CookBook

No.9 音声認識からスケジュール登録

投稿日:

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。

こちらの例では、LogicDesignerと音声認識(Web Speech API)の仕組みを利用して、音声によるスケジュールの登録を実現します。

この記事では、ロジックフロー部分のみを掲載しておりますが、音声認識(Web Speech API)やGoogle Homeなどの音声入力に対応したデバイスから入力し、音声を文字列に変換した上でLogicDesignerに連携すると、スケジュール登録を試すことができます。
ルーティング定義でロジックフローをREST API化することで、音声認識やLineとの連携も気軽に試すことが可能です。

前提条件

このサンプルの利用には以下の前提条件があります。

  • IM-LogicDesigner 2017 Summer以降のバージョンであること
  • サンプルデータのインポートが行われていること
  • 対象の環境に以下の製品・機能が導入済みであること
  • intra-mart Accel Collaboration

サンプル

以下のサンプルをダウンロードしてご利用ください。

サンプルに含まれる定義情報は以下の表のとおりです。

種類 定義名 補足説明
ユーザ定義(テンプレート) スケジュール登録確認テンプレート ロジックフローの正常終了後にメッセージを表示するためのユーザ定義です。
ルーティング定義 schedule/register-newly-from-message ロジックフロー「メッセージでスケジュール登録」を実行するルーティング定義です。
ロジックフロー メッセージでスケジュール登録 音声認識(Web Speech API)の入力結果からスケジュール登録処理を行うためのロジックフローです。

サンプルは、intra-mart Accel Platform(Advanced) 2017 Summer(8.0.17)で動作確認を行っています。

実行時の事前準備

  1. ロジックフロー「メッセージでスケジュール登録」の定数で以下の項目を設定してください。

* 「EVENT_BASE_URL」、「SCHEDULE_BASE_URL」のURLのコンテキストパス( http://127.0.0.1:8080/imart/ の部分)

実行方法

  1. ロジックフロー「メッセージでスケジュール登録」をデバッグで実行します。
    入力値の message に「明日の13時から14時までグループ会議」を入力して実行してください。
  2. 正常に処理終了後、青柳辰巳のスケジュールを確認すると、ロジックフロー実行日の翌日日付に予定が登録されていることが確認できます。

-CookBook
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Formaでスクリプトアイテムを使い、ボタン・見出し等の色やサイズを変更する方法

このCookBookでは、Formaでスクリプトアイテムを使い、デザインを変更する方法をご紹介します。 サンプルでは、「ボタンアイテム」の背景色の変更・「見出し」の背景色の変更・「ラジオボタン」のボタ …

no image

IM-BISで複数のセレクトボックスを連動させて利用する方法

このCookBookでは、セレクトボックスの選択結果によって、他のセレクトボックスの選択肢を絞り込む方法を説明します。 この方法は、IM-BIS導入環境で利用することができます。IM-FormaDes …

差戻し先ノードの処理対象者を再展開するフローを作成する方法

このCookBookでは、差戻し先ノードの処理対象者を再展開するフローを作成する方法について紹介しています。 IM-Workflowの仕様として、差戻し先ノードではそのノードを以前に処理した人のみが再 …

REST API 経由でジョブネットを起動する方法

この CookBook では、REST API とを経由してジョブネットを実行する方法について紹介しています。 完成サンプル 以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。 LogicDesig …

no image

物理マシン 1 台で Resin のクラスタリング環境を構築する

この CookBook では、物理マシン 1 台で Resin のクラスタリング環境を構築する手順について紹介しています。 Resin のクラスタリングを構築するには通常複数台のマシンが必要ですが、D …

RSSRSSRSSRSS