開発Blog

IM-Workflow パラメータチューニング

投稿日:

IM-Workflowは、パッチにより様々なパラメータが追加されています。
特にパッチ4と先日リリースしたパッチ5での効果が大きいので、以下にご紹介致します。

XMLキャッシュ

パッチ4からの機能です。
一部のXMLファイルをAPサーバでキャッシュすることで、Storage Serviceへのアクセスを減らします。

  • 設定箇所
    • not-use-xml-file-cache を false に設定 ※デフォルト:false
    • xml-file-cache-store-second にキャッシュ時間を設定 ※デフォルト:15秒

ファイルトランザクションレベル

リリース当初からある設定ですが、パッチ5からは、クエリ発行回数が変化します。
必須ファイルのみ生成することで、クエリの発行回数と、Storage Serviceへのアクセスを減らします。

  • 設定箇所
    • transaction-file-level を 1 に設定 ※デフォルト:2

※備考:パッチ4までは、1に設定しても、クエリ発行回数は変わりません

処理対象者プラグインキャッシュ

パッチ5の機能で、処理対象者プラグインの検索結果をキャッシュします。
同一ユーザ/同一フロー/同一処理対象者などの場合に、2回目以降のクエリ発行が無くなります。

  • 設定箇所
    • not-use-plugin-result-cache を false に設定 ※デフォルト:false
    • plugin-result-cache-store-minute にキャッシュ時間を設定 ※デフォルト:60分

各パラメータの効果は、環境やフローや各タスクでの設定状態により大きくことなりますので、この場で、数字的なものは提示できませんが、すべて、効果が見込める設定ですので、IM-Workflowを利用して頂く場合、試していただくことを強くおすすめ致します。

-開発Blog
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ワークフロー関連APIのver4.3/ver5.0対比表

ワークフロー関連のAPIがver5.0になり一部変更されています。 以下の添付資料はver4.3とver5.0のAPIの変更リストです。 参考にしてください。 →workflowAPI 対比表(ZIP …

no image

SQL Serverの利用時に遅いクエリを特定する方法

SQL Serverの利用中にレスポンス遅延が発生した場合、どのクエリがボトルネックになっているか簡単に確認する方法をご紹介します。レスポンス遅延発生時の切り分けなどにご利用ください。 概要 SQL …

no image

社員が運営するタイ料理ランチケータリングサービス

こんにちは。エンタープライズソリューション本部の久木田(通称くっきー)と申します。 この会社のタイ料理店の店長をしています。 最近、矢野さんのトイレの空き状況の見える化システムや高松さんの社員が運営す …

no image

カラーパターンの追加

イントラマートには標準で青赤緑灰橙のページカラーパターンが用意されていますが、実はこれを追加することができます。 と、そこまでは皆さんご存知かもしれませんが、実際にカラーパターンを自作して追加されてい …

no image

log4jdbcを使ったSQL(JDBC)のトレース

こんにちは、開発本部の榎本です。 開発中にデータベースに対してどのようなクエリが流れているのか確認してみたいことありませんか? 以前、山寺さんが紹介していたResinのログで取得するなど、いろいろな方 …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS