開発Blog

iSeries上での開発注意点

投稿日:

iシリーズとはいえ、普通のwindows系のサーバと取扱いは変わりません。
インストールも通常のインストーラで可能です。ただし下記の注意点があります。

1.iシリーズのDB2はEBCDICコード
APはJVMで稼動するので意識は必要ないのですが、いざDBにインサートする時にEBCDICコードへの変換が JDBCドライバにより実施されます。
例えば、ある項目で半角文字と全角文字が混在している場合、全角文字が登場する度に前後にshift-in、 shift-outコードが1バイトづつ自動的に付与されます。つまり全角文字の登場回数×2バイトの余裕を持ってテーブル構築しないとDBインサート時にエラーが発生します。(レングスエラー)

2.iシリーズのDB2の方言
標準的なSQLはOKですが、やはり方言があります。例えば「RUN」という文字列はiシリーズのDB2にて予約語扱いの為、テーブル名や項目名には使用できません。

3.Java プログラミングの注意

動作上は問題無いのですが、負荷試験等をやると下記のようなプログラミングは性能が出ません。

a.StringBuffer の推奨
Stringの文字列結合を大量に使ってるString.concat()などで文字列結合をすると内部的に大量のオブジェクト生成がされるのでオーバーヘッドとなります。そのような場合はStringBuffer.appendで対応します。

b.SQLの大量発行
SQLのコンパイルもオーバーヘッドとなるので、無駄なSQLは発行しない。
Statementではなく、PreparedStatementを極力使う。
以上です。

-開発Blog
-

執筆者:

関連記事

no image

ワークフロー案件退避ツール

こんにちは、開発本部の大西です。 最近、ワークフローモジュールを利用しているユーザ様で、ワークフローの未処理案件一覧や起票済案件一覧の表示が遅くなったというご意見を多数を伺っております。 現行のワーク …

no image

Apache Solr & IM-ContentsSearch

こんにちは、開発本部の大西です。 先日開催された、Open intra-mart勉強会で弊社コンサルティングチームの清さんが発表した Apache SolrとIM-ContentsSearchの資料を …

no image

IM-JSDocとQuick Sequence Diagram Editorの連携

こんにちは。開発本部の齊藤悠です。 今回は、業務スケルトンのTipsということで、完全に隠し機能となってしまった機能を紹介します。 —IM-JSDocとQuick Sequence Diagram …

no image

intra-mart Advent Calendar 2013 第22日:アナウンス機能について(2013 Winter新機能)

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第22日の記事です。 今回は、Accel Platform 2013 Winter(Felicia)からの新機能、アナウンス …

no image

IM-Workflowで承認時にも認証を行う方法

IM-Workflowでは、本当に本人が申請・承認しているかを証明するための仕組みとして、「認証確認(再認証)」を設定することができます。 この仕組みを利用すると、ワークフローの申請・承認を行うタイミ …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS