開発Blog

IM-Workflow 処理対象者プラグイン でこんなことできます。

投稿日:

初めまして。こんにちは。開発本部の阿部です。
今回は、私が担当している IM-Workflow の機能について書きたいと思います。
プログラミングガイドにも載っている情報なんですが、ご存知でない方も多いかと思いますので、ここでご紹介したいと思います。

昔からよくあるユーザ様からの問合せの中で、

申請する条件によって承認者を自動的に決定したい。

というのがあります。
過去のワークフロー(BPWとか)だと、

1.その分の承認ルートを作る。

⇒ルートが複数になる事で管理者の負担が増える。

2.ルートは1つにするが、分岐を使って条件によってルートを選択する。

⇒複雑なルートとなりわかりにくい。

といった方法しかありませんでした。
IM-Workflow では、【処理対象者プラグイン】を利用する事で対応できます。
下記のような金額によって承認者を変更したい場合、

imwkf1.jpg

下記のように処理対象者としてプラグインを作成し、赤枠の設定をしておくと、

imwkf2.jpg

申請毎の金額に応じた、処理対象者が動的に決定されます。
プラグインの作成だけで対応できますので、 柔軟に対応できると思いますので、活用してみてください。

※詳細は「IM-Workflow Ver.7.2 プログラミングガイド」- 「7.2 処理対象者プラグインの作成」を参考ください。

-開発Blog
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

iCEC2011 業務スケルトン

4/26に開催された「intra-mart Certified Evangelist Conference 2011(iCEC2011)」での講演資料を公開します。 業務スケルトン 02_Busine …

no image

intra-martベースモジュール verr4.X パラメータチューニングガイド

  ※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。   intr …

no image

e Builder Application ProducerでDAO開発♪

こんにちは、開発本部の江本です。 前回の記事「e Builder Application ProducerでDB設計♪」で、DB設計を紹介しました。 今回は、設計したDBに対して検索用DAOの作成方法 …

no image

ブラウザキャッシュを利用して少しでもレスポンス向上

こんにちは、開発本部の大西です。 最近の流れから、社内のネットワーク上でなく、インターネット上のSaaS/Cloud環境にintra-martを稼働させてアクセスしたりすることが多くなってきました。 …

no image

intra-martで作成したアプリケーションに対するプログラムパスの張り方について

  ※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。   質問 : …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS