CookBook

Milkode のご紹介

投稿日:

この CookBook では、Milkode について紹介しています。
intra-mart 開発本部ではソースコード検索エンジンとして Milkode を利用しています。

導入

導入は Installation を参照してください。
以下に Ubuntu 16.04 LTS の場合のセットアップ手順を紹介します。

なお、Milkode は Docker イメージも配布されていますのでご活用ください。
docker-milkode

初期セットアップ

上記コマンドを実行することで、~/.milkode ディレクトリが作成されます。
初期セットアップからやり直したい場合、~/.milkode ディレクトリを削除し、上記コマンドを再実行してください。

ソースコードを登録

Product File Downloadより、ソースコードをダウンロードします。

ダウンロードしたソースコード(zip ファイル)を解凍し、milk add コマンドで検索対象に追加します。

Milkode を起動

外部からアクセス可能にする際には、以下のように起動します。(Milkode をインストールしたマシンの IP アドレスが 192.168.0.2 の場合)

利用例

検索例1:「BaseUrlProvider」で検索することで、「BaseUrlProvider」を含む行を検索することができます。

検索例2:「BaseUrlProvider f:foundation」で検索することで、「BaseUrlProvider」を含む行をパッケージが「foundation」のファイルを対象に検索することができます。

検索例3:「imuiAjaxSubmit s:html」で検索することで、「imuiAjaxSubmit」を含む行を拡張子が「html」のファイルを対象に検索することができます。

検索例4:「imuiAjaxSend imuiShowErrorMessage s:html w:10」で検索する場合、以下のような検索になります。

拡張子が「html」のファイルを対象に「imuiAjaxSend」と「imuiShowErrorMessage」を含む行を検索することができます。
さらに「w:10」とすることで、前後10行の中に「BaseUrlProvider」と「imuiShowErrorMessage」が含まれる箇所を検索できます。

このように、Milkode を利用することで必要なソースコードをすばやく検索する事ができるようになります。
是非ご活用ください。

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

画面アイテム「グリッドテーブル」で全行クリアする方法

このCookBookでは、IM-BISの画面アイテムであるグリッドテーブルで、入力データを全行クリアする方法について紹介します。 「グリッドテーブル」は、jqGridを利用しており、入力されたデータを …

no image

申請時の注意事項を添付ファイルとして配置する方法

このCookBookでは、申請時の注意事項を記載したファイルを、申請画面の添付ファイルとして配置する方法について紹介しています。 FormaDesignerの前処理プログラムで任意の添付ファイルを設定 …

no image

画面にインジケータ(ロード中のアイコン)を表示する

任意の処理を行った際にインジケータを表示する方法をご紹介します。 インジケータは、アイコンを用いて任意の処理中であること(ロード中であること)を画面に表示します。 インジケータを利用することで、任意の …

no image

申請者の役職から処理対象者を設定する

このCookbookでは、IM-Workflow 2018 Springから新たに追加された 処理対象者プラグイン「ロジックフロー(ユーザ)」 の設定方法を紹介いたします。 この機能を利用すると、申請 …

IM-LogicDesignerを利用して、IM-Workflow完了案件の確認対象者を削除する

このCookBookでは、IM-LogicDesignerを利用して、IM-Workflow完了案件の確認対象者を削除する方法について紹介しています。 完了案件でも、確認対象者が確認することはできます …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS