開発Blog

intra-mart Advent Calendar 2013 第9日:Resin Adminのご紹介

投稿日:

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第9日の記事です。

Accel Platformからの標準のWebアプリケーションサーバであるResin 4.0は、運用面の強化が図られています。特に一番の強化点と言ってもよいのが、Resin AdminといわれるWebUIの管理コンソールが追加された点です。

このResin Adminで、稼働確認、Javaのヒープメモリの状況、ヒープダンプの取得、各リソースのグラフ、スレッドの状況、スレッドダンプの取得、それら情報のPDF出力が利用可能になっています。

例:リソースメーター

例:Javaスレッド

このResin Adminですが、標準で有効になっていますが、ログイン用のユーザを作成し、設定ファイルに記載しないと利用できませんので、利用する場合は、以下の手順で、セットアップしてください。

  1. http://(APサーバ)/resin-admin/ にアクセスすると以下の画面が表示されます。

  1. 上記画面の「Don't have a login yet?」というところの

Username:
Password:
Re-enter password:

に任意のユーザ名、パスワードを指定し、「Crate Configuration File」をクリックしてください。

3.以下の画面のようにユーザの追加手順が表示されるので、
 
resin/conf/resin.propertiesに項番1の
admin_user : (ユーザ名)
admin_password : {SSHA}(パスワードのハッシュ値)
web_admin_external : true
を追記してください。
 
4. Resin起動中にresin.propertiesを保存、更新するとResinが自動的に再起動されます。 
 
5. Resin再起動後、http://(APサーバ)/resin-adminにアクセスし、上記2で作成したユーザ/パスワードでログインすると、以下のようなサマリー画面が表示されますので、左のメニューから任意の機能を利用してください。
 
 
メニューに表示されているように、このWebコンソール上の情報は、JMXでも取得可能になっていますので、JMXに対応している監視ソフトに統合することも可能です。
 
詳細は、Resinのドキュメントをご参照ください。
 

 

 
 

-開発Blog

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

intra-mart Advent Calendar 2013 第5日:ViewCreatorは、データベース以外も覗けますよ!

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第5日の記事です。 ViewCreatorは、データベースのテーブルを参照するツールとご紹介してきましたが、実は、Accel …

no image

IM-共通マスタ CSVスナップショットインポートのパフォーマンス検証

WebPlatform/AppFramework Ver.7.2 パッチ6の要件16570にて、IM-共通マスタからアプリケーション共通マスタへの同期処理のパフォーマンス改善を行い、下記効果を確認しま …

no image

弊社の社内システムについて

こんにちは、開発本部の大西です。 さすがに、まだ、外部に公開できるAccelPlatformの導入事例がないので、皆さんお困りだと思いますので、参考になるかはわかりませんが、弊社の社内システムで利用し …

no image

ApplicationRuntimeのライセンス数制限の仕様について

  ※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。   intr …

no image

Formaボタンアイテムのクリック時に任意の処理を追加するには

今回のブログ記事では、ボタンアイテムのクリック時に呼び出されるアイテム固有の処理(データの登録・画面遷移など)の前に、入力値の加工など独自の業務処理をスクリプトとして実行する方法を紹介します。 &nb …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS