開発Blog

e Builder Application ProducerでDAO開発♪

投稿日:2010-09-27 更新日:

こんにちは、開発本部の江本です。

前回の記事「e Builder Application ProducerでDB設計♪」で、DB設計を紹介しました。
今回は、設計したDBに対して検索用DAOの作成方法を紹介します。
※e Builder Application Producer って何?という方は「過去の記事」をご覧ください。
※Application Producer、名前が長いので、「AppPro」と略します!

AppProで検索用DAOを作成する

ここでは、商品コードから売上伝票情報を取得するDAOを作成します。
このとき、以下のような検索条件を指定できるようにします。

  • 商品コード ※必須条件
  • 売上日以降 ※オプション条件
  • 売上日以前 ※オプション条件

AppProのDAOでは、オプション条件を含むDAOを効率よく作成できます。

その前に、、前回の記事「e Builder Application ProducerでDB設計♪」で作成したDB設計は、致命的な設計ミス(伝票テーブルがなかった...)があったため更新しました。最新のAppProプロジェクトは下部よりダウンロードしてください。

このようにテーブル設計はシステム開発における設計時、場合によっては開発時にも変更が発生するものですねぇ。。
テーブル構造が変更する場合、どこに影響するか、影響範囲を分析する必要があります。
AppProでは、テーブル構造を変更したり、テーブル名を変更するなどのリファクタリングを行なう場合、それを利用しているCTR/BIZなどのコンポーネントをバリデーションし、問題がリストアップされるので、楽にリファクタリングを行なえます!

さて、商品コードから売上伝票情報を取得するDAOを作成する場合、どのような実装方法あるでしょうか?
オプション条件があるため、指定された条件に応じたSQLが実行されるようなDAOを開発しなければなりません。
具体的には、以下のように4パターンがあります。

  1. 商品コードのみ
  2. 商品コード+売上日以降
  3. 商品コード+売上日以前
  4. 商品コード+売上日以降+売上日以前

それぞれSQLで表現すると、以下のようになります。
[code:sql]
/* 商品コードのみ /
SELECT
*
FROM
eb_s_sales_slip
WHERE
sales_slip_cd IN (
SELECT
DISTINCT sales_slip_cd
FROM
eb_s_sales_slip_detail
WHERE
product_cd = ?
)
[/code]
[code:sql]
/
商品コード+売上日以降 /
SELECT
*
FROM
eb_s_sales_slip
WHERE
sales_slip_cd IN (
SELECT
DISTINCT sales_slip_cd
FROM
eb_s_sales_slip_detail
WHERE
product_cd = ?
)
AND
sales_date >= ?
[/code]
[code:sql]
/
商品コード+売上日以前 */
SELECT
*
FROM
eb_s_sales_slip
WHERE
sales_slip_cd IN (
SELECT
DISTINCT sales_slip_cd
FROM
eb_s_sales_slip_detail
WHERE
product_cd = ?
)
AND
sales_date = ?
AND
sales_date <= ?
[/code]

AppProではどのようにして作るか?

AppProでは、上記のような場合、4つ目のすべての条件を含んだSQL(商品コード+売上日以降+売上日以前)を利用して、DAOを作ります。
そして、DAOエディタの「DAOインターフェース設定」で各条件の「実行時null時」に対して、それぞれ「必須項目」「is null置換」「条件削除」「固定値指定」から以下のように設定します。

  • productCd:「必須項目」
  • startSalesDate:「条件削除」
  • endSalesDate:「条件削除」

set_runtime_null_option.png

「条件削除」とは、実行時の値が null の場合に条件を削除することを意味します。
たとえば、このDAOが実行されたときにendSalesDateの実行時の値がnullのとき、以下のSQLが実行されます。
[code:sql]
/* 商品コード+売上日以降 */
SELECT
*
FROM
eb_s_sales_slip
WHERE
sales_slip_cd IN (
SELECT
DISTINCT sales_slip_cd
FROM
eb_s_sales_slip_detail
WHERE
product_cd = ?
)
AND
sales_date >= ?
[/code]
このように、すべての条件を含むSQLを開発し、各条件に対して「実行時null時」の動作を設定するだけで、以下のような検索条件を指定できるDAOを作ることができます。

  • 商品コード ※必須条件
  • 売上日以降 ※オプション条件
  • 売上日以前 ※オプション条件

[参考] AppProプロジェクト「シンプル売上管理」のダウンロード

AppProプロジェクト「シンプル売上管理」です。

simplesales_apppro.zip

ダウンロード後、以下の手順でe Builder(eclipse)のワークスペースにインポートしてご利用ください。

  1. ウィンドウメニュー[ファイル]-[インポート]をクリック
  2. 表示されたウィザードのメニュー[一般]-[既存プロジェクトをワークスペースへ]を選択し、[次へ]ボタンをクリック
  3. ラジオボタン[アーカイブ・ファイルの選択]をクリックし、[参照]ボタンをクリックし、ダウンロードしたZIPファイルを選択
  4. [完了]ボタンをクリック。※プロジェクトのインポートが開始されます。

ZIPファイルを解凍ツールで解凍すると、文字化けたファイルやフォルダが生成されます。。
必ず上記方法でワークスペースにインポートしてください。

-開発Blog
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

SQL Serverの利用時に遅いクエリを特定する方法

SQL Serverの利用中にレスポンス遅延が発生した場合、どのクエリがボトルネックになっているか簡単に確認する方法をご紹介します。レスポンス遅延発生時の切り分けなどにご利用ください。 概要 SQL …

no image

iCEC2011 IM-ContentsSearch

4/26に開催された「intra-mart Certified Evangelist Conference 2011(iCEC2011)」での講演資料を公開します。 IM-ContentsSearch …

no image

QRコードの表示

こんにちは、開発本部の榎本です。 intra-mart上での画面開発において、QRコードを利用したいという場合があるかと思います。 今回はhttp://www.d-project.comから配布されて …

no image

第4回Solr勉強会 資料公開しました

開発本部の清(せい)です。 11/19に開催された、第4回Solr勉強会の資料です。 Solrを利用したIM-ContentsSearchの製品紹介と、コンサルティンググループ所属時に導入したお客様の …

no image

intra-martの提供するセッション管理機能と他のアプリケーションサーバのセッション管理機能との違い

※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。 intra-martの提供するセッシ …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS