します。
    以下スクリプトを貼り付けます。

 

  • 「URL ○ にリクエストを送信する」をドラッグ&ドロップで配置します。

  • 以下のように設定します。

設定箇所 設定値
URL $variable.url
メソッド GET
リクエストパラメータ $input.requestData
レスポンスデータ $variable.response

画面作成
  • タイトル配置
  • 左のパレットからレイアウト(imui) → 見出しレベル1を配置します。
  • エレメント固有プロパティのtextContentプロパティに「API動作確認」と入力します。

  • 検索ボックス、ボタン配置
  • 左のパレットからレイアウト(imui) → オペレーションボックスを配置します。
  • テキストボックスのプロパティを入力します。
  • placeholderプロパティに「user_cdを入力してください。」と入力します。
  • valueプロパティに「Variable value」を選択し、「$variable」の「user_cd」を選択します。

  • ボタンのプロパティを入力します。
  • valueプロパティに「実行」と入力します。
  • イベント - クリック時プロパティに作成したアクションを設定します。

  • 検索結果欄配置
  • 左のパレットからレイアウト(imui) → 見出しレベル2を配置します。
  • エレメント固有プロパティのtextContentプロパティに「取得結果」と入力します。

  • 左のパレットからレイアウト → ボックスを配置します。
  • 左のパレットから繰り返し → テーブル(繰り返し)を配置したボックスの中に配置します。
  • 幅・高さの「横幅」に「80%」と入力します。
  • テーブルのエレメント固有プロパティのlistに「$variable.response.records」と入力します。

  • テーブルのヘッダ行に表示したい項目名を設定します。
  • テーブル(繰り返し)のセル内に「汎用」→「ラベル」をドラッグ&ドロップします。
  • ラベルのエレメント固有プロパティのtextContentプロパティに項目名を設定します。

  • テーブルのデータ行に表示したいデータを設定します。
  • テーブル(繰り返し)のセル内に「汎用」→「ラベル」をドラッグ&ドロップします。
  • ラベルのエレメント固有プロパティのtextContentプロパティにデータを設定します。
  • user_cdを表示したい場合:$variable.response.records[$index].user_cd

  • 動作確認
  • 画面作成が完了したら、プレビューで動作確認を行います。
  • ツールバーの「プレビュー」をクリックします。

  • プレビュー画面上の「実行」ボタンをクリックします。
    テーブルにユーザ情報が表示されることを確認します。
  • テキストボックスにuser_cdを入力して「実行」ボタンをクリックします。
    入力されたuser_cdがテーブルに表示されることを確認します。

4. ルーティングカテゴリを登録する

  • 「サイトマップ」から、BloomMaker - ルーティング定義一覧をクリックします。

  • ルーティング定義画面の「カテゴリ新規作成」をクリックします。

  • 以下の値を入力し、「登録」ボタンをクリックします。
  • 「カテゴリID」に「im_cookbook」を入力します
  • 「カテゴリ名」に「im_cookbook」を入力します

5. ルーティング設定を行う

  • 「サイトマップ」から、BloomMaker - ルーティング定義一覧をクリックします。

  • 前項で作成したルーティングカテゴリを選択した状態でルーティング定義一覧画面の「ルーティング新規作成」をクリックします。

  • 以下の値を入力し、「登録」ボタンをクリックします。
  • 「ルーティングID」に「im_cookbook_163288」を入力します
  • 「コンテンツ」に「im_cookbook_163288」を入力します
  • 「検索」から「im_cookbook_163288」を選択します。
  • 「URL」に「im_cookbook/163288」を入力します。
  • 「ルーティング名」に「im_cookbook_163288」を入力します。

  • 登録完了後、認可設定を行います。
  • 「認可URI」の「歯車」アイコンをクリックします。

  • 認可設定画面上でIM-BloomMakerで作成した画面を実行するための認可を設定します。

認可設定の詳細は以下ドキュメントをご参照ください。
intra-mart Accel Platform テナント管理者操作ガイド - 認可を設定する

  • 画面表示を行います。
    「http://localhost:8080/imart/im_cookbook/163288」にアクセスし、画面が表示されることを確認します。

なおベースURLである以下の部分は、環境に合わせて適宜変更してください。
http://localhost:8080/imart

-CookBook
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スプレッドシートでForma入力チェックユーザプログラムを利用して入力チェックを実行する方法

このCookBookでは、スプレッドシートでForma入力チェックユーザプログラムを利用して入力チェックを実行する方法について紹介しています。 Formaの入力チェックプログラムでは以下の2つのチェッ …

IM-LogicDesignerを利用して、申請日が一定期間経過した特定フローの完了案件をアーカイブする

このCookBookでは、LogicDesignerを利用して、申請日が一定期間経過した特定フローの完了案件をアーカイブする方法について紹介しています。 完成イメージ 1. サンプルのロジックフローを …

no image

IM-FormaDesignerで作成したフォーム内で、外部連携を利用して最も簡単に値を渡す方法(単一アイテム編)

このCookBookでは、IM-FormaDesignerで作成したフォーム画面の中で、アイテムからアイテムへ値を渡す方法について紹介します。 今回は例として、文字列と数値の値を同時にアイテムからアイ …

no image

No.8 Excel からの一括ユーザ一括登録

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。 こちらの例では、LogicDesignerを利用して、入社や組織変更等の発生時に有用なExcelファイルの …

IM-Wiki

Wiki機能の活用例

このCookbookでは、intra-mart Accel Platform 2018 Springから利用可能なWiki機能(IM-Wiki)の活用例について紹介します。 今回の記事では実際にWik …

RSSRSSRSSRSS