CookBook

ファイルアップロード登録LDタスクの使い方

投稿日:

このCookBookでは、IM-LogicDesigner でのIM-BISのファイルアップロード登録LDタスクの使い方について紹介しています。
このタスクは、以下の使い方をすることができます。

  • 単独で利用し、既に申請(登録)済みのForma登録データに添付ファイルを追加する
  • 起票や申請タスクと併用し、各処理と同時にファイルを登録する

本稿では、ユーザアカウントを登録すると、自動的にIM-BISの名刺サンプルを使って説明します。

サンプル

以下のサンプルをダウンロードしてご活用ください。
IM-BloomMaker・IM-LogicDesignerのインポート機能を利用してインポートしてください。
ファイルアップロード登録LDタスクを含め、完成済みのサンプルも一緒に同胞されています。

IM-BIS定義インポートファイル : cookbook_168465_im_bis.zip
IM-LogicDesigner定義インポートファイル : cookbook_168465_im_logicdesigner.zip
任意のファイルサンプル : namecard_template.png

ローカル環境で表示させる場合は、以下のURLにアクセスしてください。

http://localhost:8080/imart/logic/flow/cookbook168465_namecard_apply
なおベースURLである以下の部分は、環境に合わせて適宜変更してください。
http://localhost:8080/imart

レシピ

この CookBook で行う内容を以下に示します。

  1. ストレージにアップロードしたいファイルをアップロードする
  2. 「トランザクションを利用する」設定を変更する
  3. ファイルアップロード情報追加タスクを配置する
  4. マッピング設定を編集し、動作を確認する
  5. 実行結果を確認する

1. ストレージにアップロードしたいファイルをアップロードする

  • テナント管理のファイル操作で、任意のファイルをアップロードしてください。
    今回は、defaultの直下にcookbook168465フォルダーを作って、そこにnamecard_template.pngを配置するようにします。

2. 「トランザクションを利用する」設定を変更する

  • サンプルフローの定義編集画面を開き、トランザクションを利用する設定を有効にしてください。

トランザクションを利用する設定を有効にすることで、フローの実行直後にトランザクションが開始され、すべてのタスクの処理が終わった際にトランザションがコミットされます。
仮にIM-BIS起票タスクの後続タスク(今回はファイルアップロードタスクに該当します。)で失敗しても以前の処理がロールバックされます。

3. ファイルアップロード情報追加アイテムを配置し、データを設定する

  • タスクパレットからIM-BISを選択して、ファイルアップロード情報追加タスクを画面上に配置してください。

  • ファイルアップロード情報追加タスクをIM-BIS実行タスクと終了タスクの間に配置して、フローを繋げます。

4. マッピング設定を編集し、動作を確認する

  • IM-BISの案件にファイルアップロードするため必要なパラメータを設定してください。
    今回の作業で設定が必要なパラメータは以下の通りです。
パラメータ名 形式 説明 サンプル例
file binary アップロードファイル namecard_template.png
filePath string 案件ID /cookbook168465/namecard_template.png
fileName string ファイル名 namecard.png
uploadItemId string アップロード対象アイテムID attach_fileupload_item1
systemMatterId string 案件ID IM-BIS申請タスクから取得
ファイルアップロード情報追加タスクについての詳しい仕様は、IM-LogicDesigner仕様書「5.2.1.9.36. ファイルアップロード情報追加」から確認できます。
  • 必要なパラメータを定数設定に登録してください。

  • それぞれマッピング設定を行います。

5. 実行結果を確認する

  • 新しいユーザを登録してみると、IM-BISのフローが起票され、そのフローにファイルがアップロードされていることを確認できます。

-CookBook
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

差戻し先ノードの処理対象者を再展開するフローを作成する方法

このCookBookでは、差戻し先ノードの処理対象者を再展開するフローを作成する方法について紹介しています。 IM-Workflowの仕様として、差戻し先ノードではそのノードを以前に処理した人のみが再 …

no image

スクリプト開発でのストアドプロシージャの実行方法

intra-mart Accel Platform 2017 Winter(8.0.18) より SharedDatabase, TenantDatabase に executeCallable AP …

IM-FormaDesignerの複数行アイテムの入力可能な行数を制限する方法

このCookBookでは、IM-FormaDesignerの複数行アイテムの入力可能な行数を制限する方法について紹介しています。 完成サンプル スクリプト適用前 指定した行数以上に改行できます。 スク …

no image

eBuilderの起動時処理のパフォーマンス改善

このCookBookでは、ローカル環境でe Builderの起動を速くするための設定を行います。 そのために、特定の機能を外して速く起動させる設定の方法について説明します。 ただし本設定を行うことによ …

no image

IM-BloomMaker のアクション「URL ○ にアクセスする」の使い方

このCookBookでは、「URL ○ にリクエストを送信する」アクションを使ってサンプル画面を作成する方法を紹介します。 2019 Summer では「URL ○ にアクセスする」でしたが、 201 …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS