デジビBlog

デジビダッシュボード(仮)のご紹介

投稿日:

こんにちは。 デジタルビジネス推進室(デジビ)の関根です。

今回は研究開発で社内検証している機能を一つご紹介します。

intra-martのポータル画面をBIツールのように使用する機能となります。

デジビダッシュボード

IM-LogicDesignerをETLツールとして
intra-martの様々な機能から登録されるデータや、ログデータを集計し、
ダッシュボード表示するためのデータとして整形します。

整形したデータをポートレットで受け取り、グラフを表示します。
また、グラフとグラフのリンク情報も受け渡すことで
ドリルダウンを行うことも可能となっております。

表示できるグラフの種類

1.Highchartsグラフ
intra-martに同梱されているHighchartsのバージョンで表現できるグラフが表示可能です。
Highchartsデモはこちら(※)
※Highchartsのデモサイトとintra-martで使用できるHighchartsでバージョンと異なる可能性があります。
2.リストテーブル
jqGridを使用したリストテーブルが表示可能です。

この機能を使うことで…?!

例えば、IM-Workflowのデータを使うことで以下のようなグラフが作れます。
・今滞留しているノードはどこか、誰の承認待ち状態となっているか
※標準滞留時間を超えているノード・ユーザの場合、赤色で表示されます。

・差戻しが多いノードはどれなのか、誰が(誰に)差し戻しを行っているか

・現時点での申請件数はどの程度か
※月毎表示と現時点の状況が確認できます。

例えば、IM-BPMのデータを使うことで以下のようなグラフが作れます。
・SLA(Service Level Agreement)基準に対して、現状どこまでタスクを行ったか

・BPMのタスクとして、完了・着手・未着手がどの程度あるか

・日毎のタスク量 × ユーザ毎の作業時間の積上げ。
☆未来日については機械学習で予測を行い、予測タスク量を薄い色、予測作業時間を点線で表現しております。

最後に

今回はintra-martのデータを使用しましたが
他のシステムから取得したデータを、IM-LogicDesignerで読み込ませることで
intra-mart以外のデータを取り込むことも可能です。
様々なシステムに蓄積された情報をまとめ、ダッシュボード表示することで
業務の状況を可視化できます。

-デジビBlog

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【EWS2019】DX展示 – 当日の様子 –

こんにちは、デジビの関根です。 EWS2019 ご来場ありがとうございました! 今年は会場を大型化し、昨年を上回る2,500名様超の集客となりましたが、 滞りなく開催できました。 DX展示についてもト …

デジビブログ始めます

こんにちは! デジタルビジネス推進室(デジビ)に配属になりました生田と申します。 これから、デジビのブログ担当として研究内容をご紹介させていただきます。 デジビブログでは、我々が日々取り組んでいる内容 …

bioraロゴ

UiPath Forward Ⅲ Japanに出展いたしました

こんにちは、デジビの七島です。 EWS2019のイベントレポートに引き続き、今回もイベントレポートのご紹介です。 2019年10月30日(水)に開催されたUiPath Forward Ⅲ Japanに …

EWS2019_DX_level3_level4

【EWS2019】DX展示 – レベル3・4 –

こんにちは、デジビの堀内です。 前回に引き続き、DX展示ブースのintra-mart流の業務プロセス自動化研究について紹介します。 レベル1とレベル2に比べて今回の研究テーマは複雑で、理解しづらい部分 …

no image

【IMラズパイ番外編】激アツなラズパイ4を冷却してみた

こんにちは、デジビの堀内です。 今回は新しく発売されたIMラズパイの番外編です。 激アツなことで有名なラズパイ4の冷却を行ってみました。 その前に簡単に消費電力と温度を測ってみます。 測定条件は以下の …

RSSRSSRSSRSS