開発Blog

intra-mart Advent Calendar 2013 第23日:iWP/iAFでJSP1ファイルだけで、任意の画面を呼び出す方法

投稿日:2013-12-23 更新日:

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第23日の記事です。

Accel Platformの機能紹介を行ってきたintra-mart Advent Calender 2013 ですが、今回は趣向を変えて、WebPlatform/AppFramework(以下、iWP/iAF)でJSP1ファイルだけで、iWP/iAFの中の任意の画面を呼び出す方法をご紹介します。

iWP/iAFで、任意の画面に遷移させる方法としては、ドキュメントワークフローやIM-Workflowなどのメール本文に記載されるショートカットURLという方法がありますが、ショートカットURLは、パラメータも含めた上でアクセスできる点で便利なのですが、ユーザ単位などでアクセスする情報をデータベース上に格納し、またその有効期限も設定する必要があるので、静的なURLで絶えずアクセスさせる用途としては不都合が多いものです。

で、今回は、どうやるのかというと、iWP/iAFでの自動ログインとダイレクトURLを組み合わせただけという簡単な方法で実現しています。

実際のJSPのコードは以下のようになります。

このJSPを、AppRuntimeのdoc/imart配下に適当な名前.jspで置いて頂いて、ブラウザから

と入力して、アクセスすると、自動でログインして、メニューやトップバーのない、ドキュメントワークフローの画面が表示されると思います。

なぜ、JSPなのか?というと、外部からURLを直接叩いて呼べるのは、ServletかJSPしかないのですが、Servletでは、いろいろとコンパイルや設定の追記が必要で、簡単に試すことができなかったり、運用している既存の環境に手をあまり入れたくないということが多いので、JSPの場合、iWP/iAPの場合、AppRuntimeのdoc/imart配下においてしまえば動いてしまうので、今回のような簡単なことをさせるには便利です。

この例では、JSP内に記載したURLのみ表示させるようにしていますが、なんでもOKにもできますし、逆に特定のURLのみに改変したり、自動ログインをとってしまえば、認証後に画面遷移させたりすることも可能です。URLにパスワードなどの情報を入れたくない場合は、POSTで送信してSSLにするか、JSPで工夫して他の方法で認証するなどしてみてください。当然、セキュリティ面には十分留意してご利用ください。

-開発Blog
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

「印影機能」をさくっと試してみる

今日は IM-Workflow Ver.7.2 のパッチ6で追加された「印影機能」を動かしてみます。 「印影機能」は、以下の準備が必要です。 ワークフローパラメータで「印影の使用可否」を「使用する」に …

no image

Formaスクリプトのデバッグについて

今回のブログ記事では、開発したスクリプトをデバッグするためのTipsを紹介します。 TipsはクライアントサイドJavaScriptの開発一般におけるテクニックを紹介するものであり、製品サポートの対象 …

no image

「im-J2EE Framework」仕様書

※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。 技術者向け資料が新しく公開されました …

no image

StartPack4.0とConceptBase Serch1000 ver4.0との連携

  ※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。   スタート …

社員が運営するオフィスコンビニのご紹介

こんにちは。技術コンサルの高松と申します。 最近、矢野さんのトイレの空き状況の見える化システムが公開されましたね。 「自分もおもろい社内ネタを出したい!」と思ったので、アップします。 あ、IT要素ゼロ …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS