開発Blog

IM-Workflow パラメータチューニング

投稿日:

IM-Workflowは、パッチにより様々なパラメータが追加されています。
特にパッチ4と先日リリースしたパッチ5での効果が大きいので、以下にご紹介致します。

XMLキャッシュ

パッチ4からの機能です。
一部のXMLファイルをAPサーバでキャッシュすることで、Storage Serviceへのアクセスを減らします。

  • 設定箇所
    • not-use-xml-file-cache を false に設定 ※デフォルト:false
    • xml-file-cache-store-second にキャッシュ時間を設定 ※デフォルト:15秒

ファイルトランザクションレベル

リリース当初からある設定ですが、パッチ5からは、クエリ発行回数が変化します。
必須ファイルのみ生成することで、クエリの発行回数と、Storage Serviceへのアクセスを減らします。

  • 設定箇所
    • transaction-file-level を 1 に設定 ※デフォルト:2

※備考:パッチ4までは、1に設定しても、クエリ発行回数は変わりません

処理対象者プラグインキャッシュ

パッチ5の機能で、処理対象者プラグインの検索結果をキャッシュします。
同一ユーザ/同一フロー/同一処理対象者などの場合に、2回目以降のクエリ発行が無くなります。

  • 設定箇所
    • not-use-plugin-result-cache を false に設定 ※デフォルト:false
    • plugin-result-cache-store-minute にキャッシュ時間を設定 ※デフォルト:60分

各パラメータの効果は、環境やフローや各タスクでの設定状態により大きくことなりますので、この場で、数字的なものは提示できませんが、すべて、効果が見込める設定ですので、IM-Workflowを利用して頂く場合、試していただくことを強くおすすめ致します。

-開発Blog
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

[トラブル事例] バッチプログラムが実行開始から6時間後に異常終了する。

  バッチプログラムが実行開始から6時間後に異常終了する。 -エラーメッセージ- java.sql.SQLException: can't create statement fro …

no image

intra-mart Advent Calendar 2013 第24日:負荷試験実施の際の注意点

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第24日の記事です。 クリスマス・イブですね。なんか微妙に浮かれ気分になってしまう感じな日ですが、Advent Calend …

no image

安定稼動のTips

  ※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。   現在まで …

no image

iCEC2011 eBuilder AppProducer

4/26に開催された「intra-mart Certified Evangelist Conference 2011(iCEC2011)」での講演資料を公開します。 eBuilder AppProdu …

no image

e Builder Application Producer v7.2での開発方法について

本日、「intra-mart e Builder Application Producer (以下 Application Producer と略記)」をリリースさせて頂きました。Applicatio …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS