開発Blog

intra-mart Advent Calendar 2013 第17日:Warファイル作成時の実行環境の違いについて

投稿日:

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第17日の記事です。

IM-JugglingでWarファイルを作成する際、以下の画面で、実行環境という項目があり、選択するようになっています。

この実行環境の選択によって、Accel Platform全体の動作が変わるようになっています。

マニュアル上は、以下のように記載しています。

  • 単体テスト環境
    単体テスト環境を表します。
    JUnitなどを利用する場合を想定しています。
    パフォーマンスに関しては考慮しません。
     
  • 結合テスト環境
    結合テスト環境を表します。
    IDEを使用したテスト環境などを想定しています。
    一般的に最も利用される環境を想定しています。
    必要最低限の動作環境です。
     
  • 統合テスト環境
    統合テスト環境を表します。
    本来の実行環境 (APサーバ) を使用した統合テスト環境を想定しています。
    カットオーバー直後等でもこの環境を利用することを想定しています。
     
  • 運用環境
    運用環境を表します。
    パフォーマンスを考慮した動作環境です。

さらに詳細な違いは以下のものになります、(クリックすると大きな画像が表示されます。)

execution_environment.png

ちなみに、この実行環境の設定情報は、WEB-INF/classes/im_env.txtに

  • 単体テスト環境:ut
  • 結合テスト環境:si
  • 総合テスト環境:pt
  • 運用環境:product

という文字列で定義されています、あまり推奨できませんが、デプロイ後、動きを一時的に変更したい場合は、このファイルを任意の文字列に変更して、再起動することでWarファイル作成時と違う実行環境で動作させることができます。

以上のように、デバッグ情報の出力処理やキャッシュなどで生成される情報が違い、レスポンス面やエラー画面の表示などで大きな違いが出てきますので、本番の商用環境や運用環境では、かならず、実行環境は、「運用環境」を選択してWarファイルを作成することを強く推奨します。

 

-開発Blog

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ロードバランス環境の構築方法

Webサーバと intra-mart Accel Platform 間でロードバランスを行いながら連携を行う設定例を紹介します。 以下の手順を参考として、各種要件・ご利用の環境に合わせて環境構築を行っ …

no image

QRコードの表示

こんにちは、開発本部の榎本です。 intra-mart上での画面開発において、QRコードを利用したいという場合があるかと思います。 今回はhttp://www.d-project.comから配布されて …

no image

Resin利用時の安定運用について

intra-mart Accel Platformにて、Resin4.0を利用されている場合は、以下のスライドを参考に、弊社推奨の対応の実施をお願いします。 実施してない場合 システムの予期せぬ運用停 …

no image

IM-Workflow

こんにちは。ご無沙汰してすみません。 4月末に、IM-Workflowをリリースさせて頂きましたが、プレゼン用の資料の公開が遅れていて申し訳ありません。以下のサイトからご覧いただけるようにいたしました …

no image

intra-mart製品の外字対応方針について

<intra-mart製品の外字対応方針について> 以前より問い合わせの多いintra-mart製品の外字対応方針について資料をまとめましたので参考にしてください。 (1)BM/FW Ver.5 Fo …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS