CookBook

Milkode のご紹介

投稿日:

この CookBook では、Milkode について紹介しています。
intra-mart 開発本部ではソースコード検索エンジンとして Milkode を利用しています。

導入

導入は Installation を参照してください。
以下に Ubuntu 16.04 LTS の場合のセットアップ手順を紹介します。

なお、Milkode は Docker イメージも配布されていますのでご活用ください。
docker-milkode

初期セットアップ

上記コマンドを実行することで、~/.milkode ディレクトリが作成されます。
初期セットアップからやり直したい場合、~/.milkode ディレクトリを削除し、上記コマンドを再実行してください。

ソースコードを登録

Product File Downloadより、ソースコードをダウンロードします。

ダウンロードしたソースコード(zip ファイル)を解凍し、milk add コマンドで検索対象に追加します。

Milkode を起動

外部からアクセス可能にする際には、以下のように起動します。(Milkode をインストールしたマシンの IP アドレスが 192.168.0.2 の場合)

利用例

検索例1:「BaseUrlProvider」で検索することで、「BaseUrlProvider」を含む行を検索することができます。

検索例2:「BaseUrlProvider f:foundation」で検索することで、「BaseUrlProvider」を含む行をパッケージが「foundation」のファイルを対象に検索することができます。

検索例3:「imuiAjaxSubmit s:html」で検索することで、「imuiAjaxSubmit」を含む行を拡張子が「html」のファイルを対象に検索することができます。

検索例4:「imuiAjaxSend imuiShowErrorMessage s:html w:10」で検索する場合、以下のような検索になります。

拡張子が「html」のファイルを対象に「imuiAjaxSend」と「imuiShowErrorMessage」を含む行を検索することができます。
さらに「w:10」とすることで、前後10行の中に「BaseUrlProvider」と「imuiShowErrorMessage」が含まれる箇所を検索できます。

このように、Milkode を利用することで必要なソースコードをすばやく検索する事ができるようになります。
是非ご活用ください。

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スプレッドシートにフロー毎の未処理件数を表示するポートレットの作成方法

このクックブックでは、スプレッドシートにフロー毎の未処理件数を表示するポートレットの作成方法をご紹介します。 ポートレットは、スプレッドシートとIM-Workflow REST APIを利用して作成し …

FormaDesignerのユーザプログラム入力チェックをロジックフローで作成する方法

このCookBookでは、FormaDesignerのユーザプログラム入力チェックをロジックフローで作成する方法をご紹介します。 サンプルでは、スプレッドシート・グリッドテーブル・明細テーブルを使用し …

no image

Formaの実行画面でアクセスログを収集する

このCookBookでは、Formaの実行画面で、アクセスログを収集する方法を紹介します。 サンプルでは、登録画面を開いた時点とデータ登録を実行した時点で、ログを収集します。 ログを収集することで、登 …

no image

IM-LogicDesignerで、Redmineカスタムクエリのチケット一覧を取得する方法

このCookBookでは、IM-LogicDesignerを使用してRedmineのチケット (issues) 一覧を取得する方法を紹介します。 Redmineは、外部からチケット一覧を取得するための …

スプレッドシートでSpreadJSライブラリを利用してFormaの画面に対して入力チェックを実行する方法

このCookBookでは、スプレッドシートでSpreadJSライブラリを利用して入力チェックを実行する方法について紹介しています。 SpreadJSライブラリはクライアントサイドで動作するため、サーバ …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS