開発Blog

intra-mart Advent Calendar 2013 第9日:Resin Adminのご紹介

投稿日:

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第9日の記事です。

Accel Platformからの標準のWebアプリケーションサーバであるResin 4.0は、運用面の強化が図られています。特に一番の強化点と言ってもよいのが、Resin AdminといわれるWebUIの管理コンソールが追加された点です。

このResin Adminで、稼働確認、Javaのヒープメモリの状況、ヒープダンプの取得、各リソースのグラフ、スレッドの状況、スレッドダンプの取得、それら情報のPDF出力が利用可能になっています。

例:リソースメーター

例:Javaスレッド

このResin Adminですが、標準で有効になっていますが、ログイン用のユーザを作成し、設定ファイルに記載しないと利用できませんので、利用する場合は、以下の手順で、セットアップしてください。

  1. http://(APサーバ)/resin-admin/ にアクセスすると以下の画面が表示されます。

  1. 上記画面の「Don't have a login yet?」というところの

Username:
Password:
Re-enter password:

に任意のユーザ名、パスワードを指定し、「Crate Configuration File」をクリックしてください。

3.以下の画面のようにユーザの追加手順が表示されるので、
 
resin/conf/resin.propertiesに項番1の
admin_user : (ユーザ名)
admin_password : {SSHA}(パスワードのハッシュ値)
web_admin_external : true
を追記してください。
 
4. Resin起動中にresin.propertiesを保存、更新するとResinが自動的に再起動されます。 
 
5. Resin再起動後、http://(APサーバ)/resin-adminにアクセスし、上記2で作成したユーザ/パスワードでログインすると、以下のようなサマリー画面が表示されますので、左のメニューから任意の機能を利用してください。
 
 
メニューに表示されているように、このWebコンソール上の情報は、JMXでも取得可能になっていますので、JMXに対応している監視ソフトに統合することも可能です。
 
詳細は、Resinのドキュメントをご参照ください。
 

 

 
 

-開発Blog

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

e Builder Application Producer v7.2での開発方法について

本日、「intra-mart e Builder Application Producer (以下 Application Producer と略記)」をリリースさせて頂きました。Applicatio …

no image

社員が運営するタイ料理ランチケータリングサービス

こんにちは。エンタープライズソリューション本部の久木田(通称くっきー)と申します。 この会社のタイ料理店の店長をしています。 最近、矢野さんのトイレの空き状況の見える化システムや高松さんの社員が運営す …

no image

intra-mart Advent Calendar 2013 第20日:iPadでデフォルトでPC画面表示にする方法

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第20日の記事です。 本日、Accel Platform 2013 Winter(Felicia)をリリースさせていただきま …

no image

intra-mart利用中の「セッション切れ」について

  ※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。   intr …

no image

EWS2017 「業務への適用イメージがすぐに湧く!  魔法の業務ロジック作成ツール『IM-LogicDesigner』実用例 10本勝負!」講演内容のご紹介

この記事では、EWS2017 Technology Track「業務への適用イメージがすぐに湧く!  魔法の業務ロジック作成ツール『IM-LogicDesigner』実用例 10本勝負!」での講演内容 …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS