CookBook

スプレッドシートにフロー毎の未処理件数を表示するポートレットの作成方法

投稿日:2019-08-02 更新日:

このクックブックでは、スプレッドシートにフロー毎の未処理件数を表示するポートレットの作成方法をご紹介します。
ポートレットは、スプレッドシートとIM-Workflow REST APIを利用して作成します。
スプレッドシートの利用は、下記を参考して設定してください。
[IM-Spreadsheet 利用ガイド] - [セットアップ方法]

今回は以下のIM-Workflow REST APIを利用しています。

メソッド URI 概要
 GET  /api/workflow/flow-groups/active-matter-tasks 案件状態(未処理)のフローグループ / フロー構造情報取得

完成イメージ

  • グループポータル画面

    ポートレットでは特定のフローグループのフロー毎の未処理件数を表示します。
    [Go]ボタンをクリックすると選択したフローで絞り込まれた状態で、案件一覧-未処理-画面に遷移します。

完成サンプル

以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。

レシピ

  1. スプレッドシートを作成します。
  2. 作成したスプレッドシートをポートレットとして利用可能にします。
  3. グループポータルにポートレットを追加します。

1. スプレッドシートを作成します。

シートにテーブルを配置し、テーブル名を「FlowTable」とします。

スクリプトの設定を行います。
手順の詳細は以下のドキュメントを参照してください。
[IM-Spreadsheet 利用ガイド]- [スクリプトを設定する]

スクリプト設定ダイアログを表示し、「ユーザスクリプト」に以下を設定します。
その際、「FLOW_GROUP」にポートレットの表示対象にするフローグループIDを指定します。

「イベントハンドラ」の「ButtonClicked」に以下を設定します。

2. 作成したスプレッドシートをポートレットとして利用可能にします。

非同期ページポートレットとして登録します。
URLには1で作成したスプレッドシートの埋め込み用URL(表示専用)のコンテキストパス以降knowledgeからのURLを設定してください。

ポートレット追加方法の詳細は、以下を参照してください。
[ポータル管理者操作ガイド]- [ポートレットを設定する]

3. グループポータルにポートレットを追加します。

グループポータルに2で作成したポートレットを追加します。
詳細は、以下を参照してください。
[ポータル管理者操作ガイド]- [グループポータル ポートレットを設定する]

最後に

intra-mart Accel Platform 2019 Summer(8.0.23) で追加されたIM-Workflowの各種ポートレットと組み合わせて、 特定のフローグループ専用のポータルを作るなど、様々なポータルを作成することができます。
お客様の用途にあわせて是非ご活用ください。

-CookBook
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ViewCreatorのヘッダやフッタに配置するリンクのURLに計算結果を埋め込む方法

本記事では、ViewCreatorのヘッダやフッタにリンクを埋め込む際に、関数を利用する方法をご紹介します。 この方法を利用すると、パラメータ文字列に「今日日付」を受け渡すといったことが実現できます。 …

スプレッドシートでシートの保護を利用して、ノード毎に入力セルを制御する

このCookBookでは、スプレッドシートでシートの保護を利用して、ノード毎に入力セルを制御する方法について紹介しています。 Excelでは、シートの保護を利用して、特定のセルのみ入力できるように制御 …

no image

テナント環境セットアップ時にテーブルが作成されるよう設定する

e Builderを利用して作成したアプリケーションにおいて、テナント環境セットアップ時に自動でテーブルが作成されるように設定する手順を紹介します。 今回は例として、CookBook:フォームに入力し …

no image

FormaDesignerで作成したフォーム内でカーソル遷移を制御する方法

このCookbookでは、FormaDesignerで作成したフォーム内でカーソル遷移を制御する方法を紹介します。 Tabキーを使ったカーソル遷移を考慮し、ユーザビリティが高いフォームを作成しましょう …

IM-LogicDesignerを利用して、IM-Workflowの到達処理で任意の参照者を追加する方法

このCookBookでは、LogicDesignerを利用して、IM-Workflowの到達処理で任意の参照者を追加する方法について紹介しています。 承認ノードの到達処理で、申請者を参照者として登録し …

RSSRSSRSSRSS