開発Blog

intra-mart Advent Calendar 2013 第8日:im-Jugglingを利用せず、CUIでwarファイルを作成する方法

投稿日:2013-12-08 更新日:

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第8日の記事です。

intra-mart Accel Platformは、im-Jugglingを利用してwarファイルを作成しますが、このwarファイルの作成をCUIで行うことが可能です。
im-Jugglingをインストールしたディレクトリのpluginsディレクトリ配下に下記形式のディレクトリが存在します。

jp.co.intra_mart.flashcat.ant_1.0.0.XXXXXXXXXXXX/ant

自動更新適用後は、複数ディレクトリが存在する場合があります。
XXXXXXXXXXXX部分のタイムスタンプが新しいものを利用下さい。

ディレクトリ内の構造は下記のようになっています。

このantディレクトリ直下に、projectという名称のディレクトリを作成し、その中にim-Jugglingプロジェクトのファイル群を配置します。
あとは、コマンドラインから ant を実行することによりwarファイルが作成されます。

Jenkins等のCIツールを利用し、開発本部では下記の流れで試験を走らせています。

[開発用のモジュールのビルド] → [開発中のモジュールを組み込んだwarの作成] → [作成したwarファイルをResinへデプロイ] → [Selenium等を利用した画面試験]

尚、CUIでwarファイルを作成する際には使用許諾の同意確認等が出ませんのであくまでも開発目的でご利用下さい。

-開発Blog
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

AccelPlatform向け業務スケルトンのリリース予定について

現状、AccelPlatfrom版のeBuilderで対応できていなくて、おまたせしております、AccelPlatform向け業務スケルトンについて、以下のようにリリースを予定しております。 おまたせ …

no image

e Builder Application Producer v7.2での開発方法について

本日、「intra-mart e Builder Application Producer (以下 Application Producer と略記)」をリリースさせて頂きました。Applicatio …

no image

「印影機能」をさくっと試してみる

今日は IM-Workflow Ver.7.2 のパッチ6で追加された「印影機能」を動かしてみます。 「印影機能」は、以下の準備が必要です。 ワークフローパラメータで「印影の使用可否」を「使用する」に …

no image

ApplicationRuntimeのライセンス数制限の仕様について

  ※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。   intr …

no image

intra-mart利用中の「セッション切れ」について

  ※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。   intr …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS