開発Blog

e Builder Ver.7.2 パッチ1で機能強化します!

投稿日:

開発本部の江本です。
※またまた e Builder で申し訳ないです。。

6/30に e Builder Ver.7.2 をリリースして早くも3ヶ月が過ぎました。
今日で2010年度半期も終了!
もうすぐEWSの季節♪
去年のEWSの思い出は、EWS終了後でした。。

なんと、ビルドマシンが死亡..

夜遅くまで篠宮さんが復活させていました。私はその隣で邪魔しないように見ていたのをふと思い出しました。。

さてさて現在、10/29 の e Builder Ver.7.2 Patch01 のリリースに向けて、機能強化&バグ修正を行なってます。
50件近くの機能強化を行なっています!
使い勝手の向上と生産性向上に向けて取り組んでおります!

patch01 の機能強化の目玉は、

  • ホットリローディング(ホットデプロイ)対応
  • 画面入力値バリデーションコード生成の強化
  • コンポーネントのリファクタリング機能の追加

ホットリローディング(ホットデプロイ)では、デバッグサーバの再起動なしでモックアップ画面開発、FC開発、マッピング修正などができるようになります。

画面入力値バリデーションコード生成の強化では、Maskat にも対応します。また生成されるコードが Apache Commons Validator をベースとしたコードになり、独自にバリデータを追加することもできるようになります。今回は、生成されるソースコードはサーバサイドでのチェックコードとなります。クライアントサイドは次期パッチ以降で検討しています!

コンポーネントのリファクタリング機能の追加では、コンポーネントファイルの名称変更や移動が行なえるようになります。プロデューサIDの変更も可能になります。

もちろん、他にも DB Designer で定義したビューから基本DAOを生成する機能や、エディタ上に設定ミスなどのエラー情報(マーカー)を表示するなどの操作性の向上を進めていますのでご期待ください!!

また今回の patch01 では、不具合修正は約90件ございます。。
非常にご迷惑をおかけしており申し訳ございません。。何か変な動くをする場合にはサポートにお問合せください。皆様の開発にご迷惑がかからないよう、できる限り早く改善してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします!!

-開発Blog
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

iSeries上での開発注意点

iシリーズとはいえ、普通のwindows系のサーバと取扱いは変わりません。 インストールも通常のインストーラで可能です。ただし下記の注意点があります。 1.iシリーズのDB2はEBCDICコード
AP …

no image

intra-mart Advent Calendar 2013 第25日(最終回):負荷試験を行う際に、考慮すべき設定について

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第25日(最終回)の記事です。 今回は、負荷試験をintra-mart Accel Platformで構築したシステムに行う …

no image

iWPの小ネタ

開発本部の久我です。 今回は、iWPの小ネタを1つ2つ、ご紹介します。 1.スタッフロール v7.2から開発に携わった人のスタッフロールが入っています。 再生方法は、 ①システム管理者でログイン ②シ …

no image

データベースの登録、更新、削除メソッドをカスタマイズする

※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。 最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。 データベースを操作するプログラムを …

no image

Win7(64bit)上で e Builder Ver.7.2 を使用するには…

Windows 7 (64bit) 上で e Builder Ver.7.2 を使用するには現状、 「-d32オプションをeclipse.iniのvmargsに追加する」 方法しかございません。。 [ …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS