CookBook

No.8 Excel からの一括ユーザ一括登録

投稿日:

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。

こちらの例では、LogicDesignerを利用して、入社や組織変更等の発生時に有用なExcelファイルのデータによるユーザの一括登録を実現します。
こちらの実現例では、ユーザの登録と同時に組織やロールの付与、IMBoxのグループへの参加も行います。

前提条件

このサンプルの利用には以下の前提条件があります。

  • IM-LogicDesigner 2017 Summer以降のバージョンであること
  • サンプルデータのインポートが行われていること
  • 対象の環境に以下の製品・機能が導入済みであること
  • IMBox
  • intra-mart Accel Collaboration
  • IM-LogicDesigner Excel連携

サンプル

以下のサンプルをダウンロードしてご利用ください。

サンプルに含まれる定義情報は以下の表のとおりです。

種類 定義名 補足説明
ユーザ定義(Excel入力) ユーザー情報読み取り Excelファイルに記入された登録対象のユーザ情報を読み取るユーザ定義です。
ロジックフロー Excelからアカウント新規登録 Excelファイルからユーザ登録処理を行うためのロジックフローです。
  • ファイル操作による登録データファイルの配置 : [file-ews_2017_5.zip]
  • システム管理者またはテナント管理者によるファイル操作から、以下の表で示すExcelファイルをパブリックストレージ直下にアップロードしてください。
    一括登録を行う元データとして利用します。
  • 手順の詳細は以下のドキュメントをご覧ください。
    [システム管理者操作ガイド] - [ファイル操作]

サンプルに含まれるExcelファイルは以下の表のとおりです。

種類 定義名 補足説明
Excel new_user_list.xlsx ユーザの一括登録を行うためのデータファイルです。パブリックストレージ直下に配置して下さい。

サンプルは、intra-mart Accel Platform(Advanced) 2017 Summer(8.0.17)で動作確認を行っています。

実行時の事前準備

  1. 登録したユーザが参加するためのIMBoxのグループを作成し、IMBoxグループIDを確認してください。
  2. パブリックストレージにアップロードされている「new_user_list.xlsx」の内容に登録対象のユーザを入力して、再度ファイルをパブリックストレージにアップロードしてください。
    なお、IMBoxグループIDの列には、先の手順で作成したIMBoxグループIDを入力してください。

実行方法

  1. ロジックフロー「Excelからアカウント新規登録」をデバッグで実行します。
  2. 正常に処理が終了したら、登録したユーザの情報を確認するとライセンスやロールがファイルの内容どおりに登録できていることが確認できます。

-CookBook
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ワークスペースとスケジュール機能との連携

このCookBookでは、「intra-mart Accel Collaboration」の機能の1つであるワークスペースと「intra-mart Accel Collaboration」のスケジュー …

no image

差戻し先ノードの処理対象者を再展開するフローを作成する方法

このCookBookでは、差戻し先ノードの処理対象者を再展開するフローを作成する方法について紹介しています。 IM-Workflowの仕様として、差戻し先ノードではそのノードを以前に処理した人のみが再 …

no image

ワークスペースカレンダーアイテムでスケジュール機能と連携したスケジュールを登録する方法

このCookBookでは、intra-mart Accel Collaboration ワークスペースのワークスペースカレンダーについて紹介しています。 intra-mart Accel Collab …

no image

CookBookからダウンロードしてきたプロジェクトのインポート方法

このCookBookでは、他のCookBookからダウンロードしてきたe Builderのモジュール・プロジェクトのインポートについて紹介しています。 プロジェクトをインポートし、プロジェクトの設定を …

no image

imuiValidateでhiddenの隠し要素をバリデーションする方法

このCookBookでは、imuiValidateでhiddenの隠し要素をバリデーションする方法について紹介しています。 今回は閉じられたimuiGadgetBar 内の入力項目に対して、クライアン …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS