開発Blog

Forma関数で条件式を書く

投稿日:2012-03-27 更新日:

IM-FormaDesignerの画面アイテム「関数」を利用して式を記述できますが、まもなくリリース予定のパッチ2よりAND演算・OR演算の論理演算関数や比較演算子を使えるようになります。
これにより「条件式」を記述できるようになります。

たとえば、以下の使用例のような式を記述できるようになり、より高度なことができるようになります♪

使用例1

フィールド識別子 item1 と item2 の値の大きい方をとる場合。

使用例2

以下のようにフィールド識別子 points の値に応じて、評価値を出力する場合。

条件 評価値
数値ではない X
40未満 D
40以上60未満 C
60以上80未満 B
80以上100未満 A
100以上 S

ちょっとわかりづらい例ですみません。。。

参考:論理演算のための関数

  • if (条件式,値1,値2)
  • and (式1,式2,...)
  • or (式1,式2,...)
  • not (式)
  • isNumber (値)

参考:比較演算子

  • =  等しい
  • <>  等しくない
  • >  より大きい
  • >=  以上
  • <  より小さい
  • <=  以下

-開発Blog
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

intra-mart Advent Calendar 2013 第3日:ViewCreatorで計算式が使えるようになってますよ!

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第3日の記事です。 きょうから、3日間ほど、Accel PlatformのViewCreatorで新規追加された機能を紹介し …

no image

IM-Workflowの一覧を業務別に使い分けるには

この記事では、”もっと効率的に” IM-Workflowを利用した業務ができるように、一覧画面に表示するフローや案件を絞り込んで表示するための手順をご紹介します。 「フローグループ」機能を利用し、一覧 …

no image

intra-martベースモジュールver3.2 パラメータチューニングガイド

※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。 intra-martの各種パラメータ …

no image

IM-共通マスタ CSVスナップショットインポートのパフォーマンス検証

WebPlatform/AppFramework Ver.7.2 パッチ6の要件16570にて、IM-共通マスタからアプリケーション共通マスタへの同期処理のパフォーマンス改善を行い、下記効果を確認しま …

no image

Formaボタンアイテムのクリック時に任意の処理を追加するには

今回のブログ記事では、ボタンアイテムのクリック時に呼び出されるアイテム固有の処理(データの登録・画面遷移など)の前に、入力値の加工など独自の業務処理をスクリプトとして実行する方法を紹介します。 &nb …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS